KADOKAWA Technology Review
×
無料の会員登録で、記事閲覧数が増えます
Webの発明者ティム・バーナーズ=リーがチューリング賞を受賞
Web’s Inventor Tim Berners-Lee Wins the Nobel Prize of Computing

Webの発明者ティム・バーナーズ=リーがチューリング賞を受賞

Webの発明者ティム・バーナーズ=リーがチューリング賞を受賞した。受賞に際してインタビューに応じ、Webのアクセスは人権であり、Webを再考する必要があると述べた。 by Tom Simonite2017.04.05

この記事を読めるようにした男が、コンピューター科学分野最高の賞を受賞した。

1989 年、物理学研究所のCERN(欧州原子核研究機構)のプログラマーだったティム・バーナーズ=リーは、インターネット経由でリンクされた文書やマルチメディアをコンピューターが公開し、アクセスできる仕組みを提案した。現在、世界はWebで動いているといってもよく、バーナーズ=リーは、コンピューター科学のノーベル賞に相当するACMチューリング賞を受賞した。バーナーズ=リーは、MIT Technology ReviewにWebの発明の過去と現在、未来について語った。

1989年当時、ワールド・ワイド・ウェブ(WWW)のもとになった仕事を始めたときに解決したかった問題は何だったのでしょうか?

私がCERNで働いていたとき、皆がありとあらゆる種類の素晴らしいコンピューターを持ち込むので、イライラさせられていました。それぞれのコンピューターには文書やマニュアル、ヘルプファイル等を整理する方法がありますが、すべて異なる方法だったのです。私は、これらのシステムすべてを何とかしてひとつの大きなメタシステムの一部にするとか、一部とみなされるようにできれば素晴らしいのではないか、と考えたのです。

私たちが最初にしたのは、電話帳としてCERNのWebサーバーを起動することでした。電話帳プログラムは以前メインフレ …

こちらは会員限定の記事です。
無料登録すると1カ月10本までご利用いただけます。
こちらは有料会員限定の記事です。
有料会員になると制限なしにご利用いただけます。
ザ・デイリー重要なテクノロジーとイノベーションのニュースを平日毎日お届けします。
公式アカウント