1. コネクティビティ
    ロンドンを拠点とするスタートアップ企業スケープ(Scape)は、複数のカメラ画像を使って超精密な位置情報を割り出せる技術を開発している。ライダーなどのレーザー技術を使うよりも安価で済むのが特徴で、同社はこの位置情報サービスをインフラに育てていきたい考えだ。 Charlotte Jee5カ月前
  2. コネクティビティ
    複合現実をもっと身近に、ソーシャルにするARスタートアップ
    現実世界にある広場にバーチャルな直物を植え、みんなで水をやったりして育てられる。スタートアッップ企業「ユビクリィ6(Ubiquity6)」が目指しているのは、そんなスマホアプリだ。 Rachel Metz15カ月前
  3. コネクティビティ
    視覚障がい者を音声でガイド、ホロレンズの意外な使い方
    カリフォルニア工科大学の研究者たちが、AR(拡張現実)ヘッドセットの画期的な使い方を見つけた。ヘッドセットが備える空間マッピング機能と3次元音響を利用して、視覚に障がいがある人を道案内する装置を作ったのだ。バーチャルなガイドが装着者の前方から声で誘導してくれる。 Rachel Metz15カ月前
  4. コネクティビティ
    いまだに製品を発売しないマジック・リープは謎めいたAR企業だ。2018年中に出荷されるというヘッドセットの実物を目にした人はほとんどいない。だが、投資家たちは、マジック・リープが持つ大量の特許によって稼げると考えている。 Rachel Metz16カ月前
  5. コネクティビティ
    ザッカーバーグが開発者会議で語ったこと、語らなかったこと
    大量の情報流出で揺れるフェイスブックのトップは開発者を前に何を語るのか? 注目された年次カンファレンス「F8」でのザッカーバーグCEOの発言を振り返る。 Rachel Metz17カ月前
  6. コネクティビティ
    グーグルがAR開発ツールを公開、第2の「ポケモンGO」は出るか
    グーグルがAndroidで動作する拡張現実(AR)アプリ開発ソフトウエア・ツールセットを公開した。Androidは巨大な市場を持つだけに、既存モバイル・アプリのAR版などで「ポケモンGO」に匹敵するキラー・アプリが登場するかもしれない。 Martin Giles2年前
  7. コネクティビティ
    発売が待ち遠しいVR/ARヘッドセットとアプリ5つ
    新しいヘッドセットからハリー・ポッターのゲームやスピルバーグの映画まで、今年登場が待ち遠しいVR/AR関連の商品を紹介。 Rachel Metz2年前
  8. ビジネス・インパクト
    シリコンバレー界隈のテック企業にとって2017年は、人工知能(AI)などの分野でテクノロジーが目覚ましい進歩を遂げた一方で、ソーシャルメディアへのでっちあげ記事や有害コンテンツの投稿、性差別などの問題が公けになり、世間の非難を浴びた年でもあった。 Martin Giles2年前
  9. コネクティビティ
    秘密主義マジック・リープのARヘッドセットは本当に出るのか?
    謎に包まれたARスタートアップ企業が、開発中のヘッドセットの画像を公開した。しかし、どれぐらい使いものになるのか、いつ発売するのかといった、基本的なことはいまだに明かされていない。 Rachel Metz2年前
  10. コネクティビティ
    AR・VRの未来を体験
    ゲーマーでなくても試したい
    スマホアプリベスト6
    スマホの高機能化にともなって、モバイルARアプリとVRアプリはどれほど進化しているのだろうか。「役立つ」よりも、最新技術を体感できる6つのアプリを紹介する。 Rachel Metz2年前
  11. コネクティビティ
    アマゾンがAR/VRビジネスに最後発で参入、安すぎて心配
    アマゾンがついにVR・AR市場に参入した。専門知識がなくてもVR・ARアプリが作れるAWSのサービスだ。アマゾンは、現在は収益があがらなくても、VR・AR市場の拡大をはかることで、将来につなげたいと考えている。 Rachel Metz2年前
  12. コネクティビティ
    現実の「間」にバーチャル物体を表示、ARが現実に近づく新技術
    大手テック企業やスタートアップが現在販売している拡張現実(AR)ディスプレイはいずれも、現実の風景の前に、バーチャルな画像を重ね合わせる仕組みになっている。オプティカル・サイエンシズ大学のホン・フア教授たちは、バーチャルな物体を現実の物体の前や後ろに配置できるAR用ディスプレイを開発した。 Rachel Metz2年前
  13. コネクティビティ
    拡張現実(AR)デバイスを大々的に売り出そうとする企業が相次いでいるが、なかなか市場が立ち上がらないのが現状だ。そこで、実際に職場でARヘッドセットを数日間かぶって日常業務をして、どこに問題があるのか確かめてみた。 Rachel Metz2年前
  14. コネクティビティ
    マイクロソフトのMR撮影スタジオで記者が踊ってみた
    マイクロソフトは「ホログラム」の普及のために、大がかりなスタジオの設置を進めている。数年以内には普通の人がホログラム撮影ができるようになるとのことだが、記者が一足先に体験してみた。 Rachel Metz2年前
  15. コネクティビティ
    フランチスカ・ローズナー(ワシントン大学)
    拡張現実がハッカーに乗っ取られる脅威に備える研究者。 Kyanna.Sutton2年前
  16. コネクティビティ
    ポケモンGOのズレをなくせ!ARアプリの精度アップに新技術
    現在の拡張現実(AR)アプリで、現実世界に重ね合わせて表示されるバーチャル・イメージにはどこか不自然さが付きまとう。その原因の一つに、混雑した街中では特に、ユーザーの位置を正確に検出できないことがある。 Rachel Metz2年前
  17. コネクティビティ
    MITが予想
    2021年の暮らしは
    テクノロジーでこう変わる
    避妊処置を受けた男性が培養鶏肉のチキンナゲットを食べながら、自律自動車に乗っている——。2021年にはそんな暮らしが待っているかもしれない。MITテクノロジーレビュー編集部は、調査会社の予測やテック企業の発表をもとに、2021年に実現されそうな技術革新を検討してみた。 Rachel Metz2年前
  18. コネクティビティ
    ARがついにブレイク?99ドルのホロレンズ風スマホゴーグル
    99ドルで購入できるスマホ装着型の拡張現実(AR)ヘッドセットが登場する。ホロレンズのように現実にバーチャルの物体を重ねることもできる。ARヘッドセットとして初のヒット商品となるのだろうか。 Rachel Metz2年前
  19. コネクティビティ
    机や壁をスマホの画面に変える電球型ARガジェットが開発中
    Bluetoothスピーカーや防犯カメラなど、電球ソケットに取り付けるガジェットが人気だが、自宅の机や冷蔵庫、壁をマルチタッチディスプレイを変えるデバイスが開発中だ。ARを使った未来のユーザーインターフェイスは実現するのか? Rachel Metz2年前
  20. コネクティビティ
    「網膜」の仕組みを模倣、VRを高精細化する新技術が登場
    VR/AR向けヘッドセットの画面の解像度は、ここ数年間で大幅に向上した。しかし依然として、これらの画質は、実生活で私たちが見ているイメージにはほど遠い。 Rachel Metz2年前
  21. コネクティビティ
    未来のデスクトップがやってくる!
    拡張現実スタートアップ企業「メタ」が描く未来のワークスペースには、空中に貼り付ける付箋や、たくさんのジェスチャーが登場する。MITテクノロジーレビューの編集者が実際に体験してきた。 Rachel Metz2年前
  22. コネクティビティ
    グーグルも新型VRカメラ、無料提供プログラムも開始
    フェイスブックに続き、グーグルも新型のVRカメラを発表した。VRの利用は期待されたほど進んでいないが、VRならではの作品が登場すれば、大きな産業になり得る夢がある。 Rachel Metz2年前
  23. コネクティビティ
    フェイスブックにとってスマホ型ARは入り口に過ぎない
    フェイスブックは、開発者向けカンファレンスで、カメラにAR型新機能を追加する開発者向けARプラットフォームを発表した。フェイスブックは自社のソーシャルメディア等に積極的にARを採り入れていく方針だ。 Rachel Metz2年前
  24. コネクティビティ
    表情筋の神経信号を検出し、アバターに表情を付けるVRゴーグル
    スイスのスタートアップ企業マインドメイズが、表情筋の神経信号を読み取れるVRゴーグルを開発中だ。VRの人気はそれほど高まっていないが、アバターに表情を付けられると人気が出るのかはよくわからない。 Rachel Metz2年前
  25. コネクティビティ
    リアルさをさらに高めた拡張現実ゴーグルが製品化まであと一歩
    遠近感を再現し、距離の異なるモノに視線を移したときの違和感を減らした拡張現実ゴーグルが製品化まであと一歩の段階だ。親機として高性能なパソコンは不要とされており、近い将来、AR市場で十分なシャアを確保できる可能性がある。 Rachel Metz2年前
  26. 知性を宿す機械
    人工知能分野への投資で、中国企業が米国を追い越す勢い
    中国では、大手インターネット企業もベンチャー企業も、AI分野に資金を投じている。 Jamie Condliffe3年前
  27. コネクティビティ
    没入型はゲーム専用?
    鉄道整備に簡易型AR
    列車整備士用スマートグラスは拡張現実で列車運行を効率化し、コストを減らす。 Elizabeth Woyke3年前
  28. コネクティビティ
    MSのHoloLens
    建設業界にイノベーション
    マイクロソフトのHoloLensを使って、建設業界が作業を確認し、高額の出費を抑えようとしている。 Elizabeth Woyke3年前