1. 持続可能エネルギー
    温室効果ガス削減と聞くと火力発電所の置き換えに関心が向かいがちだ。だが、火力発電所以外にも、航空、海運、セメント製造・製鉄などの多量の温室効果ガスを排出している産業分野がある。しかもこれらの分野の多くで、決め手となる対策がない。 James Temple5年前
  2. ビジネス・インパクト
    米総合物流最大手であり、米国最大の宅配便業者でもあるUPSは、最先端のテクノロジーを導入する「EDGE」プロジェクトを進めている。配送ミスを極限まで減らし、効率化を徹底することで、アマゾンとの全面対決に備える考えだ。 Elizabeth Woyke5年前
  3. ビジネス・インパクト
    世界最大の海運企業マースク、ブロックチェーンで貨物を追跡中
    ブロックチェーンでコンテナ輸送の書類仕事を簡素にできないか、世界最大の海運企業マースクがIBMと協業で実証している。IBMはさまざまな業種でブロックチェーンの導入を進めており、ブロックチェーンのビットコイン以外の活用例が広がっている。 Jamie Condliffe6年前
  4. ビジネス・インパクト
    アマゾン、自前の陸海空の運輸事業を本格化
    超巨大な社内システムの運用ノウハウをAWSとして外販したように、アマゾンは陸海空の運事業まで外販しようとしている。空輸用の拠点新設や、海運事業の管理は複雑で費用もかかるが、最終的には10億ドル以上の節約になる、価値の高い事業だ。 Jamie Condliffe6年前
  5. ビジネス・インパクト
    ウーバーとアマゾン
    世界の運輸業界に殴り込み
    食品配達でも貨物輸送でも、巨大テック企業は保守的な運輸業界のどの企業よりも貨物の運搬を改善するだろう。 Jamie Condliffe6年前
  6. 知性を宿す機械
    ロボット船団、出航準備中
    貨物船にスマホ型革命
    運河での人の運搬から外洋での漁場調査まで、自律航行船が海に革命を起こそうとしている。 Jamie Condliffe6年前