KADOKAWA Technology Review
×
【4/24開催】生成AIで自動運転はどう変わるか?イベント参加受付中

生物工学/医療 2023年2月の記事

  1. I took an international trip with my frozen eggs to learn about the fertility industry
    体外受精などの不妊治療は、医療としてすでに確立されている。しかし、法的規制や地域によるあまりに大きな価格差などの事情から、外国での体外受精を選ぶ人も多い。このとき活躍するのが、凍結精子や卵子を運ぶ専門の配送業者だ。 by Anna Louie Sussman2023.2.27
  2. 臓器と引き換えに刑期短縮、米マサチューセッツ州の法案が物議
    臓器移植用の臓器や骨髄を提供することで、囚人の刑期を短縮するという改正法案が米国マサチューセッツ州で提出された。臓器提供者の増加が狙いだが、医学的・倫理的な問題点が指摘され、物議を醸している。 by Jessica Hamzelou2023.2.21
  3. 鳥インフルエンザ、「次のパンデミック」を心配する必要はあるか?
    鳥インフルエンザによる被害が広がっている。鳥だけでなく、哺乳類の間でも流行し始めている。ヒトの間でも大流行が発生する可能性はあるのだろうか。 by Jessica Hamzelou2023.2.17
  4. 「高学歴」可能性を探る受精卵検査、米国人の4割が希望
    遺伝子検査によって一流大学に入る子に育つ可能性が高い受精卵を選別できる。経済的格差をさらに拡大させるなどの懸念があるが、検査を希望する人は少なくないことが分かった。 by Antonio Regalado2023.2.16
  5. 「脱絶滅」企業、ジュラシック・パークの技術は実現可能か?
    米国のスタートアップ企業コロッサル・バイオサイエンシズ(Colossal Biosciences)は、はるか昔に絶滅した巨大な鳥類「ドードー」を復活させようと試みている。遺伝子編集技術を駆使して復活させる計画だが、成功の見込みはどれくらいあるのか。 by Antonio Regalado2023.2.14
  6. How CRISPR is making farmed animals bigger, stronger, and healthier
    遺伝子編集した肉や魚がスーパーに並ぶ日がやってくる?
    遺伝子編集ツール「CRISPR(クリスパー)」は医療分野での応用が期待されているが、家畜や魚の品種改良に応用する研究も盛んだ。遺伝子編集を施した食肉や鮮魚が店頭に並ぶ日は近いのだろうか。by Jessica Hamzelou2023.2.13
  7. We can use sewage to track the rise of antibiotic-resistant bacteria
    下水監視は「サイレント・パンデミック」への備えになるか
    下水には人間の健康に関する情報が大量に含まれている。下水監視は小規模な試みにとどまっていたが、新型コロナのパンデミックによって状況は変わった。抗生物質への耐性を持つ細菌による「サイレント・パンデミック」対策にも活用できるかもしれない。 by Jessica Hamzelou2023.2.12
  8. Neuroscientists listened in on people’s brains for a week. They found order and chaos.
    脳で何が起こっているかを1週間にわたって観察した研究により、脳は混沌状態と安定状態の間に存在することが示された。いつの日か、脳刺激を用いて、脳を両極端の間にある最良の状態に調整できるようになるかもしれない。by Jessica Hamzelou2023.2.10
  9. What happens when you donate your body to science
    自身の死後に遺体を研究機関などに寄贈する「献体」という制度がある。この制度を通して受け取った遺体を、研究者や学生がどのようなことに使っているのか。そして、どのように扱っているのか。実態を知るために、「ボディ・ファーム(死体農場)」と解剖学研究室を訪れた。 by Abby Ohlheiser2023.2.3
アーカイブ
フォローしてください重要なテクノロジーとイノベーションのニュースをSNSやメールで受け取る