KADOKAWA Technology Review
×
【1/31まで】年末年始限定!お得に購読できるキャンペーン実施中
NASA火星探査車が岩石のサンプル採取に成功、史上初
NASA
NASA’s Perseverance rover finally scooped up a piece of Mars

NASA火星探査車が岩石のサンプル採取に成功、史上初

NASAの火星探査車「パーサビアランス」は、ジェゼロクレーターから岩石と砂のサンプルを採取するのに成功した。同クレーターは火星古代の三角州の跡であり、生き物の化石が見つかる可能性がある。 by Neel V. Patel2021.09.03

米国航空宇宙局(NASA)のパーサビアランス(Perseverance)探査車は9月1日、火星から少量の岩石と土を集めることに成功した。火星でサンプルが採取されたのは今回が初めて。

パーサビアランスは、ジェゼロ(Jezero)クレーターの近くのロシェット(Rochette)と呼ばれる岩に穴をあけ、指ほどの大きさの岩のコアを上手く切り抜き、チタン製のチューブに収めた。チューブの内容物の画像を撮影してサンプルが実際に収められていることを確認した後、安全に保管し、さらに調査を進めることになる。 ミッションのチーフエンジニアであるアダム・ステルツナー博士は9月2日にツイッターで、サンプルを手に入れたことを発表した。

パーサビアランスは8月上旬にもサンプルの採取を初めて試みた。だが、実際には回収チューブの中には何も入っていなかった。残念なことに、岩のコアを取り出す過程で壊れやすい岩が粉砕されてしまい、その粉が採掘穴の近くの地面に落ちてしまったのだ。ロシェットが選ばれた理由の一つは、岩がより硬く、チューブに収められる可能性が高いと考えられたためだ。

サンプル採取はパーサビアランスが掲げる看板目標の1つだ。パーサビアランスには43のチューブが備わっており、NASAはそのすべてを火星の石や土のサンプルで満たして、いずれ地球に持ち帰りたいと考えている。長さ約45キロのジェゼロクレーターは、かつて三角州があった場所であると考えられている。数十億年前の火星が湿っていて生命が住むのに適した場所であったのだとすれば、ジェゼロクレーターは化石となる生き物が棲むのに最も適した場所の一つだっただろう。パーサビアランスは、ジェゼロクレーターに何が存在するのかを調べるための多くの機器を装備しているが、実際に生命存在の証拠や微生物の痕跡を探すには、地球上の研究室にサンプルを持ち帰る必要がある。

火星から地球へ実際にサンプルを持ち帰るミッションは、NASAと欧州宇宙機構(ESA)の共同ミッションとして、まだ計画中の段階にある。サンプルを回収するための探査車を早ければ2029年に火星に送ることを目指しており、その場合、サンプルが地球に届くのは2031年になる。

パーサビアランスにとって今回のサンプル採取は、予定されている数多く作業の最初の一つにすぎない。パーサビアランスは今後もジェゼロのまわりの探索を続けるが、現段階では、火星で12回の飛行を成功させた小さなヘリコプターである「インジェニュイティ(Ingenuity)」に注目を奪われた観は否めない。インジェニュイティはもともとは技術的な実証実験を狙ったものだったが、予想外の堅牢性を発揮したことで、NASAのミッションの一環として、パーサビアランスと共に火星を探査するためのプラットフォームに変更された。

人気の記事ランキング
  1. These scientists used CRISPR to put an alligator gene into catfish ワニの遺伝子を組み込んだ「CRISPRナマズ」が米国で誕生
  2. Why EVs won’t replace hybrid cars anytime soon トヨタの賭け、EV一辺倒ではなくハイブリッド車を売り続ける理由
  3. What’s next for batteries リチウムイオン以外の選択肢は台頭するか? 23年の電池業界を占う
  4. How AI-generated text is poisoning the internet AI生成コンテンツに汚染されるインターネット、その対策は?
ニール・V・パテル [Neel V. Patel]米国版 宇宙担当記者
MITテクノロジーレビューの宇宙担当記者。地球外で起こっているすべてのことを扱うニュースレター「ジ・エアロック(The Airlock)」の執筆も担当している。MITテクノロジーレビュー入社前は、フリーランスの科学技術ジャーナリストとして、ポピュラー・サイエンス(Popular Science)、デイリー・ビースト(The Daily Beast)、スレート(Slate)、ワイアード(Wired)、ヴァージ(the Verge)などに寄稿。独立前は、インバース(Inverse)の准編集者として、宇宙報道の強化をリードした。
2023年のテクノロジー大予測

2023年のテクノロジーはどう動くのか? AIから量子コンピューター、宇宙開発、mRNAワクチンまで、重要トレンドをMITテクノロジーレビューが徹底予測。各分野の専門家や有力プレイヤーへの取材をもとに、技術・資金・政策などの多角的な視点で解説する。

記事一覧を見る
人気の記事ランキング
  1. These scientists used CRISPR to put an alligator gene into catfish ワニの遺伝子を組み込んだ「CRISPRナマズ」が米国で誕生
  2. Why EVs won’t replace hybrid cars anytime soon トヨタの賭け、EV一辺倒ではなくハイブリッド車を売り続ける理由
  3. What’s next for batteries リチウムイオン以外の選択肢は台頭するか? 23年の電池業界を占う
  4. How AI-generated text is poisoning the internet AI生成コンテンツに汚染されるインターネット、その対策は?
MITテクノロジーレビュー[日本版] Vol.9
MITテクノロジーレビュー[日本版] Vol.9量子時代のコンピューティング

グーグルやIBMなどの巨大テック企業からベンチャーまで、世界的な開発競争が加速する「量子コンピューター」を中心に、コンピューティングの動向を取り上げる。

詳細を見る
フォローしてください重要なテクノロジーとイノベーションのニュースをSNSやメールで受け取る