1. 持続可能エネルギー
    インド政府は2030年までに新車の3割をEV化する計画を推進している。日本や欧米諸国とは異なり、主役はもっぱら二輪車や三輪車だ。交換式の電池プラットフォームを展開する企業や、スタイリッシュな電動スクーターを提供するスタートアップ企業など、市場拡大の動きが活発化してきた。 James Temple5カ月前
  2. 知性を宿す機械
    かつてのIT大国、インドは
    AI時代に生き残れるか
    インドの企業や政府が、人工知能(AI)に対して並々ならぬ関心を抱いており、国家規模でAIの研究開発を推進しようとしている。現在のインドにはそのための才能も基盤も極めて乏しいが、多様性に富む文化を擁するインドがAIに投資することは、AI分野全体の発展にとっても有意義だろう。 Varun Aggarwal15カ月前
  3. 知性を宿す機械
    インドの花形産業であるIT業界で、大量解雇の嵐が吹き荒れている。自動化や人工知能(AI)が人間の雇用を奪うのではないかという懸念はどの国にもあるが、コンピュータが取って代わりやすい定型作業で成長してきたインド特有の事情が問題を深刻にしている。 Samanth Subramanian2年前
  4. 持続可能エネルギー
    パキスタンで気温50度超え、貧困層を襲う気候変動の脅威
    5月のパキスタンの最高気温が53.5度を記録した。最近発表されたある論文は、温暖化の進行によって経済格差が深刻な問題となることを示している。 Michael Reilly2年前
  5. 持続可能エネルギー
    石炭と自然エネ、矛盾するインドのエネルギー政策を読み解く
    インドは石炭の利用促進と再生可能エネルギーへの移行を同時に進めているように見える。いったい何が起きているのか? Michael Reilly2年前
  6. 持続可能エネルギー
    気候変動解決の主役にインドと中国が浮上
    6カ月前、気候変動の解決に向けて世界を後押ししていたのは米国だった。今では米国に代わって中国とインドがその地位に就こうとしている。 Jamie Condliffe2年前
  7. 持続可能エネルギー
    大気汚染で年間死者約110万人のインドは世界最悪の状況
    インドでは年間約110万人が大気汚染で亡くなっており、世界最悪の状況だとわかった。また、中国からサウジアラビアまで、東西アジアの都市では、サイクリングで30分走っただけで健康増進効果は微細粒子を吸い込むことの悪影響で打ち消されてしまう。 Michael Reilly3年前
  8. 持続可能エネルギー
    インドの石炭火力発電所、二酸化炭素を重曹として回収
    インドの石炭火力発電所が、二酸化炭素を重曹として回収。しかも補助金なし。 Jamie Condliffe3年前
  9. ビジネス・インパクト
    アップル、インドに工場設立でトランプ次期大統領の意向はどうなる?
    トランプ次期大統領は、製造業をアメリカに取り戻そうとしているが、アップルがその考えに賛同しているかどうかはわからない。 Jamie Condliffe3年前
  10. ビジネス・インパクト
    インド政府、電子決済促進に最大10%割引きの補助金支給
    オンライン取引のユーザー向けの割引きに政府が補助金を出すことで、インド政府は強引に、紙の紙幣から電子決済への移行を促そうとしている。 Michael Reilly3年前
  11. ビジネス・インパクト
    中国での失敗を教訓に、アマゾンはインドでライバル企業を追撃中
    中国での失敗を教訓に、アマゾンはインドで成功しつつある。 Nanette Byrnes3年前
  12. コネクティビティ
    インドのネット市場争奪戦
    fとGが12.5億人巡って激突
    テック業界の巨人、フェイスブックとグーグルがインドでインターネット接続を巡る競争を繰り広げている。12.5億人のインターネット初体験市場を取り込むのに必死だが、初期の戦略でつまずいたフェイスブックは、失地を回復し、リードを維持できるだろうか? Jamie Condliffe3年前
  13. ビジネス・インパクト
    狙いは適確医療の独占?
    途上国のゲノム情報を収集
    遺伝子配列の決定が遅れているアジアに注目し、適確医療を進めようとするスタートアップ企業がある。 Elizabeth Woyke3年前