KADOKAWA Technology Review
×
ひと月あたり1000円で購読できる春のキャンペーン実施中!
「地下」がテーマのDARPAロボコン、優勝に必要な要素はこれだ
Iswanto Arif / Unsplash
ニュース 無料会員限定
Three robot advances that’ll be needed for DARPA’s new underground challenge

「地下」がテーマのDARPAロボコン、優勝に必要な要素はこれだ

米国防総省の研究機関であるDARPAが、「地下」でのロボットコンテストを発表した。厳しい環境下で成果を出せれば、ロボットの新たな進化を加速できる可能性がある。 by Will Knight2018.10.02

米国国防高等研究計画局(DARPA)は9月下旬、ロボットの設計や制御の限界を打破するための競技大会を発表した。

DARPAが「サブタレイニアン・チャレンジ(Subterranean Challenge:地下チャレンジ)」と名付けたこの競技大会では、網の目のような洞窟や、地下壕のような「都市環境」、迷路のような狭いトンネルという3つの異なる環境でロボットが対象物を巧みに動かす必要がある。ロボットは遠隔操作されるが、ある程度の高度な自律的な技術も必要だ。通信が不安定で、センサーを使うには厳しい状況でも、未知の環境を素早くマッピングして探索する必要がある。

参加チームは多くの異なるタイプのロボットを好きなだけ使用できる。ただし、その場合は通信や調整が非常に複雑になるだろう。DARPAのプログラム・マネージャーであるティモシー・チャン博士は9月27日のイベントで次のように述べている。「泳ぎは得意だけれど、走ったり自転車を漕いだりするのが苦手な人がいたとします。一方で、走るのが得意な人や自転車を漕ぐのが得意な人がいます。これらを1つにまとめることが、今回の競技大会の3種目すべてをクリアし、ゴールを決める方法です」。

これまでのDARPAプロジェクトは、重要な技術分野における進歩の加速化にある程度成功を収めてきた。DARPAの「グランド・チャレンジ」および「アーバン・チャレンジ」 は、ともに自動運転車両技術を進化させ …

こちらは会員限定の記事です。
メールアドレスの登録で続きを読めます。
有料会員にはメリットがいっぱい!
  1. 毎月120本以上更新されるオリジナル記事で、人工知能から遺伝子療法まで、先端テクノロジーの最新動向がわかる。
  2. オリジナル記事をテーマ別に再構成したPDFファイル「eムック」を毎月配信。
    重要テーマが押さえられる。
  3. 各分野のキーパーソンを招いたトークイベント、関連セミナーに優待価格でご招待。
【春割】実施中! ひと月あたり1,000円で読み放題
10 Breakthrough Technologies 2024

MITテクノロジーレビューは毎年、世界に真のインパクトを与える有望なテクノロジーを探している。本誌がいま最も重要だと考える進歩を紹介しよう。

記事一覧を見る
気候テック企業15 2023

MITテクノロジーレビューの「気候テック企業15」は、温室効果ガスの排出量を大幅に削減する、あるいは地球温暖化の脅威に対処できる可能性が高い有望な「気候テック企業」の年次リストである。

記事一覧を見る
フォローしてください重要なテクノロジーとイノベーションのニュースをSNSやメールで受け取る