KADOKAWA Technology Review
×
AIは規制するべき——米調査で明るみになった市民の意外な評価
Emil Bruckner/Unsplash
知性を宿す機械 無料会員限定
Americans want to regulate AI but don’t trust anyone to do it

AIは規制するべき——米調査で明るみになった市民の意外な評価

テック業界ではAIがあらゆる産業や人々の生活に利益をもたらすと信じられている。だが、米国の一般市民の評価は違うようだ。 by Karen Hao2019.02.01

2018年には人工知能(AI)に関わる重要な多くの問題が提起され、科学技術者や政策立案者、市民の関心を呼ぶこととなった。AIテクノロジーが多くの分野に望ましい進歩をもたらす一方で、粗雑な設計や不用意な利用は破滅的な失敗につながる可能性もある。

AIの継続的な発展に対しては支持と不支持が混在し、AIの規制に関しては圧倒的多数が同意する——。オックスフォード大学のAIガバナンス・センター(Center for the Governance of AI)と「人類の未来研究所(Future of Humanity Institute)」がこのほど発表した新たな調査結果は、決して驚くべきものではない。

報告書の共同執筆者でAIガバナンス・センターのアラン・デフォー所長は、AIの進歩と規制の方法について政策立案者や科学技術者が議論するうえで、今回の調査結果が重要な教訓になると話す。「現在のところ、高度なAIの発展に対する支持や、AIが人類にとって良いものになるというコンセンサスはありません。このよ …

こちらは会員限定の記事です。
メールアドレスの登録で続きを読めます。
有料会員にはメリットがいっぱい!
  1. 毎月120本以上更新されるオリジナル記事で、人工知能から遺伝子療法まで、先端テクノロジーの最新動向がわかる。
  2. オリジナル記事をテーマ別に再構成したPDFファイル「eムック」を毎月配信。
    重要テーマが押さえられる。
  3. 各分野のキーパーソンを招いたトークイベント、関連セミナーに優待価格でご招待。
こちらは有料会員限定の記事です。
有料会員になると制限なしにご利用いただけます。
有料会員にはメリットがいっぱい!
  1. 毎月120本以上更新されるオリジナル記事で、人工知能から遺伝子療法まで、先端テクノロジーの最新動向がわかる。
  2. オリジナル記事をテーマ別に再構成したPDFファイル「eムック」を毎月配信。
    重要テーマが押さえられる。
  3. 各分野のキーパーソンを招いたトークイベント、関連セミナーに優待価格でご招待。
Innovators Under 35 Japan 2020

MITテクノロジーレビューが主催するグローバル・アワード「Innovators Under 35」が2020年、日本に上陸する。特定の分野や業界だけでなく、世界全体にとって重要かつ独創的なイノベーターを発信していく取り組みを紹介しよう。

記事一覧を見る
MITテクノロジーレビュー[日本版] Vol.2/Winter 2020
MITテクノロジーレビュー[日本版] Vol.2/Winter 2020SDGs Issue

今、世界中の企業や機関の技術者・研究者たちが各地で抱える社会課題を解決し、持続可能な世界の実現へ向けて取り組んでいる「SDGs(持続可能な開発目標)」。
気候変動や貧困といった地球規模の課題の解決策としての先端テクノロジーに焦点を当て、解決に挑む人々の活動や、日本企業がSDGsを経営にどう取り入れ、取り組むべきか、日本が国際社会から期待される役割について、専門家の提言を紹介します。

詳細を見る
フォローしてください重要なテクノロジーとイノベーションのニュースをSNSやメールで受け取る