KADOKAWA Technology Review
×
無料の会員登録で、記事閲覧数が増えます
Facebook Is Just What Augmented Reality Needs

フェイスブックにとってスマホ型ARは入り口に過ぎない

フェイスブックは、開発者向けカンファレンスで、カメラにAR型新機能を追加する開発者向けARプラットフォームを発表した。フェイスブックは自社のソーシャルメディア等に積極的にARを採り入れていく方針だ。 by Rachel Metz2017.04.19

拡張現実(AR)がユーザーのフェイスブック・フィードに出現する日は近そうだ。18日、世界最大のソーシャル・ネットワークであるフェイスブックは新しいソフトウェアを発表し、開発者がフェイスブックのアプリ内カメラで、画像に三次元のモノを映し出し、さまざまなAR体験をユーザーに提供できるようにした。

フェイスブックの年次開発者カンファレンス「F8」の壇上で披露されたデモでは、写真にアニメーション効果を加えるなど、スナップチャットのレンズ機能(画像フィルター)によく似た機能もあった。現在、AR機能はベータテスト版で、開発者限定で利用できる。

フェイスブックのマーク・ザッカーバーグ最高経営責任者(CEO)はカンファレンスでARの壮大な構想について語った。ザッカーバーグCEOの想像では、将来は誰もがリビングルームに座った状態でAR用のレンズを通じて、チェスがしたいと思えばあっという間に目の前の現実のテーブル上にチェス盤が現れるようになるという。バケーションでローマを訪れれば、通りの景色に重ねて道案内の矢印が映し出され、歴史的な建造物の情報が表示される、とザッカーバーグCEOはいう。子どもの誕生日には、自分の家をハリーポッターのホグワーツ魔法魔術学校にバーチャルに変身することだってできるだろう。

自分の写真に動物の耳を付けたり目から虹が飛び出す効果を付けたりするために拡張現実を使うのはどうでも …

こちらは会員限定の記事です。
無料登録すると1カ月10本までご利用いただけます。
こちらは有料会員限定の記事です。
有料会員になると制限なしにご利用いただけます。
ザ・デイリー重要なテクノロジーとイノベーションのニュースを平日毎日お届けします。
公式アカウント