KADOKAWA Technology Review
×
「GPUであと20年稼ぐ」エヌビディアCEO語る
知性を宿す機械 Insider Online限定
Nvidia CEO: Software Is Eating the World, but AI Is Going to Eat Software

「GPUであと20年稼ぐ」エヌビディアCEO語る

機械学習、AIの勝者となりつつあるチップメーカー、エヌビディア。AIは自動車と医療を変え、エヌビディアは他社とは異なるアプローチで問題を解決していくとフアンCEOは語った。 by Tom Simonite2017.05.14

近年、テック企業と投資家は、人工知能(AI)に資金を注ぎ込んできた。その多くはチップ・メーカーのエヌビディアへと流れ込んでいる。エヌビディアが機械学習アルゴリズム用にカスタマイズしたハードウェアを作り始め、自律自動車のような使用事例が現れると、エヌビディアの収益は上昇した。カリフォルニア州サンノゼで、2017年5月10日から開かれたエヌビディアの年次開発者会議で、ジェン・スン・フアン最高経営責任者(CEO)は機械学習革命がどのように始まっているかをMITテクノロジーレビューに語った。

——エヌビディアはテック企業が機械学習への投資を爆発的に増加させたことで利益を得ました。機械学習の用途は現在のような急成長を続けられるでしょうか?

今は非常に初期の段階です。現在、世界中の企業や産業で使われているコンピューター・プログラムで、AIを使ったものはほとんどありません。AIはインターネット・サービス企業、特にそのうちの2〜3社では、かなり普及しています。ですが、多くのテック業界やその他の産業の企業が追い付こうとしています。ソフトウェアは世界を飲み込んでいきますが、AIはソフトウェアを飲み込むでしょう。

——次に機械学習で変わるのはどの産業でしょうか?

1つは自動車産業です。世界の自動車会社、トップ10がこの会議に参加しています。2番目は医療で、社会への影響は非常に大きなものになります。医療情報は複雑で構造化されていませんが、今ではコンピューターがそれを理解できるようになり、医師の診断と予測を補強しています。

——機械学習を診断に適用した最近の研究結果は目覚ましいものがあります(「人工知能眼科医は、機械学習で医学を一変させる」参照)。ですが規制当局が、こうした新しい種類のシステムをどのように試験し承認するかは定かではありません。

人の命について話すとき、いつも規制の問題があります。ですが、10倍、いや1000倍も優れた結果が得られる技術の影響は無視できません。合理的に考えられる …

こちらは有料会員限定の記事です。
有料会員になると制限なしにご利用いただけます。
有料会員にはメリットがいっぱい!
  1. 毎月120本以上更新されるオリジナル記事で、人工知能から遺伝子療法まで、先端テクノロジーの最新動向がわかる。
  2. オリジナル記事をテーマ別に再構成したPDFファイル「eムック」を毎月配信。
    重要テーマが押さえられる。
  3. 各分野のキーパーソンを招いたトークイベント、関連セミナーに優待価格でご招待。
Innovators Under 35 Japan 2020

MITテクノロジーレビューが主催するグローバル・アワード「Innovators Under 35」が2020年、日本に上陸する。特定の分野や業界だけでなく、世界全体にとって重要かつ独創的なイノベーターを発信していく取り組みを紹介しよう。

記事一覧を見る
MITテクノロジーレビュー[日本版] Vol.2/Winter 2020
MITテクノロジーレビュー[日本版] Vol.2/Winter 2020SDGs Issue

今、世界中の企業や機関の技術者・研究者たちが各地で抱える社会課題を解決し、持続可能な世界の実現へ向けて取り組んでいる「SDGs(持続可能な開発目標)」。
気候変動や貧困といった地球規模の課題の解決策としての先端テクノロジーに焦点を当て、解決に挑む人々の活動や、日本企業がSDGsを経営にどう取り入れ、取り組むべきか、日本が国際社会から期待される役割について、専門家の提言を紹介します。

詳細を見る
フォローしてください重要なテクノロジーとイノベーションのニュースをSNSやメールで受け取る