KADOKAWA Technology Review
×
動画、ロボット、マルチモーダル——生成AIの次のトレンドは?
【6/26開催】イベント申込受付中!

人工知能(AI) 2024年5月の記事

  1. OpenAI’s latest blunder shows the challenges facing Chinese AI models
    中国テック事情:GPT-4oだけじゃない中国語の訓練データ問題
    オープンAIの「GPT-4o」の中国語で異常が発生したのは、訓練データの汚染が原因と見られている。背景にあるのは中国のインターネットの構造的な問題だ。 by Zeyi Yang2024.5.30
  2. 生成AIの登場によって、フィッシングや詐欺などの犯罪行為はかつてないほど容易に実行できるようになった。自分の身を守るために知っておきたい、犯罪者のAI利用法を5つ紹介する。 by Melissa Heikkilä2024.5.30
  3. eムック Vol.61「検証『生成AI革命』」特集号
    MITテクノロジーレビュー[日本版]はeムック Vol.61 / 2024.05をリリースした。今月の特集は「検証「生成AI革命」 破壊と創造は進んだか」。 by MIT Technology Review Japan2024.5.29
  4. オープンAIの最新の大規模言語モデル「GPT-4o」の中国語トークナイザーに、ポルノやギャンブル関連の用語が大量に含まれ、ハルシネーション(幻覚)が発生していることが分かった。訓練データのクリーニング不足が原因と見られる。by Zeyi Yang2024.5.28
  5. AIで「聞きたい声だけ」聞ける、ノイズキャンセリング新技術
    群衆の中にいる友人や、都会の喧騒の中にいるツアーガイドなど、騒がしい環境下で特定の声に集中したい際に役立つ新技術だ。by Rhiannon Williams2024.5.27
  6. Meta says AI-generated election content not happening at "systemic level"
    生成AIによる選挙妨害は想定の範囲内、メタ幹部が対策強調
    メタのの国際問題担当社長が、偽情報やAI生成コンテンツへの対策など、同社の取り組みについて語った。 by Melissa Heikkilä2024.5.27
  7. AI models can outperform humans in tests to identify mental states
    AIが「心の理論」テストで人間超え、この結果は何を意味するか
    人工知能(AI)モデルが、人間の感情理解力を測るテストで人間並み、時に上回る成績を収めたことが分かった。ただ、訓練データにそうしたタスクが含まれていた可能性も否定できず、大規模言語モデルが「人のように」考えているわけではない。 by Rhiannon Williams2024.5.22
  8. Tech workers should shine a light on the industry’s secretive work with the military
    主張:クラウド・AIの軍事利用、今こそテック企業内部から声を
    イスラエルのガザ地区への攻撃に、多くの米国テック企業のテクノロジーが使われている。グーグルなどのテック企業の従業員は、内部から声を上げるべきだ。 by William Fitzgerald2024.5.20
  9. OpenAI and Google are launching supercharged AI assistants. Here's how you can try them out.
    さよならAlexa、オープンAIとグーグルのAIアシスタントが超進化
    グーグルとオープンAIが今週、それぞれ新しいAIアシストタントを発表した。SiriやAlexa(アレクサ)のようなツールからの飛躍的な進歩となる。 by James O'Donnell2024.5.17
  10. What to expect at Google I/O
    生成AI、グーグルの次の一手は? 「I/O」で発表しそうなこと
    グーグルは、真新しい多くの人工知能(AI)機能を発表し、あらゆる事業でAIの埋め込みをさらに進めるだろう。だが、検索結果などで間違った答えを堂々と提示する「ハルシネーション(幻覚)」の問題を解決している可能性は低い。 by Melissa Heikkilä2024.5.15
  11. Google's Astra is its first AI-for-everything agent
    グーグルが「Astra」発表、AIアシスタントからエージェントへ
    グーグルはAIエージェント「Astra(アストラ)」を発表した。今年後半にリリースされる予定で、AIアシスタントはユーザーの日常生活をサポートするエージェントに進歩する。 by Melissa Heikkilä2024.5.15
  12. OpenAI’s new GPT-4o model lets people interact using voice or video in the same model
    オープンAIが新モデル「GPT-4o」、音声や映像を統合
    オープンAIは、新しいAIモデル「GPT-4o」を発表した。音声や映像を統合し、応答を高速化。無料版ユーザーにも提供する。 by James O'Donnell2024.5.14
  13. AI systems are getting better at tricking us
    予測できない「AIの欺瞞」、機械がたどり着いた不可解な行動の理由
    人工知能(AI)がさまざまなケースで、人間が訓練したわけでもないのに、「欺瞞」を実行することをまとめた研究が発表された。しかしAIは決して、人間を欺こうとしているわけではない。人間が設定した目標を、より上手く達成しようとしているだけなのだ。by Rhiannon Williams2024.5.14
  14. The robot race is fueling a fight for training data
    生成AIが席捲する中、次なる目標として知的ロボットの実現への関心が高まっている。実現には大量の実世界のデータが必要だ。企業や研究者たちはより多くの訓練用データを手に入れようと躍起になっている。 by James O'Donnell2024.5.13
  15. Google DeepMind’s new AlphaFold can model a much larger slice of biological life
    グーグル、AlphaFold 3を発表 生命分子の構造を予測
    グーグル・ディープマインドは、DNAやRNAなどの生命分子の構造と相互作用を予測できるAIモデル「AlphaFold 3」を発表した。創薬および研究分野におけるAIの利用をさらに推進する。 by James O'Donnell2024.5.10
  16. The way whales communicate is closer to human language than we realized
    クジラの言語構造、想像以上に人間の言語に近かった
    マッコウクジラは「コーダ」と呼ばれる短いクリック音のシステムを用いて仲間内でコミュニケーションをとることが知られている。MITの研究チームは、統計モデルを用いた分析で、コーダによるやり取りが文脈に応じて構造化されていることを明らかにした。by Rhiannon Williams2024.5.9
  17. Video: MITTR Emerging Technology Nite #28
    「自動運転2.0」アーカイブ配信(チューリング 青木俊介CTO)
    生成AIは停滞する自動運転業界の突破口になるのか。MITテクノロジーレビューが4月24日に開催したイベントのアーカイブ動画を、有料会員限定で特別配信する。 by MIT Technology Review Event Producer2024.5.8
  18. My deepfake shows how valuable our data is in the age of AI
    故人のSNSもAI訓練に?「球切れ」で過熱するデータ争奪戦
    生成AIブームによってデータ争奪戦が激しさを増している。ネットから無料で収集できる訓練データが枯渇しつつある今、テック企業は新たな金鉱を探している。 by Melissa Heikkilä2024.5.8
  19. Sam Altman says helpful agents are poised to become AI’s killer function
    サム・アルトマンが語ったスマホ超えAIツールの姿「人生を完全に把握」
    MITテクノロジーレビューの取材に応じたオープンAIのサム・アルトマンCEOは、あらゆる面で個人を支援するAIのビジョンを語った。アルトマンCEOが「超優秀な同僚」と表現するAIは、スマホ以上に日常生活に深く組み込まれるようになるという。 by James O'Donnell2024.5.8
  20. An AI startup made a hyperrealistic deepfake of me that’s so good it’s scary
    英国のユニコーン企業が提供する、最新の生成AI技術でアバター動画を作成するサービスを本誌記者が体験。記者が書いたニュースを読み上げてもらった。現実と区別がつかないほどのリアルな生成動画は、社会の混乱を招きかねない。 by Melissa Heikkilä2024.5.7
  21. Three things we learned about AI from EmTech Digital London
    AIアバターやエージェント、EmTechで印象に残ったこと3つ
    MITテクノロジーレビューが4月にロンドンで開催したカンファレンスでは、より優れたAIアバターやAIエージェントなど、AIの今後の展開に関する知見が得られた。 by Melissa Heikkilä2024.5.2
  22. Here’s the defense tech at the center of US aid to Israel, Ukraine, and Taiwan
    解説:米国がイスラエル、ウクライナ、台湾に提供する防衛技術はこれだ
    イスラエルやウクライナ、台湾への軍事支援を含む950億ドルの包括的支援計画が米国議会で可決された。今回の支援において重要になる4つの軍事技術について専門家が解説する。by James O'Donnell2024.5.2
  23. Chatbot answers are all made up. This new tool helps you figure out which ones to trust.
    AIチャットボット向け「うそ発見器」、LLMの幻覚見抜く
    チャットGPTのような大規模言語モデルを企業で利用する際に問題となるのが、ハルシネーション(幻覚)だ。MIT発のスタートアップは、モデルの回答がどの程度信頼できるかを示すツールを開発した。 by Will Douglas Heaven2024.5.1
アーカイブ
フォローしてください重要なテクノロジーとイノベーションのニュースをSNSやメールで受け取る