KADOKAWA Technology Review
×
無料の会員登録で、記事閲覧数が増えます
Will Untethered Headsets Like This One Help Reverse the VR Slump?

ピコの新型無線ゴーグルは、VRの不人気を打破できるか?

VRゴーグルの販売が不振だ。原因は未熟なテクノロジーと魅力的コンテンツの不足とケーブルにあるのではないか?と考えられている。スタートアップ企業ピコ・インタラクティブは、ゴーグルからケーブルをなくし、位置センサー内蔵の製品を開発中だ。 by Rachel Metz2017.03.10

現実世界でコードがまとわりついてくる状態では、バーチャルな世界には没頭しにくい。だが、市販の製品で最も高性能なVRゴーグルでも、パソコンとケーブルで接続しなければ使えない。ところが、スタートアップ企業のピコ・インタラクティブ(Pico Interactive、本社・中国とサンフランシスコ)は、新手法によりゴーグルから接続ケーブルを取り除き、ユーザーの動きに合わせて位置情報をトラッキングできる機能を内蔵した、独立型の無線ゴーグルを開発した。

ピコ・インタラクティブが年内発売を目指して開発中の製品は布張りのVRゴーグル「Pico Neo CV 」だ。Neo CVはクアルコムの参照設計(リファレンスデザイン)に基づくVRゴーグルで、ディスプレイのリフレッシュ・レートはオキュラス・リフトやHTC Viveと同じ90Hzだ。また、Neo CVは外部センサーの補助なしでユーザーの位置と頭の向きの両方を捉える「完全な」トラッキング機能と、一体型スピーカーを搭載し、バッテリーは2時間半から3時間持続する。

ピコ・インタラクティブのプロダクト・デザイン部門を率いるエニン・フアン副社長は、Neo CVはVRの利用を簡易化する手段だと考えている。手軽さで消費者を惹きつけ、より多くの人に製品を試してもらうのがピコ・インタラクティブの狙いだ。

フアン副社長は「ユーザーは自分が使いたいとき、すぐにゴーグルを装着できます。コンピューターやゲーム機を起動する必要はありません。待たなくていいのです」という。

こちらは会員限定の記事です。
無料登録すると1カ月10本までご利用いただけます。
こちらは有料会員限定の記事です。
有料会員になると制限なしにご利用いただけます。
ザ・デイリー重要なテクノロジーとイノベーションのニュースを平日毎日お届けします。
公式アカウント