KADOKAWA Technology Review
×
無料の会員登録で、記事閲覧数が増えます
The Machines Are Getting Ready to Play Doctor

心電図から心臓疾患を発見、機械学習は医師を超えるか

心臓不整脈を探り当てるアルゴリズムによって、機械学習が医療に革命をもたらそうとしている。課題は、医師や患者にそのアルゴリズムを信頼させることだ。 by Will Knight2017.07.11

医師がこれまで以上に機械に信頼を置くようになれば、アルゴリズムが人の命を救う日常は、そう遠くないうちにやってくるかもしれない。

著名なAI研究者である、スタンフォード大学のアンドリュー・ング非常勤教授が主導する研究チームは、心電図(ECG)をもとに心臓不整脈を特定する機械学習モデルが、人間の専門家よりも優れた診断能力を発揮することを証明した。

自動診断の手法は、日々の医療処置において、生死に関わる不整脈疾患の診断の確実性を高める非常に重要な技術になるかもしれない。また、医療人材が不足している地域では、自動診断を活用することで、より質の高い治療が提供できるようになる。

この研究はまさに、機械学習が医学にもたらす革命の兆候を示している。ここ数年、研究者はあらゆる疾患、たとえば乳がん、皮膚がん、眼疾患などの医用画像診断に機械学習技術が応用できることを明らかにしてきた。

ング非常勤教授は「特定の分野では、深層学習を用いた診断の正確性が医師を上回り得るという考えが受け入れられつつあることに、励まされます」と述べ、研究者が医用画像だけでなく、心電図などの他の医療データにも注目していることも良い傾向だと付け加えた。

最近まで、ング非常勤教授は中国の大手テック企業バイドゥの主任科学者だった。ング非常勤教授はバイドゥで、さまざまなビジネス課題 …

こちらは会員限定の記事です。
無料登録すると1カ月10本までご利用いただけます。
こちらは有料会員限定の記事です。
有料会員になると制限なしにご利用いただけます。
ザ・デイリー重要なテクノロジーとイノベーションのニュースを平日毎日お届けします。
公式アカウント