KADOKAWA Technology Review
×
無料の会員登録で、記事閲覧数が増えます
Audi’s New A8 May Drive Itself, But Owners Should Proceed With Caution

アウディ、渋滞時はAIボタンで自動運転 「ながら通勤」も

アウディは従来の市販車とは一線を画する自律運転機能を搭載した新型セダンを発売した。しかし、車載センサーとアルゴリズムが、運転中に起こりうるすべての事態に対処できるわけではない。 by Jamie Condliffe2017.07.18

アウディの新型高級セダンA8は、渋滞時には走行時速60キロ以下で自律運転が可能とされている。だが、運転手はあまり気を抜かないほうがいいだろう。

アウディA8には、レーダー、カメラ、超音波センサー、レーザー・スキャナーが搭載されている。アウディによると、無人運転自動車の基準として想定されているレーザーを搭載し、周辺状況の把握に用いる市販車は初めてだという。センサーについての詳細をアウディに問い合わせたが、この記事を執筆中には返答を得られなかった。それでも、自律性オートパイロット・システムに精度があまり高くないレーダーとカメラしか使っていないとして批判を受けたテスラに対し、アウディは一線を画している。

2016年、テスラの車両1台が衝突死亡事故に巻き込まれた。運転手はオートパイロットを使用中で、多数の警告が出されたにも関わらず車両の制御を怠り、走行した37分間のうちたったの25秒しかハンドルに触れていなかったという。車両は幹線道路を横断中のトレーラーに衝突した。搭載されたレーダーとカメラ・センサーは、トレーラーを認識できなかったのだ。

アウディA8に搭載されたレーザー・センサーは、こうした状況を回避するのに役立つ。さらに、他の機能と連動して、アウディが言うところの「トラフィックジャム・パイロット」(渋滞時運転支援システム)に必要なデータを提供する。自律運転機能は「AI」と表示されたボタンを押すと起動し、アクセル、ブレーキ、ハンドルの操作を自動制御する。ただし、使用できるのは走行速度 …

こちらは会員限定の記事です。
無料登録すると1カ月10本までご利用いただけます。
こちらは有料会員限定の記事です。
有料会員になると制限なしにご利用いただけます。
ザ・デイリー重要なテクノロジーとイノベーションのニュースを平日毎日お届けします。
公式アカウント