1. 生命の再定義
    米国の遺伝子検査企業23アンドミー(23andMe)が、2型糖尿病リスクを判定する新たな遺伝子検査を開始した。専門家からは検査の正確性に疑問が投げかけられ、「体重計のほうが3倍は正確」との声も上がっている。 Antonio Regalado5カ月前
  2. 生命の再定義
    遺伝子情報に基づく適確医療に対する世間の注目が集まっているが、当初に期待したほどの成果をまだ挙げられていないことも確かだ。舌鋒鋭い批判で知られる腫瘍専門医のビナイ・プラサド准教授によれば、個別の遺伝子治療の利点が誇張されることで、公衆の誤解を招き、ひいては患者の不利益になっているという。 Stephen S. Hall10カ月前
  3. 生命の再定義
    大流行のDNA検査サービス、企業が本当に売りたいものはこれだ
    米国で消費者直販型の遺伝子検査サービスが流行している。だが、こうしたサービスは科学的根拠が薄いことに加えて、検査結果にかこつけて様々な商品を買わせようとすることが多い。サービス利用者の遺伝子データを蓄積し、研究者に売って儲けようとしているかもしれない。 Emily Mullin16カ月前
  4. 生命の再定義
    消費者直販型の遺伝子系図検査を利用する人の数が米国で急増している。業界トップ企業がテレビCMなどに投じる広告費は年間1億ドルを超え、DNA検査は今や、一大ブームの様相を呈している。 Antonio Regalado2年前
  5. 生命の再定義
    ブロックチェーンで遺伝子データを売買、ハーバード大教授の狙い
    ハーバード大学の著名な遺伝学者が遺伝子解析企業を創業した。遺伝子データをブロックチェーンを通じて製薬会社や研究機関に共有し、データ所有者が暗号通貨を得られるサービスを提供するという。 Emily Mullin2年前
  6. 生命の再定義
    肥満と遺伝はどう関係?23アンドミーが研究参加者を募集中
    23アンドミーが、遺伝子と肥満の関係を調べるために10万人の研究参加者を募集している。興味深い取り組みだが、適切なアドバイスを参加者にできるかどうかはわからない。 Antonio Regalado2年前
  7. コネクティビティ
    2017年に買ってあげたいガジェットをMITテクノロジーレビューがセレクトしてみた。 MIT Technology Review Editors2年前
  8. 生命の再定義
    カジュアル化する遺伝子検査
    どこまで規制されるべきか?
    日本でも広告をよく見かけるようになった直販型の遺伝子検査を巡って、米国で議論が起きている。9月にはフットボールの試合会場で無料のDNA鑑定をばら撒こうとした企業に、メリーランド州から待ったがかかった。規制当局の判断が揺れるなか、線引きが難しくなっている。 Emily Mullin2年前
  9. 生命の再定義
    FDA、個人向けのDNA検査の通知を条件付きで解禁
    FDAは、遺伝子検査会社の23andMeに対して、遺伝子検査の結果を個人に直接知らせることを認めると発表した。治療内容を決めるには雑な検査だったため、2013年に販売禁止が命じられていた。 Emily Mullin2年前
  10. 生命の再定義
    大規模DNAデータベースで
    うつ病遺伝子発見
    コンピューターによる大規模な遺伝子検索により、うつ病患者に特有の遺伝子が発見された。 Antonio Regalado3年前