KADOKAWA Technology Review
×
【締め切り迫る!1/20まで】年間購読料20%オフ & マガジン1冊プレゼントキャンペーン 実施中!
This Robot Will Haul Up to 1,500 Kilos Around a Warehouse for Nine Hours without Stopping

ロボット導入でフォークリフト運転手の職がなくなる

フェッチ・ロボティクスの新型ロボットを導入すると、フォークリフト運転手の職がなくなりそうだ。棚から商品を取り出す仕事も、人間の作業を置き換えるロボットが間もなく登場する見込みだ。 by Jamie Condliffe2017.04.05

倉庫で重い荷物を移動させるなら、フォークリフトはもう古い。これからはロボットが指示どおり働く時代だ。

画像内のロボットは「フレイト500」。上位機種の「フレイト1500」とともに、フェッチ・ロボティクスの研究室から生まれた最新機種だ。フェッチ・ロボティクスを率いるメロニー・ワイズCEOはMIT Technology Reviewが2015年版イノベーター・アンダー35として選出したひとり。フェッチ・ロボティクスはここ数年、手ごろな価格の倉庫ロボットを開発してきたが、新登場の2機種の祖先は、車輪付きの小型ロボット「フレイト」(棚から商品を取り出す倉庫作業者の後をついて行く方式)だ。

一方、新ロボット2機種は、倉庫内の台車とフォークリフトを置き換えるべく設計された。機種名どおり、500kgと1500kgの貨物を運べる。フレイト1500は、パレット(フォークリフトで運ぶための木枠)に載って入庫している貨物を運べるように設計されている。貨物を載せると、ロボットは自分でコースを探し、ライダー(LIDAR:レーザーによる画像検出・測距装置)とステレオカメラを組み合わせて危険を避ける。1回の充電で最長9時間走行し、1時間で90%まで急速充電できる。

フェッチ・ロボティクスの新機種は、クリアパス・ロボティックス等の企業が開発した競合製品同様、購入できるようになる。ただし、どのロボットでも大きな箱を持ち上げるのは簡単でも、たとえばパックされた電池の次に洗剤ボトルを落とさずに取り出すのに必要な、繊細な運動能力等の機能はない。そのため、アマゾンのようなネット販売業者オンライン食料品店のオカドの倉庫で、ロボットは人間と共存している。

だが、人間の労働者とロボットの共存は長続きしそうにない。フェッチ・ロボティクスはロボット・ピッカー(取り出し装置)を設計済みであり、ドイツ企業マガジノには複数の異なる棚から品物を集められる機械があり、オカドは野菜を取り扱えるロボット・グリッパー(把持装置)を開発した。こうなると、ロボットが倉庫内の人間に取って代わり始めるのも時間の問題だ。

(関連記事:“35 Innovators Under 35: Affordable Robots for the Warehouse and Beyond,” “Inside Amazon,” “A Warehouse Worker’s Best Friend—or Replacement?”)

人気の記事ランキング
  1. Don’t panic about the latest coronavirus mutations, say drug companies 新型コロナ「変異種」を過度に恐れる必要がないこれだけの理由
  2. Don’t worry, the earth is doomed 人類を滅亡に導く、15の破壊的リスク
  3. Singapore’s police now have access to contact tracing data シンガポールの接触追跡アプリが方針転換、犯罪捜査でも利用可に
  4. The kitchen of the future is here, it’s just not evenly distributed 電子レンジ、真空調理器超える「キッチン・テクノロジー」の未来
タグ
クレジット Video courtesy of Fetch Robotics
ジェイミー コンドリフ [Jamie Condliffe]米国版 ニュース・解説担当副編集長
MIT Technology Reviewのニュース・解説担当副編集長。ロンドンを拠点に、日刊ニュースレター「ザ・ダウンロード」を米国版編集部がある米国ボストンが朝を迎える前に用意するのが仕事です。前職はニューサイエンティスト誌とGizmodoでした。オックスフォード大学で学んだ工学博士です。
Innovators Under 35 Japan 2020

MITテクノロジーレビューが主催するグローバル・アワード「Innovators Under 35」が2020年、日本に上陸する。特定の分野や業界だけでなく、世界全体にとって重要かつ独創的なイノベーターを発信していく取り組みを紹介しよう。

記事一覧を見る
人気の記事ランキング
  1. Don’t panic about the latest coronavirus mutations, say drug companies 新型コロナ「変異種」を過度に恐れる必要がないこれだけの理由
  2. Don’t worry, the earth is doomed 人類を滅亡に導く、15の破壊的リスク
  3. Singapore’s police now have access to contact tracing data シンガポールの接触追跡アプリが方針転換、犯罪捜査でも利用可に
  4. The kitchen of the future is here, it’s just not evenly distributed 電子レンジ、真空調理器超える「キッチン・テクノロジー」の未来
MITテクノロジーレビュー[日本版] Vol.2/Winter 2020
MITテクノロジーレビュー[日本版] Vol.2/Winter 2020SDGs Issue

今、世界中の企業や機関の技術者・研究者たちが各地で抱える社会課題を解決し、持続可能な世界の実現へ向けて取り組んでいる「SDGs(持続可能な開発目標)」。
気候変動や貧困といった地球規模の課題の解決策としての先端テクノロジーに焦点を当て、解決に挑む人々の活動や、日本企業がSDGsを経営にどう取り入れ、取り組むべきか、日本が国際社会から期待される役割について、専門家の提言を紹介します。

詳細を見る
フォローしてください重要なテクノロジーとイノベーションのニュースをSNSやメールで受け取る