KADOKAWA Technology Review
×
【8/15締切】来れ、若きイノベーター! Innovators Under 35 Japan 2022 応募受付中!
Toyota’s Home Helper Is a Glimpse of Our Robot-Assisted Future

トヨタの介護ロボから垣間見える、機械が人間に寄り添う未来

トヨタの介護ロボットが北米で導入された。飲み水を持ってきてくれたり、ドアを開けてくれるようなロボットのおかげで、体の自由がきかない男性の生活が少し楽なものになった。 by Jamie Condliffe2017.07.04

米国の退役軍人であるロムロ・カマルゴは、アフガニスタンで奇襲攻撃を受けて、首から下が動かなくなった。自分1人だと日常的な動作ができないカマルゴは、最近になってロボットから介助を受けている。

ザ・バージの記事によると、トヨタの介護ロボットはすでに日本の病院では試験的に利用されている。その介護ロボットを、来るべき高齢化社会に備えて販売する計画もあるという。カマルゴは北米で初めての利用者として、トヨタの介護ロボットを自宅に招き入れた。しかし、家の中には日常的にモノが置かれていているため、ロボットにとっては厳しい環境になる。

カマルゴは、口にくわえたタッチペンでタブレット画面をタップすることで、ロボットに命令を送る。ロボットは命令に従い、水の入ったボトルをカマルゴのところまで持っていき、カマルゴが水を飲めるように口元までボトルを運んでいく。カマルゴは、「水が入ったボトルを持ち上げるのは1日のうちでもっとも重要な仕事ですが、これからはロボットが代わりにやってくれるでしょう。これは、とても大きな変化です」と語る。

介護ロボットができることは、まだほとんど限られている。家のようにものが散らかっている環境では、ロボットがモノを正確に識別できるようにQRコードを貼っておかなければならない。また、上の映像からも分かるように、ロボットができる仕事は少ないが、介護ロボットが将来的に高齢者や障がい者の介護に使われる可能性を示し、最先端の技術がいろいろと進化していることも分かる。

パーソナルロボットがこれから先何年かの間に、急速に成長することは間違いない。パーソナルロボット産業は2022年までに毎年約40%ずつ成長を続け、340億ドルまで成長すると予測されている。大きなチャンスがあるため、クーカのような産業ロボットメーカーが市場に目を向けている

しかし、産業の活性化以上に重要なことは、技術の発展によって多くの人々の生活が変わる可能性があるということだ。カマルゴは、「障がいのあるすべての人にとって、介護ロボットは人生を大きく変えてくれる存在です」と語っている。

(関連記事:The Verge, “ 産業ロボ大手クーカ、家庭用ロボット参入へ,” “Personal Robots: Artificial Friends with Limited Benefits,” “Meet Toyota’s Robotic Nurses”)

人気の記事ランキング
  1. A million-word novel got censored before it was even shared. Now Chinese users want answers. 「この原稿は違法です」中国のワープロソフト、未公開小説をロック
  2. Call for entries for Innovators Under 35 Japan 2022 IU35 Japan 2022候補者募集を開始、今年は医学/生物工学も対象
  3. Homophobic misinformation is making it harder to contain the spread of monkeypox 「サル痘」感染拡大でまた陰謀論、同性愛嫌悪の誤情報も拡散
  4. OpenAI is ready to sell DALL-E to its first million customers オープンAI、文章から画像を描く「DALL-E2」を100万人に提供
タグ
クレジット Images courtesy of Toyota
ジェイミー コンドリフ [Jamie Condliffe]米国版 ニュース・解説担当副編集長
MIT Technology Reviewのニュース・解説担当副編集長。ロンドンを拠点に、日刊ニュースレター「ザ・ダウンロード」を米国版編集部がある米国ボストンが朝を迎える前に用意するのが仕事です。前職はニューサイエンティスト誌とGizmodoでした。オックスフォード大学で学んだ工学博士です。
日本発「世界を変える」35歳未満のイノベーター

MITテクノロジーレビューが20年以上にわたって開催しているグローバル・アワード「Innovators Under 35 」。世界的な課題解決に取り組み、向こう数十年間の未来を形作る若きイノベーターの発掘を目的とするアワードの日本版の最新情報を発信する。

記事一覧を見る
人気の記事ランキング
  1. A million-word novel got censored before it was even shared. Now Chinese users want answers. 「この原稿は違法です」中国のワープロソフト、未公開小説をロック
  2. Call for entries for Innovators Under 35 Japan 2022 IU35 Japan 2022候補者募集を開始、今年は医学/生物工学も対象
  3. Homophobic misinformation is making it harder to contain the spread of monkeypox 「サル痘」感染拡大でまた陰謀論、同性愛嫌悪の誤情報も拡散
  4. OpenAI is ready to sell DALL-E to its first million customers オープンAI、文章から画像を描く「DALL-E2」を100万人に提供
MITテクノロジーレビュー[日本版] Vol.7
MITテクノロジーレビュー[日本版] Vol.7世界を変える10大技術 2022年版

パンデミック収束の切り札として期待される「新型コロナウイルス感染症(COVID-19)飲み薬」、アルファ碁の開発企業が作った「タンパク質構造予測AI」、究極のエネルギー技術として期待が高まる「実用的な核融合炉」など、2022年に最も注目すべきテクノロジー・トレンドを一挙解説。

詳細を見る
フォローしてください重要なテクノロジーとイノベーションのニュースをSNSやメールで受け取る