KADOKAWA Technology Review
×
無料の会員登録で、記事閲覧数が増えます
Amazon’s $150 Million Typo Is a Lightning Rod for a Big Cloud Problem

損失額1億5000万ドル AWS障害でクラウドは再設計へ

システムの運用を丸投げできるはずのクラウドで、最大手のアマゾンがサービスを適切に運用できていなかった。政府のサービスすらクラウド上で稼働しており、中央集権型Webサービスの信頼性を高める見直しが必要だ。 by Jamie Condliffe2017.03.06

あらゆるデータをクラウド上に保存するなら、万全の運用体制のあるクラウド事業者を選ぶだろう。だが先週、世界最大手のクラウド事業者であるアマゾンは、運用体制に不備があることを露呈してしまった。

2月28日、かなりの数のWebサイトが稼働しなくなった。Slackでは仕事の連絡ができなくなり、Trelloではプロジェクトを管理できなくなり、なんとMIT Technology Review(英語版)では、ブレークスルー・テクノロジー10の記事が読めなくなった。また、スマート・ホームでも、機器に不具合が生じたようだ。

原因は、アマゾンのクラウド型ストレージ「Amazon S3」の障害だ。アマゾンは世界最大手のクラウド・コンピューティング事業者であり、アマゾンのクラウドを利用していた多くのサービスが正常に動作しなくなった。システム障害はすぐに復旧せず、回復までに4時間以上かかった。

クラウドの機能停止による実際の損失額は正確には割り出しにくい。しかしウォール・ストリート・ジャーナル紙は、スタンダード・アンド・プアーズが発表する上位500社で、150億ドル以上の損失があったとする分析会社サイエンスの見積もりを掲載している。また、ネットワーク・トラフィックの監視会社アピカは、オンライン小売業者上位100位のうち54社でWebサイトのパフォーマンスが低下し、少なくとも20%の損失があったと見ている。実際の損失額がとも …

こちらは会員限定の記事です。
無料登録すると1カ月10本までご利用いただけます。
こちらは有料会員限定の記事です。
有料会員になると制限なしにご利用いただけます。
ザ・デイリー重要なテクノロジーとイノベーションのニュースを平日毎日お届けします。
公式アカウント