KADOKAWA Technology Review
×
Amazon’s New Robo-Picker Champion Is Proudly Inhuman

アマゾン主催ロボコン、 UFOキャッチャー風ロボットが優勝

アマゾンが毎年開催しているロボットコンテスト「アマゾン・ロボティクス・チャレンジ」でクレーンゲームにヒントを得たロボットが優勝した。なお、日本からは奈良先端科学技術大学院大学(NAIST)とパナソニックの合同チームが出場し、結果は6位だった。 by Jamie Condliffe2017.08.02

忌々しいアーケード ゲームから多くのヒントを得たロボットが、今年のアマゾン・ロボティクス・チャレンジで勝利を収めた。

電子商取引企業のアマゾン世界一大きなオンライン食品小売業者の、オカド(Ocado)は現在、世界中で最も自動化した倉庫を誇りにしている。しかし、顧客が注文した商品を取り出すのはロボットではない。なぜなら、広い範囲に置かれている形の違う商品を機械はまだ正確に認識できないからだ。

そこで、アマゾンは毎年研究者を集めて商品を取り出して、格納する機械を競わせているのだ。難しい仕事だが、究極的にはアマゾンの倉庫の完全自動化に役立つかもしれない。今年の課題は、これまでよりもさらに難しかった。各チームのロボットは、持ち時間30分で乱雑に置いてある商品から特定の商品を認識し、取り出す作業をしなければならなかった。新しい商品が次々に到着し、パレットが綺麗に整理されていない倉庫の状態を、これまで以上にシミュレーションしたものだという。

優勝したのは、オーストラリアのロボット・ビジョン・センター(Australian Centre for Robotic Vision)によって作られた「カートマン(Cartman)」と呼ばれるロボットだ。多くの競合相手が、課題をロボット・アームで実行するのとは異なり、カートマンは際立って非人間的なのだ。商品を取り出す機械はクレーンゲームのクレーンのように直線に沿って空間を移動するが、クレーンゲームよりはるかに優れている。カートマン制作者のアントン・ミランによると、勝利にはカートマンのコンピュータービジョン・システムが不可欠だったそうだ。「私たちのシステムの特徴の1つは、非常に少量の注釈付き訓練データしか使わなかったことです」とオーストラリアのWebメディア『TechAU』に説明した。「目に見えない商品(編注:一部の商品は事前に知らされず当日の会場で初めて明かされた)もたった7枚の画像だけで検出できました」。

この類の高速学習は機械学習の専門家にとって、広範囲な研究領域となる。2016年、ディープマインドは画像内のオブジェクトを以前に一度見たことがあるだけで認識できる「ワンショット学習」システムを披露した。他の商品があって目的の商品がよく見えない場合でも間違えずに認識して取り出すとなると、カートマンにはもう少し訓練データが必要だ。

(関連記事:TechAU, “「モノを持ち上げられるロボット」の実現はなぜ大騒ぎになるのか?,” “グーグル・ディープマインド、大量データ不要の深層学習システムを開発,” “Inside Amazon”)

人気の記事ランキング
  1. OSIRIS-REx collected too much asteroid material and now some is floating away NASA探査機、小惑星のサンプル採取に成功も多過ぎて蓋が閉まらず
  2. Half the Milky Way’s sun-like stars could be home to Earth-like planets 「地球2.0」候補、天の川銀河に3億個以上存在か? 最新研究
  3. We just found a source for one of the most mysterious phenomena in astronomy 謎の天文現象「高速電波バースト」の発生源、最新研究で明らかに
  4. One in five covid-19 patients are diagnosed with a mental illness within 90 days 新型コロナ患者の5人に1人、回復後に精神疾患と診断
  5. How to make restaurants safer 間違いだらけの新型コロナ対策、飲食店の感染リスクを最小化する方法
タグ
クレジット Images by Australian Centre for Robotic Vision
ジェイミー コンドリフ [Jamie Condliffe]米国版 ニュース・解説担当副編集長
MIT Technology Reviewのニュース・解説担当副編集長。ロンドンを拠点に、日刊ニュースレター「ザ・ダウンロード」を米国版編集部がある米国ボストンが朝を迎える前に用意するのが仕事です。前職はニューサイエンティスト誌とGizmodoでした。オックスフォード大学で学んだ工学博士です。
Innovators Under 35 Japan 2020

MITテクノロジーレビューが主催するグローバル・アワード「Innovators Under 35」が2020年、日本に上陸する。特定の分野や業界だけでなく、世界全体にとって重要かつ独創的なイノベーターを発信していく取り組みを紹介しよう。

記事一覧を見る
人気の記事ランキング
  1. OSIRIS-REx collected too much asteroid material and now some is floating away NASA探査機、小惑星のサンプル採取に成功も多過ぎて蓋が閉まらず
  2. Half the Milky Way’s sun-like stars could be home to Earth-like planets 「地球2.0」候補、天の川銀河に3億個以上存在か? 最新研究
  3. We just found a source for one of the most mysterious phenomena in astronomy 謎の天文現象「高速電波バースト」の発生源、最新研究で明らかに
  4. One in five covid-19 patients are diagnosed with a mental illness within 90 days 新型コロナ患者の5人に1人、回復後に精神疾患と診断
  5. How to make restaurants safer 間違いだらけの新型コロナ対策、飲食店の感染リスクを最小化する方法
MITテクノロジーレビュー[日本版] Vol.1/Autumn 2020
MITテクノロジーレビュー[日本版] Vol.1/Autumn 2020AI Issue

技術動向から社会実装の先進事例、倫理・ガバナンスまで、
AI戦略の2020年代のあたらしい指針。

詳細を見る
フォローしてください重要なテクノロジーとイノベーションのニュースをSNSやメールで受け取る