KADOKAWA Technology Review
×
無料の会員登録で、記事閲覧数が増えます
バイドゥのスター研究者が相次いで退職 検索広告事業は低迷
Baidu’s Plan for Artificial Intelligence without Andrew Ng

バイドゥのスター研究者が相次いで退職 検索広告事業は低迷

中国の検索エンジン大手バイドゥは先週、AIラボを率いる花形研究者を失なった。人工知能テクノロジーに重点を置く長期的な経営方針に変わりはないとはいえ、検索広告事業は低迷しており、ばく大な投資に見合う新規事業を何としても育てようとしている。 by Yiting Sun2017.03.31

世界最高のAI研究者アンドリュー・ングが、中国企業バイドゥの研究主任を辞めると発表した時、バイドゥの株価はたった数時間で3%近く値下がりした。

この現象は、ング元研究主任の著名度や評判の高さを示すと同時に、投資家がAIに傾注するバイドゥの事業方針を重視していることも現わしている。人工知能テクノロジーはバイドゥの企業戦略の要であり、バイドゥがAI研究をさらに強化すると決めたのと同時に、ング元研究主任が退職した。

ング元研究主任の退職に際し、バイドゥは即座に、自然言語処理に特化した自社製AI「王海峰(ワン・ハイフェン)」の開発に取り組む方針を改めて表明した。

バイドゥの李彦宏(ロビン・リー)CEOは最近、中国の新聞に、人工知能専門家育成の重要性を訴える論説記事をいくつも寄稿している。3月初旬、中国政府の機関紙「人民日報」に寄せたコラムで、李CEOは「人工知能が引き起こす従来型のビジネスモデルの崩壊、産業構造やバリューチェーンの混乱によって、グローバル経済に根本的な変化が生じるでしょう」と述べた。

3月、中国の国家発展改革委員会は、バイドゥを国立深層学習技術およびアプリケーション研究のリーダーとして認めた。政府ぐるみで人工知能開発にトップレベルの努力を注ぐ中国の姿勢が伺える。バイドゥは清華大学等、中国のもっとも権威ある大学と共同で、画像認識や音声認識、人間と機械のインタラクションなど、さまざまな分野のAI研究を進めていくこと …

こちらは会員限定の記事です。
無料登録すると1カ月10本までご利用いただけます。
こちらは有料会員限定の記事です。
有料会員になると制限なしにご利用いただけます。
ザ・デイリー重要なテクノロジーとイノベーションのニュースを平日毎日お届けします。
公式アカウント