ユビキタス

FDA E-mails Reveal Apple’s Long Game for Health Tech 情報公開請求でわかったアップルの長期的医療戦略

FDAとの密接なコミュニケーションは、アップルが医療機器の開発に多額の投資をしている一方で、その開発を急いでいないことを示している。 by Jamie Condliffe2016.11.30

アップルは、医療分野への関心を隠していない。しかし、アップルの幹部と米国食品医薬品局(FDA)との電子メールによって、アップルが個人用健康管理デバイスへの進出を計画していること、FDAとのやりとりを秘密にするよう細心の注意を払ってきたことが判明した。

情報公開法に基づく請求でMobiHealthNewsが入手した電子メールには、アップルが、過去3年にわたってFDAと定期的にコミュニケーションを取ってきたことが示されている。アップルとFDAの初会合があった2013年以前から、アップルは医療機器を開発しているはあった。

特に最近の電子メールは、アップルは、何らかの形で心臓をモニタリングする機器やパーキンソン病を診断するアプリを開発していることを示している。

アップルはすでに「ケアキット(CareKit)」フレームワークにより、パーキンソン病を管理するいくつかの方法に関わっている。アップルは、内蔵センサーで体の動作を測定し、マイクロフォンで声を分析し、画面上のテストで反応や機敏さを診断する、セージ・バイオネットワークス(Sage Bionetworks)とロチェスター大学のアプリを紹介済みだ

アップルのディビヤ・ナグ(LinkedInのプロフィールではアップルで特別な計画に関わっている)からFDAのデジタル・ヘルス部門のバクル・パテル副所長にあてた電子メールでは「パーキンソン病に関するテレヘルス(遠隔モニタリング)の使用事例と診断アプリについて話し合う」会合の手配 …

こちらは会員限定の記事です。
無料登録すると1カ月10本までご利用いただけます。
こちらは有料会員限定の記事です。
有料会員になると制限なしにご利用いただけます。