KADOKAWA Technology Review
×
【4/24開催】生成AIで自動運転はどう変わるか?イベント参加受付中

宇宙 2020年1月の記事

  1. No one agrees what it means for a planet to be “habitable”
    惑星の「居住可能性」とは何を意味するのか?
    ある惑星が「ハビタブルゾーン」に位置しているかどうかは、その惑星に生命が存在可能であるかどうかを考える際の拠り所の1つとなっている。現時点ではハビタビリティ(居住可能性)についての専門家の統一見解はないが、新たなツールが手がかりを示す可能性がある。 by Neel V. Patel2020.1.29
  2. 中国、過去最高解像度の「月の裏側」写真を公開
    中国当局は、2019年1月に人類史上初めて月の裏側に着陸した探査機「嫦娥4号」および探査車「玉兔2号」が撮影した写真を新たに一般公開した。今回のミッションで撮影された月の画像の中で最も解像度の高い画像であり、玉兔2号が撮影したパノラマ写真も含まれている。 by Neel V. Patel2020.1.24
  3. 地球を離れて数カ月や数年に及ぶミッションに挑む宇宙船乗組員の精神的健康を維持するには、感情を認識し、共感をもって反応する人工知能(AI)が役に立つかもしれない。米国航空宇宙局(NASA)のジェット推進研究所はオーストラリア企業と提携して、宇宙船乗組員を情緒的にサポートできるAIを開発しようとしている。 by Neel V. Patel2020.1.22
  4. 新たな宇宙望遠鏡で生命体探索、NASAの科学者らが手法を提案
    NASA の科学者らは、2021年に打上予定のジェイムズ・ウェッブ宇宙望遠鏡を使って、太陽系外惑星の酸素を検知・測定する新たな方法を提案した。この方法により、その惑星が生命体に適しているかどうかや、生命体の活動により大気が形成された可能性について知見を得られる可能性がある。 by Neel V. Patel2020.1.21
  5. わずか4基で世界中のネット接続をカバー、巨大衛星群不要の新提案
    インターネット接続サービスを世界規模で提供するために数万基の人工衛星で構成するメガコンステレーションを打ち上げようとする動きが盛んになっている。しかし、高軌道衛星を使用すれば、はるかに少ない数でグローバルな範囲をカバーするサービスを提供できるとする研究が発表された。 by Neel V. Patel2020.1.21
  6. Can constant acceleration be used to produce artificial gravity in space?
    読者からの質問:等加速度運動で重力を作り出せますか?
    宇宙船が1g(重力加速度)で等加速度運動をする場合、宇宙船の中にいる人間は、地球に居るのと同じような生活ができるのだろうか? by Neel V. Patel2020.1.15
  7. Why the quantum internet should be built in space
    物理法則に基いて完璧なセキュリティを確保できる量子インターネットの実現が近づきつつある。世界規模で量子インターネットを構築するには全世界に「量子もつれ」を配信する必要があるが、そのための最善の方法は、多数の周回衛星で構成される衛星コンステレーションを用いることだとする研究が発表された。 by Emerging Technology from the arXiv2020.1.14
  8. These are the stars the Pioneer and Voyager spacecraft will encounter
    1970年代に打ち上げられた探査機「パイオニア」と「ボイジャー」の合計4機はすでに太陽系を離脱し、恒星間空間に向かって長い旅路についている。これらの探査機が今後いつ、太陽以外の恒星に接近遭遇するのか、天の川銀河の最新3Dマップを用いて予測した研究結果が発表された。 by Emerging Technology from the arXiv2020.1.9
  9. SpaceX will test making Starlink satellites less shiny to appease angry astronomers
    スペースXが衛星に新塗装、天文観測への影響を回避できるか?
    大量の人工衛星の打ち上げを進めているスペースX(SpaceX)に対して、天文学者たちから苦情が寄せられている。スペースXは光の反射を抑えるために新しいコーティングを採用した衛星で対応したい考えだ。 by Neel V. Patel2020.1.8
  10. A star called Betelgeuse might be ready to explode into a giant supernova
    オリオン座のベテルギウスが急速に減光、超新星爆発の兆候か
    「冬の大三角形」の一角を占める一等星のベテルギウスが、昨年10月から約2.5倍も暗くなっていることが観測された。超新星爆発(スーパーノバ)を起こす恒星は、その寿命の最後に温度が下がり、膨張することが分かっているため、ベテルギウスは間もなく超新星爆発を起こすのではないかと考えられている。 by Neel V. Patel2020.1.7
  11. The seven most exciting space missions of 2020
    アルテミスから嫦娥5号まで2020年に注目の宇宙プロジェクト7つ
    2020年は宇宙関係者にとって2019年に負けず劣らず忙しい年になりそうだ。MITテクノロジーレビューが2020年に注目する7つのミッション/プロジェクトを紹介しよう。 by Neel V. Patel2020.1.6
  12. We’ve detected the most powerful gamma-ray bursts on record
    観測史上最も強力なガンマ線バースト、発生源は45億光年彼方
    かつて想像もしなかったほど強力なガンマ線バーストが観測された。これらのガンマ線バーストはそれぞれ、45億光年および60億光年の彼方に発生源があると考えられ、何十億年も前に宇宙の彼方で何が起こっていたのか、より明らかにするのに役立つだろう。 by Neel V. Patel2020.1.6
アーカイブ
フォローしてください重要なテクノロジーとイノベーションのニュースをSNSやメールで受け取る