KADOKAWA Technology Review
×
「新型コロナの症状あり」フェイスブックが全米分布図を公開
Facebook
Facebook has released a map of coronavirus symptoms crowdsourced from its users

「新型コロナの症状あり」フェイスブックが全米分布図を公開

新型コロナウイルス感染症の症状の有無について、フェイスブックは米国で実施されたアンケート調査の結果を分布図として公開した。 by Charlotte Jee2020.04.22

フェイスブックは、米国内の各州で新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の症状を経験したとする人々の割合を示した分布図を公開している。分布図のデータは、咳や発熱などの症状の経験の有無についてのカーネギーメロン大学(CMU)のアンケート調査に回答した100万人以上のフェイスブック・ユーザーから収集されたものだ。各州の郡レベルにまで掘り下げて表示されるこの分布図は、毎日更新される。フェイスブックは今後、数日および数週間以内に、他の国についてもユーザーからのアンケート調査回答に基づいた同様の分布図を作成する予定だとしている。

どこで誰が新型コロナウイルス感染症の症状を経験しているかを把握することは、保健当局や政府が入院患者の急増に備えて人工呼吸器やマスク、個人用防護具などの医療資材をどこに割り当てるかを決定するのに役立つ可能性がある。ウィルス検査の不足や、検査結果が出るまでに長時間要することを考慮すれば、この分布図は米国内で新型コロナウイルス感染症のホットスポットが形成されつつある場所を予測するのに使えるかもしれない。

しかし、限界はある。分布図は明らかに、アンケート調査のデータそのものを示しているに過ぎない。また、見てわかるように、広大な地域を対象とした分布図であるにもかかわらず、信頼できるデータを生成するには調査の参加者数が不十分である。この分布図は、フェイスブックが新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)の感染拡大を予測するために、カーネギーメロン大学および米国疾病予防管理センター(CDC)と共に実施している取り組みの一環である。

(関連記事:新型コロナウイルス感染症に関する記事一覧

人気の記事ランキング
  1. What are the ingredients of Pfizer’s covid-19 vaccine? ファイザーの新型コロナワクチンの成分は?専門家が解説
  2. Covid-19 immunity likely lasts for years 新型コロナ、免疫は長期間持続か=米新研究
  3. The first black hole ever discovered is more massive than we thought 白鳥座X-1ブラックホール、従来推定よりはるかに巨大だった
  4. There’s a tantalizing sign of a habitable-zone planet in Alpha Centauri ケンタウルス座アルファ星のハビタブルゾーンに惑星が存在か
シャーロット・ジー [Charlotte Jee]米国版 ニュース担当記者
米国版ニュースレター「ザ・ダウンロード(The Download)」を担当。政治、行政、テクノロジー分野での記者経験、テックワールド(Techworld)の編集者を経て、MITテクノロジーレビューへ。 記者活動以外に、テック系イベントにおける多様性を支援するベンチャー企業「ジェネオ(Jeneo)」の経営、定期的な講演やBBCへの出演などの活動も行なっている。
Innovators Under 35 Japan 2020

MITテクノロジーレビューが主催するグローバル・アワード「Innovators Under 35」が2020年、日本に上陸する。特定の分野や業界だけでなく、世界全体にとって重要かつ独創的なイノベーターを発信していく取り組みを紹介しよう。

記事一覧を見る
人気の記事ランキング
  1. What are the ingredients of Pfizer’s covid-19 vaccine? ファイザーの新型コロナワクチンの成分は?専門家が解説
  2. Covid-19 immunity likely lasts for years 新型コロナ、免疫は長期間持続か=米新研究
  3. The first black hole ever discovered is more massive than we thought 白鳥座X-1ブラックホール、従来推定よりはるかに巨大だった
  4. There’s a tantalizing sign of a habitable-zone planet in Alpha Centauri ケンタウルス座アルファ星のハビタブルゾーンに惑星が存在か
MITテクノロジーレビュー[日本版] Vol.2/Winter 2020
MITテクノロジーレビュー[日本版] Vol.2/Winter 2020SDGs Issue

今、世界中の企業や機関の技術者・研究者たちが各地で抱える社会課題を解決し、持続可能な世界の実現へ向けて取り組んでいる「SDGs(持続可能な開発目標)」。
気候変動や貧困といった地球規模の課題の解決策としての先端テクノロジーに焦点を当て、解決に挑む人々の活動や、日本企業がSDGsを経営にどう取り入れ、取り組むべきか、日本が国際社会から期待される役割について、専門家の提言を紹介します。

詳細を見る
フォローしてください重要なテクノロジーとイノベーションのニュースをSNSやメールで受け取る