1. 知性を宿す機械
    スタンフォード大学のフェイ・フェイ・リー教授らのチームは、スマートフォン・ユーザーの顔や声を認識する機械学習アルゴリズムを用いることで、うつ病の兆候を検出できるソフトウェアを開発した。どこにいても、コストをかけずに精神疾患の診断ができるようになるかもしれない。 Will Knight8カ月前
  2. コネクティビティ
    スマホ操作でメンタル診断
    うつ病の「謎」に迫る
    米スタートアップ企業
    米国国立精神衛生研究所(NIMH)の元所長を含む3人の医師が設立したスタートアップが、文字入力やスワイプ、タップと言ったスマホの日常的な操作からユーザーのメンタル・ヘルスに関する情報を得るためのスマホアプリを開発した。ユーザーの日常生活に支障をきたすことなく、長期間にわたる観察が可能になることで、うつ病の早期発見などに効果を発揮する可能性がある。 Rachel Metz11カ月前
  3. 知性を宿す機械
    うつ病に治療法の効果異なる4分類、機械学習で判明
    「うつ病」とひとくくりにされる症状に、4つのサブカテゴリーがあることが機械学習でわかった。診断精度は75%で、臨床的に効果を証明できる治療法までは提示できていないが、多くの科学者が機械学習で医療研究を進めている。 Jamie Condliffe2年前
  4. 生命の再定義
    研究者は、機械学習でスマホの音声パターンを検出し、心的外傷後ストレス障害(PTSD)や心臓病の兆候を見つけようとしている。 Emily Mullin3年前
  5. 知性を宿す機械
    インスタグラムで
    誰がうつ病か発見する方法
    メンタルヘルスはソーシャルメディアに投稿する写真に反映されており、インスタグラムの投稿を機械で分析するとうつ病の人を特定できる、という研究が発表された。 Emerging Technology from the arXiv3年前
  6. 生命の再定義
    大規模DNAデータベースで
    うつ病遺伝子発見
    コンピューターによる大規模な遺伝子検索により、うつ病患者に特有の遺伝子が発見された。 Antonio Regalado3年前