KADOKAWA Technology Review
×
Tesla Will Build the World’s Biggest Lithium-ion Battery

テスラ、世界最大のリチウムイオン蓄電施設建設へ

テスラが南オーストラリアに世界最大のリチウムイオン蓄電施設の建設を発表。ピザ配達のように「遅れたら無料」保証も付いてくる。 by Jamie Condliffe2017.07.10

イーロン・マスク最高経営責任者(CEO)の発表によると、テスラは南オーストラリアに総容量129メガワット時のリチウムイオン電池群を設置する。これは世界最大のリチウムイオン電池となる。

計画しているのは、送電網と一体化した巨大な蓄電施設で、近くにあるホーンズデール風力発電所に接続する。発電した電力が余っている時は電池を充電し、電力需要が高まった時は蓄電した電力を使って供給を下支えする。

電池設置の決定に拍車をかけたのは、昨年、南オーストラリアで立て続けに起きた停電だった。原因となったのは、豪雨によるインフラの損害と熱波による電力需要の増大だ。新たな電池の設置により、地域の送電網を災害に備えたものにすることを目指している。

マスクCEOは3月に、テスラがこの計画を受注したらピザハットの配達と同様に建設を保証すると発表した。「テスラが契約書にサインしてから100日以内にシステムの設置と稼働が完了しなければ、費用は無料にする」とマスクCEOはツイートしたガーディアン紙によると、テスラ(2017年版スマート・カンパニー50)と調印した契約にはこの約束が含まれていることを、南オーストラリア州政府が認めたという。

テスラは期限内に実現できると楽観しているようだ。同社は1月にカリフォルニア州でこれとよく似た80メガワット時のシステムを設置したが、90日の期限内にプロジェクトを完了している。ガーディアン紙によると、マスクCEOは前回より大きな今回のプロジェクトが、同じように順調に進むかどうか「リスクがないとはいえない」が、「技術と設計には自信を持っている」という。

注意すべきなのは、少なくとも理論上、リチウムイオン電池はこの種の送電網ストレージとして、理想的な候補ではないということだ。理想的な送電網用の電池は、安価で膨大な回数の充放電サイクルに耐えることが望まれるが、リチウムイオン電池はこのどちらも満たしていない。だが、多くの人々が努力を重ねているにもかかわらず、送電網ストレージとしてリチウムイオン電池に代わる現実的な対抗馬が出てこない。製造コストが下落を続けていることもあって、リチウムイオン電池の利用はますます魅力的になりつつある。納期を遅れせないためには、なおのことだ。

(関連記事:Tesla Just Added a Huge Stack of Batteries to the California Power Grid,” “What We’re Doing Wrong in the Search for Better Batteries”)

人気の記事ランキング
  1. Half the Milky Way’s sun-like stars could be home to Earth-like planets 「地球2.0」候補、天の川銀河に3億個以上存在か? 最新研究
  2. We just found a source for one of the most mysterious phenomena in astronomy 謎の天文現象「高速電波バースト」の発生源、最新研究で明らかに
  3. The second-largest radio telescope in the world is shutting down 世界で2番目に大きい電波望遠鏡、修復不能で57年の歴史に幕
  4. One in five covid-19 patients are diagnosed with a mental illness within 90 days 新型コロナ患者の5人に1人、回復後に精神疾患と診断
タグ
クレジット Photograph by DAVID MCNEW | Getty
ジェイミー コンドリフ [Jamie Condliffe]米国版 ニュース・解説担当副編集長
MIT Technology Reviewのニュース・解説担当副編集長。ロンドンを拠点に、日刊ニュースレター「ザ・ダウンロード」を米国版編集部がある米国ボストンが朝を迎える前に用意するのが仕事です。前職はニューサイエンティスト誌とGizmodoでした。オックスフォード大学で学んだ工学博士です。
Innovators Under 35 Japan 2020

MITテクノロジーレビューが主催するグローバル・アワード「Innovators Under 35」が2020年、日本に上陸する。特定の分野や業界だけでなく、世界全体にとって重要かつ独創的なイノベーターを発信していく取り組みを紹介しよう。

記事一覧を見る
人気の記事ランキング
  1. Half the Milky Way’s sun-like stars could be home to Earth-like planets 「地球2.0」候補、天の川銀河に3億個以上存在か? 最新研究
  2. We just found a source for one of the most mysterious phenomena in astronomy 謎の天文現象「高速電波バースト」の発生源、最新研究で明らかに
  3. The second-largest radio telescope in the world is shutting down 世界で2番目に大きい電波望遠鏡、修復不能で57年の歴史に幕
  4. One in five covid-19 patients are diagnosed with a mental illness within 90 days 新型コロナ患者の5人に1人、回復後に精神疾患と診断
MITテクノロジーレビュー[日本版] Vol.1/Autumn 2020
MITテクノロジーレビュー[日本版] Vol.1/Autumn 2020AI Issue

技術動向から社会実装の先進事例、倫理・ガバナンスまで、
AI戦略の2020年代のあたらしい指針。

詳細を見る
フォローしてください重要なテクノロジーとイノベーションのニュースをSNSやメールで受け取る