KADOKAWA Technology Review
×
無料の会員登録で、記事閲覧数が増えます
Is Apple’s Big Problem in China Its Small-Minded Outlook?

アップル、「頑固すぎ」て中国市場での出荷台数が4位に後退

アップルの中国市場での出荷台数が4位に後退した。高機能かつ低価格が人気の中国市場で、高価でスリムな製品ラインアップにこだわり過ぎ、消費者の好みの変化に追随できなかったのが原因と考えられている。 by Jamie Condliffe2017.03.21

中国で一番人気のスマホメーカーは、アップルではない。さらにいえば、アップルの人気は2位でも3位でもない。実際には、ファーウェイやオッポ、ビーノが人気メーカーなのだ。

中国で人気の高いスマホメーカー3社は、中国国内で出荷される新製品のおよそ半分を占めている、とブルームバーグが最近の記事で明らかにした。中国市場でのアップルの販売台数は第4位で、売上額はたった9.6%だ。

中国で、アップルの人気はもともと高かった。iPhoneは中国で5年連続、人気スマホとして販売され、2015年のスマホ販売額では14.3%を占めていた。いったい何があったのか?

中国のスマホメーカー、オッポとビーノの共同創業者で、BBKグループの段永平(ドゥアン・ヨンピン)会長によると、アップルの人気が後退したのは、変化の激しい外国市場に追いつこうとしない姿勢が大きな原因だという。ブルームバーグとのインタビューで段会長は「中国市場でアップルが私たちを追い越せなかったのは、アップルにだって欠点があるからです。アップルは時として頑固すぎるところがあると思います」と述べ …

こちらは会員限定の記事です。
無料登録すると1カ月10本までご利用いただけます。
こちらは有料会員限定の記事です。
有料会員になると制限なしにご利用いただけます。
ザ・デイリー重要なテクノロジーとイノベーションのニュースを平日毎日お届けします。
公式アカウント