1. 生命の再定義
    遺伝子組換え蛾がニューヨークのキャベツ畑に間もなく現れる
    個体を死に至らせる遺伝子操作をした蛾を野外に放つ実験に米国当局の許可がおりた。環境や人間に害を及ぼすとは考えにくいとしているが、農業における遺伝子組換えの広範な使用に対して関心と不安が高まっている。 Emily Mullin4年前
  2. ビジネス・インパクト
    デジタル・エコノミーのビッグファイブである、アップル、アルファベット、マイクロソフト、アマゾン、フェイスブックによる「寡占的」な市場支配は経済成長の停滞を招いたとの見方がある。ビッグファイブの支配力が一層強まっていく中、私たちになすすべはないのだろうか?James Surowiecki4年前
  3. 生命の再定義
    植物に病原菌や干ばつ耐性を与えられるRNA粘土シートを開発
    ナノサイズの粘土シートに注入したRNAを使えば、遺伝子組換え作物を最初から開発するよりもずっと早く、さまざまな特性を食物に付けられるかもしれない。 Jamie Condliffe5年前
  4. 知性を宿す機械
    自動運転の乗っ取り、暴走は
    「治安問題」とメーカー幹部
    自動車業界は、悪性ソフトウェアによって、情報化が進む自動車が走行情報を漏えいさせたり、偽のナビゲーション情報を表示したり、ロックされて金銭を脅し取られたりしないように協力する必要がある。 Will Knight5年前
  5. 知性を宿す機械
    テスラの成功要因は
    戦略的制限速度オーバー
    イーロン・マスクは、自動車産業のイノベーションを加速させる大ばくちを打っている。 Will Knight5年前
  6. 知性を宿す機械
    自動運転は
    キャズムを超えるか?
    数年前まで動けばマシのプロトタイプに過ぎなかった自動運転車に、自動車メーカーの幹部が慌てている。 Michael Reilly5年前