KADOKAWA Technology Review
×
エリン・ウィニック 376 Stories
プロフィールを見る
  1. ビジネス・インパクト
    ロケット丸ごと3Dプリント
    異色の宇宙ベンチャー
    レラティビティが見る未来
    宇宙航空業界のスタートアップ企業、レラティビティ・スペースはロケットのほぼすべてを3Dプリントで製造しようとしている。業界内での評価は割れているが、多額の資金と優秀な人材を獲得した2人の創業者は、誰よりも早く未来を実現しようと邁進している。 Erin Winick11カ月前
  2. コネクティビティ
    衛星インターネット激戦区
    アラスカが注目される理由
    ソフトバンクが出資する「ワンウェブ」や、スペースXなど、低高度軌道衛星(LEO)を使ったインターネット接続の提供を計画する企業の動きが活発化している。各社が最初に狙うのが、アラスカだ。人口は少ないが裕福な州で、地政学的にも見逃せないアラスカであれば、それなりの収益が見込めるとの思惑がある。 Erin Winick12カ月前
  3. ビジネス・インパクト
    双子の宇宙飛行士のおかげで、人類は初めて、長期間の宇宙滞在で人体がどのように反応するのかを解明するデータを手に入れた。 Erin Winick12カ月前
  4. ビジネス・インパクト
    宇宙新時代の新しい仕事
    「宇宙のお天気お姉さん」
    地球物理学と宇宙空間プラズマ物理学の博士号を持つスコフ博士は、太陽風や太陽フレア、地磁気嵐などについてインターネット上で説明する「宇宙のお天気お姉さん」だ。太陽活動の影響を受ける消費者向け技術が増えている現在、こうした現象をわかりやすく説明する「宇宙天気予報士」のニーズは今後、高まるかもしれない。 Erin Winick13カ月前
  5. ビジネス・インパクト
    3Dプリントで打ち上げ革命
    ロケット・ラボCEOに聞く
    数多ある宇宙ベンチャーの中でも、小型人工衛星の打ち上げを手がけるロケット・ラボはユニークな存在だ。3Dプリントを活用したロケットの製造を手がけるピーター・ベックCEOに話を聞いた。 Erin Winick14カ月前
  6. 矮小銀河のブラックホール、予想よりもずっと軽いことが判明
    天文学者は、矮小銀河NGC 4395の中心にあるブラックホールの質量が、これまでの研究者の予測のわずか40分の1しかないことを発見した。 Erin Winick14カ月前
  7. 1泊3万5000ドル、NASAがISSの商業利用受け入れへ
    国際宇宙ステーション(ISS)は今後、商業利用に重点を置くことになる。 Erin Winick14カ月前
  8. NASA、月へ物資を輸送する民間企業3社を選定
    米国航空宇宙局(NASA)は6月1日、「商業月面物資輸送サービス(CLPS:Commercial Lunar Payload Services)」プログラムの一環として、NASAの機器や実験装置を月面に輸送する3社を選定したことを発表した。最初の会社は早ければ来年には月面に着陸する予定だ。 Erin Winick15カ月前
  9. ビジネス・インパクト
    太陽系外惑星に生命は存在するか?MITの「形状可変鏡」年内試験へ
    マサチューセッツ工科大学(MIT)は、形状可変鏡と呼ばれる特殊な鏡を搭載した小型人工衛星を打ち上げ、年内にテストを実施する予定だ。鏡面をアクティブに調整することで星のよりシャープな画像が得られる形状可変鏡は、将来の人工衛星による太陽系外惑星の光学観測や太陽系外の生命体の探索に役立ちそうだ。 Erin Winick15カ月前
  10. スペースX、インターネット衛星60基を打ち上げ
    衛星インターネットの競争が過熱している。スペースXは、同社のインターネット・コンステレーション(衛星群)である「スターリンク(Starlink)」を構成する最初の人工衛星60基を打ち上げた。 Erin Winick15カ月前
  11. ビジネス・インパクト
    アポロ計画から50年
    月軌道ランデブーを支えた
    技術者は今もNASAにいた
    月面から離陸した探査機を月周回軌道上の宇宙船にドッキングさせることは、宇宙飛行士の地球帰還の成否を握る極めて重要なプロセスだった。アポロ計画に携わり、50年経ったいまもNASAで働くある技術者の物語。 Erin Winick15カ月前
  12. NASAとヴァージン、ロケットエンジン部品を3Dプリントで製造
    小型衛星打ち上げ事業を手がけるヴァージン・オービット(Virgin Orbit)と米国航空宇宙局(NASA)は、複数の材料を使って3Dプリントで製造された燃焼室の点火実験に成功した。 Erin Winick15カ月前
  13. コネクティビティ
    セレブたちがメットガラで披露した、美しき3Dプリンター製ドレス
    セレブたちが集う有名フェッション・イベント「メットガラ」で、3Dプリントで製作したドレスが披露された。モデルのジャーダン・ダンが着用した衣装はおよそ14キロ。製作には1100時間以上を費やしたという。 Erin Winick15カ月前
  14. ジェフ・ベゾス、月着陸船「ブルー・ムーン」を披露
    航空宇宙企業ブルー・オリジン(Blue Origin)のジェフ・ベゾス創業者(アマゾンCEO)は、ワシントンDCで5月9日に開催したプライベート・イベントで、新型ロケットとエンジン、それに月着陸船の詳細を明らかにした。 Erin Winick15カ月前
  15. ビジネス・インパクト
    小惑星が地球に衝突しそうになったらどうする?NASAなど模擬訓練
    小惑星が地球に衝突する確率が100分の1を超えたらどう対応すべきか? 研究者や政府機関担当者らが一堂に会する国際会議で議論が進められている。想定シナリオに沿って模擬訓練を実施し、不測の事態に備える。 Erin Winick16カ月前
  16. ISSで電源トラブル、スペースXの補給ミッションに遅れ
    幸いなことに、乗組員に危険が差し迫っているわけではない。しかし部分的な電源損失は、約2.5トンの実験機材や物資を搭載したスペースXの補給ミッション開始延期を意味する。 Erin Winick16カ月前
  17. 巨大衝突による月の誕生に新説、地球はマグマで覆われていた?
    月がどのように作られたのかについては、いくつかの説がある。一番有力だとされているのは、地球が「テイア(Theia)」という大きな天体にぶつかった時に月が作られたという巨大衝突説である。テイアが地球にぶつかった時の衝撃によって大量の破片が軌道上に放り出され、最終的にこれらの破片が合体して月を作ったというのだ。 Erin Winick16カ月前
  18. ビジネス・インパクト
    3Dプリント製「火星の家」の住み心地は? NASA主催コンペ決勝へ
    2015年から実施されているNASAの宇宙基地設計コンペは、ついに2チームによる決勝戦を残すのみとなった。同コンペでは、再生利用可能な材料と、目的地に存在する資源だけを使って、3Dプリンターで有人ミッションを支援する建造物を作るという困難な課題に各チームが挑んでいる。 Erin Winick16カ月前
  19. スペースXのエンジン試験でトラブル、米有人飛行計画に影響か
    スペースXの無人宇宙船の試験失敗が意味することは、おそらく宇宙飛行士はしばらくの間、米国本土から宇宙へ向かうことはないということだ。 Erin Winick16カ月前
  20. 3Dプリンターで宇宙を目指すレラティビティ、大口顧客を獲得
    レラティビティ・スペース(Relativity Space)が、新しいインターネット接続向け衛星コンステレーションの一部となる人工衛星の打ち上げ契約を受注した。 Erin Winick16カ月前
  21. 太陽系外から恒星間天体が5年前にも飛来、大気圏で焼失か?
    米国航空宇宙局(NASA)の地球近傍天体データベースを調査していた研究者は、5年前に南太平洋上空の大気圏で燃え尽きた隕石を発見した。 Erin Winick16カ月前
  22. 土星の衛星タイタンに深い湖、カッシーニ探査機のデータから判明
    米航空宇宙局(NASA)の土星探査機「カッシーニ(Cassini)」の観測データにより、土星の最大の衛星タイタンにメタンで満たされた小さく深い湖がいくつかあることが明らかになった。 Erin Winick16カ月前
  23. コネクティビティ
    かつてNASAには大型コンピューターが出した計算結果を検算する「RTACF」と呼ばれる施設があった。現在は医師として働くRTACFの最後の職員デニス・セイガーに当時を振り返ってもらった。 Erin Winick16カ月前
  24. イスラエル探査機が月面着陸に失敗、「最後の写真」公開
    4月11日の夜、イスラエルの民間団体スペースIL(SpaceIL)は、月への着陸を試みていた月面探査機「ベレシート(Beresheet)」の制御を失ったと発表した。ベレシートは2019年2月21日に、スペースXのロケット「ファルコン9(Falcon  9)」で打ち上げられた。楕円軌道を描きながら月の軌道内に到達し、月の周りを回りながら着陸の機会を伺っていた。 Erin Winick16カ月前
  25. コネクティビティ
    ボーイング製宇宙船に初搭乗
    NASA宇宙飛行士が語った
    ミッションへの思い
    商用有人宇宙船の初の打ち上げが近づいている。最後の飛行から8年半、ボーイングのスターライナーに乗って再び宇宙を目指すNASAのベテラン宇宙飛行士、エドワード・マイケル・フィンクに話を聞いた。 Erin Winick16カ月前
  26. コネクティビティ
    これが「ブラックホール」だ!国際チームが初の撮影に成功
    「イベント・ホライズン・テレスコープ(EHT)」プロジェクトの科学者らは4月10日、地球規模の開口合成望遠鏡を用いて観測したブラックホールの画像を発表した。天文学者らはこれまでさまざまな手法でブラックホールの存在を確認し、特性を調べてきたが、見えない天体の直接の観測に成功したのはこれが初めてだ。 Erin Winick16カ月前
  27. 標準化で設計不要に、ロケットラボが小型衛星を販売へ
    人工衛星打ち上げ企業であるロケットラボ(Rocket Lab)は、ロケットだけでなく人工衛星も顧客に提供すると発表した。 Erin Winick16カ月前
  28. コネクティビティ
    激しい太陽活動に伴って発生する荷電粒子や電磁波の「嵐」は、地球軌道上の人工衛星や地上の送電網などに大きな影響を及ぼす恐れがある。欧州宇宙機関(ESA)は、太陽嵐の地球への到達に対して早期に警報を出すべく、地球と太陽の5番目のラグランジュ点「L5」に観測機を打ち上げるミッションを計画している。 Erin Winick16カ月前
  29. NASAの「火星ヘリコプター」 地球上での試験を完了
    このヘリコプターは来年、火星に飛び立つ予定だ。 Erin Winick16カ月前
  30. 「5年以内」に再び月面に宇宙飛行士を派遣、米副大統領が宣言
    5年以内に人類を再び月面に送り込む——。米国のマイク・ペンス副大統領が、こんな課題を航空宇宙局(NASA)に突きつけた。 Erin Winick17カ月前
  31. コネクティビティ
    はやぶさ2の探査結果が続々
    原始地球の謎解明も
    日本の惑星探査機「はやぶさ2」による、小惑星「リュウグウ」の探査ミッションの初期結果が報告され始めた。リュウグウについての研究は、宇宙に存在する小惑星についてだけでなく、原始地球やそこで発生した生命についての知見も与えてくれるだろう。 Erin Winick17カ月前
  32. 宇宙飛行士2人が船外活動、国際宇宙ステーションのバッテリーを交換
    国際宇宙ステーション(ISS)のバッテリーも、たまにはアップグレードする必要がある。 Erin Winick17カ月前
  33. 宇宙開発向けドローン、地図・GPS不要で洞窟を自動探査
    ライダー(LIDER:レーザーによる画像検出・測距)を備えたドローンが、宇宙開発に適用可能な手法を用いて、アイスランドにある溶岩洞の地図をほんの数分で作成した。 Erin Winick17カ月前
  34. コネクティビティ
    アポロ11乗組員が月に残した人類初の「足跡」、影の立役者の物語
    今年7月に迎えるアポロ11号の月面着陸50周年に向け、MITテクノロジーレビューでは月面着陸を実現した人々のエピソードを紹介していく。初回は、あの象徴的な写真を撮影するきっかけとなった月の土壌のエキスパート、デヴィッド・キャリアのストーリーだ。 Erin Winick17カ月前
  35. 2つの銀河の衝突をハッブル宇宙望遠鏡が捉えた新画像
    このペアは、地球から約2億3000万年光年離れたところにある。 Erin Winick17カ月前
  36. 知性を宿す機械
    枝にとまって「休憩」、イェール大が作ったコウモリ型ドローン
    まるでコウモリのように木の枝を掴んで一時停止できるドローンをイェール大学の研究者チームが開発した。グリッパーを装備しており、ドローンを高い位置に待機させた長時間の観測などが可能になるという。 Erin Winick17カ月前
  37. NASA、オリオン宇宙船は民間ロケットで打ち上げか?
    宇宙船「オリオン(Orion)」を大型ロケットの「スペース・ローンチ・システム(Space Launch System:SLS)」に搭載し、月周回飛行に向けて打ち上げるという米航空宇宙局(NASA)の長きにわたる計画が、見直されようとしている。 Erin Winick17カ月前
  38. NASAの2020年度予算案は減額、「月に集中」鮮明に
    3月11日に発表された米国の2020会計年度(2019年10月〜2020年9月)の予算教書で、米国航空宇宙局(NASA)の予算はおよそ5億ドル減額された。その中身を見てみると、月にいっそう重点を置く方針が鮮明だ。 Erin Winick17カ月前
  39. トヨタ、「1万キロ走れる月面車」開発へ——JAXAと共同で
    日本人による有人月面探査を実現するため、月面を1万キロメートル以上走行できる探査車の開発が始まる。 Erin Winick17カ月前
  40. おかえりクルー・ドラゴン、スペースXの有人宇宙船が着水に成功
    スペースXの「クルー・ドラゴン」は、国際宇宙ステーション(ISS)への無人飛行を遂げた後、地球に無事帰還した。 Erin Winick17カ月前
  41. コネクティビティ
    宇宙探査に何世紀も前から使われている動力である「蒸気力」を使おうとするプロジェクトが進んでいる。小惑星の表面の氷から採取した水を蒸気にして推進力を得る探査機は、推進剤を使い果たす心配がなく、宇宙空間でのミッションをいつまでも続けられるはずだ。 Erin Winick17カ月前
  42. 中国、次の目標「火星」へ向けシミュレーション施設を開設
    その施設は、地球上で最も乾燥している場所の1つである中国西部のツァイダム盆地にある。 Erin Winick17カ月前
  43. コネクティビティ
    火星の生命体探査に一役? チリの砂漠でデッドゾーンを発見
    米国航空宇宙局(NASA)の火星探査車「マーズ2020ローバーミッション」の調査計画作りに役立てるために、火星表面の環境に似たチリのアタカマ砂漠で、火星での生命体探索を模した調査が実施された。その結果、こうした環境では生命体は非常にまばらであり、火星の表面をやみくもに掘っても、生命体を発見できる可能性が低いことが示された。 Erin Winick18カ月前
  44. コネクティビティ
    もっと遠く、もっと速く人類を宇宙に運ぶには何が必要なのか?
    ボイジャー2号の歴史的ミッション達成の裏には、40年間に渡る活動を支えた原子力エンジンの存在があった。だが、さらなる宇宙探査の実現にはエンジンのイノベーションが必要だ。 Erin Winick18カ月前
  45. スペースX、有人宇宙船「クルー・ドラゴン」の打ち上げに成功
    スペースXの有人宇宙船「クルー・ドラゴン」は、ケネディ宇宙センターから打ち上げられ、現在、国際宇宙ステーション(ISS)に向かって飛行中だ。 Erin Winick18カ月前
  46. NASA探査機が捉えた冥王星クレーター写真が解き明かす、カイパーベルトの謎
    米航空宇宙局(NASA)の無人探査機「ニューホライズンズ(New Horizons )」がとらえた冥王星と、その衛星カロンの写真から、カイパーベルト(Kuiper Belt)の謎が解かれつつある。 Erin Winick18カ月前
  47. スペースX、まもなく「人形」搭載の有人宇宙船を初打ち上げへ
    民間航空宇宙会社スペースXは、初めてクルー・モジュールを搭載したテスト飛行を間もなく実施する。国際宇宙ステーション(ISS)に宇宙飛行士を送り込むため、ダミー人形がやってくるというわけだ。 Erin Winick18カ月前
  48. ソフトバンク出資のワンウェブ、初のネット衛星を打ち上げ
    ワンウェブ(OneWeb)が計画する、650基からなる衛星コンステレーションの最初の6基が、何度かの延期を経て2月27日(米国東部標準時)に打ち上げられた。 Erin Winick18カ月前
  49. イスラエル初の月面探査機、打ち上げに成功
    イスラエルの宇宙船が2月21日、スペースXのロケットであるファルコン9(Falcon  9)によって無事打ち上げられた。 Erin Winick18カ月前
  50. コネクティビティ
    「民間初」の月面着陸目指す
    イスラエル探査機が打ち上げ
    イスラエルの民間団体であるスペースILが開発した月面探査機「ベレシート」が、2月21日にスペースXのファルコン9ロケットで打ち上げられた。計画通りに事が運べば、4月11日にも月面に軟着陸する。もし、ベレシートの月面軟着陸が成功すれば、民間団体としては初の快挙であり、国としては米国、ロシア、中国に続く4番目となる。 Erin Winick18カ月前
フォローしてください重要なテクノロジーとイノベーションのニュースをSNSやメールで受け取る