KADOKAWA Technology Review
×
無料の会員登録で、記事閲覧数が増えます
気候変動解決の主役にインドと中国が浮上
India and China Are Emerging as Climate Icons

気候変動解決の主役にインドと中国が浮上

6カ月前、気候変動の解決に向けて世界を後押ししていたのは米国だった。今では米国に代わって中国とインドがその地位に就こうとしている。 by Jamie Condliffe2017.05.18

ドナルド・トランプ大統領は 何とかして 米国内で石炭を使わせたがっており、石炭の使用が地球にどのような影響を及ぼすかには無関心だ。多くの米国民にとっては受け入れがたいことである一方、米国以外の国にとってよい知らせなのは、再生可能エネルギーの開発に引き続き資金が投じられ、2人の意外な救世主のおかげで二酸化炭素排気量の減少が続くことだ。その2人とはインドと中国だ。

確かにこれまで、インドと中国は石炭の使用を回避しようとしてこなかった 。インドのピユシュ・ゴヤル電力相は「二酸化炭素排気量をストップさせるべきは、米国や西洋諸国からだ」とし、インドに石炭使用の回避義務はないとつい最近述べたばかりだ 。

しかし、インドと中国は今や、少なくともある評価基準において、気候問題の第一線で米国を追い抜き始めているようだ。

複数の非営利団体とコンサルティング・グループが共同で定期的に分析するクライメート・アクション・トラッカー(CAT:Climate Action Tracker)は、実際、中国とインドは現在から2030年までに設定した二酸化炭素排気量の削減目標を超える勢いだと指摘している 。中国が再生可能エネルギーに積極的に取り組み、石炭燃焼の減少を後押しして …

こちらは会員限定の記事です。
無料登録すると1カ月10本までご利用いただけます。
こちらは有料会員限定の記事です。
有料会員になると制限なしにご利用いただけます。
ザ・デイリー重要なテクノロジーとイノベーションのニュースを平日毎日お届けします。
公式アカウント