1. 知性を宿す機械
    BAT3社が支配、中国AI産業が抱える「圧倒的弱点」
    近年、躍進が著しい中国のAI産業は、バイドゥ、アリババ、テンセントのテック大手3社に大きく依存している。この3社の持つ専門技術と資金力が2030年までに世界一のAI大国になるという中国の野望を支えている一方で、基礎技術を軽視した投資によって、AI産業の成長が頭打ちになる可能性もある。 Karen Hao8カ月前
  2. 知性を宿す機械
    中国政府がAIに力を入れているのは、自国の企業に競争力を与えることだけが目的ではないようだ。中国は、米国がインターネットの標準化で世界をリードしてきたように、AIの標準化を進めて世界をリードしようとしている。 Will Knight2年前
  3. ビジネス・インパクト
    もはや「現金はいらない」とまで言われる、急激なキャッシュレス化が進む中国。中国のスマホ決済で4割のシェアを占めるウィーチャット(WeChat)はグローバル市場を攻略しようとしているが、いまのところ大きな成功は得られていない。 Emily Parker2年前
  4. ビジネス・インパクト
    AI研究で存在感を増す中国企業、米国進出の理由
    日本ではなじみのないテンセントは、8億8900万人が利用する「WeChat」を運営する中国の大手テック企業だ。豊富な資金とビッグデータを武器に、人工知能の分野での存在感を急速に高めている。 Will Knight2年前
  5. 知性を宿す機械
    人工知能分野への投資で、中国企業が米国を追い越す勢い
    中国では、大手インターネット企業もベンチャー企業も、AI分野に資金を投じている。 Jamie Condliffe3年前
  6. 知性を宿す機械
    米国政府も警戒する人工知能で進む中国企業のイノベーション
    WeChatや、ゲーム、娯楽コンテンツを提供する中国のネット企業大手テンセントは、強力なAI研究所の構築を決心した。 Will Knight3年前