KADOKAWA Technology Review
×
無料の会員登録で、記事閲覧数が増えます
持続可能エネルギー Ford’s New Hybrid Cop Car Cuts Emissions While Chasing Criminals

フォード、パトカー用途のハイブリッド車を発表

ガソリン車から電気自動車への移行が進んでいる。しかし、最後までガソリン車が残りそうなのがパトカーだ。バッテリー切れの心配がなく、加速性能が高いことから、フォードがパトカー用途ハイブリッド車を発表した。 by Jamie Condliffe2017.04.11

カーチェイスの様子がちょっと変わるかもしれない。

ニューヨーク市やサンフランシスコの通りでは、ハリウッド特有のカーチェイス場面が数多く撮影される。不恰好なパトカーがまだら模様の日差しを浴びながら年季の入った年代物のスポーツカーを追いかける。サスペンションが動き、タイヤがキキーッと音を立てる。V8エンジンの低い唸り声も場面を盛り上げるのに重要だ。だが近いうちに、悪党が警察から逃れようとする場面の音は大きく変わる可能性がある。

フォード製最新型パトカーは無敵といっていい。新型車両は追跡用で、犯人を追跡し続けるのに絶対に欠かせないさまざまな厳しい性能要件を満たしている。時速約50kmで線路を横切り、高さ約20cmの縁石に乗り上げ、水深約25cmを時速約60kmで駆け抜け、Jターンしてもピッタリと止まる。こういった性能の秘密は、ボンネットの下にある。パトカー用の新型車両はハイブリッド車なのだ。

実際、フォードのポリス・レスポンダー・ハイブリッド・セダンは、追跡用パトカーの試験にすべて合格した史上初のハイブリッド車だ。つまり、レスポンダーがトヨタのプリウスを追いかけるような、ハイブリッド車対ハイブリッド車のカーチェイスが、今後本当に起こるのだ。

ポリス・レスポンダーは走行中でも静かなのが特徴だ。電気モードでは一定時間、最高時速約100kmで走行できるので、エンジン音を発せずにパトロールできる。スポーツカーまでは追跡できないが、半電動システムで電気モーターとエンジンを同時使用すれば瞬時に加速できるため、短距離であれば非ハイブリッド車の追跡で相当有利になる。ポリス・レスポンダーには、防弾式ドア、防刃式背もたれ、汚れにくい後部座席など、現在のパトカーによくある便利な機能も数多く搭載されている。

フォードのフュージョンを基に開発されたポリス・レスポンダーには、環境問題の専門家も満足するハイブリッド品質がある。AP通信が取りあげたとおり、アメリカで最も人気があるパトカー「トーラス・ポリス・インターセプター」には、3.7LのV6エンジンが搭載されており、約3.8Lのガソリンで約30kmしか走行できない。一方、ポリス・レスポンダーは1.4kWのリチウムイオン電池と2Lの4気筒エンジンが搭載されており、約3.8Lのガソリンで約60km走れる。フォードによると、警察がレスポンダーを導入すれば1台につき毎年3877ドルのコストを削減できる可能性があるという。

電気自動車を採用すれば、性能が大きく改善され、コストも削減されるとはいえ、警察がガソリン車を廃止するまでには一般消費者以上に時間がかかるだろう。走行中にバッテリーが切れたり、再充電に時間がかかったりしても、一般ドライバーには単にイライラの原因なだけだが、法執行を任務とする警察には死活問題だ。ハイブリッド車を導入すれば、将来的にはカーチェイス場面からスリルがなくなるかもしれない。だが警察がハイブリッド車を導入するのは非常に合理的といえるだろう。

(関連記事: Associated Press, “米国人はデカい車が大好きで オバマ政権の政策が台無し,” “Here’s Why You Might Be an Electric Car Owner a Decade from Now”)

人気の記事ランキング
  1. Biological Teleporter Could Speed Outbreak Response, Seed Life Through Galaxy 史上初の生体転送機、 米国のバイオ企業が披露
  2. Why “Magnetic Tape” is to be restored in the IoT era なぜ今、磁気テープなのか? IoT時代に躍進する データストレージ
  3. Verily Has Built a Robot to Release 20 Million Sterile Mosquitoes in California グーグルが蚊の大量飼育ロボットを開発、2000万匹を放出
  4. First Object Teleported from Earth to Orbit 地上から衛星への量子テレポーテーションに初成功、中国チーム
  5. It Pays to Be Smart 日本企業がMITの スマート・カンパニーに ランクインしなかった理由
タグ
クレジットImage courtesy of Ford
ジェイミー コンドリフ [Jamie Condliffe]米国版 ニュース・解説担当副編集長
MIT Technology Reviewのニュース・解説担当副編集長。ロンドンを拠点に、日刊ニュースレター「ザ・ダウンロード」を米国版編集部がある米国ボストンが朝を迎える前に用意するのが仕事です。前職はニューサイエンティスト誌とGizmodoでした。オックスフォード大学で学んだ工学博士です。
「持続可能エネルギー」の記事
人気の記事ランキング
  1. Biological Teleporter Could Speed Outbreak Response, Seed Life Through Galaxy 史上初の生体転送機、 米国のバイオ企業が披露
  2. Why “Magnetic Tape” is to be restored in the IoT era なぜ今、磁気テープなのか? IoT時代に躍進する データストレージ
  3. Verily Has Built a Robot to Release 20 Million Sterile Mosquitoes in California グーグルが蚊の大量飼育ロボットを開発、2000万匹を放出
  4. First Object Teleported from Earth to Orbit 地上から衛星への量子テレポーテーションに初成功、中国チーム
  5. It Pays to Be Smart 日本企業がMITの スマート・カンパニーに ランクインしなかった理由
ザ・デイリー重要なテクノロジーとイノベーションのニュースを平日毎日お届けします。
公式アカウント