KADOKAWA Technology Review
×
無料の会員登録で、記事閲覧数が増えます
Startup Uses Computer Vision to Make Augmented Reality in Cities More Precise

ポケモンGOのズレをなくせ!ARアプリの精度アップに新技術

現在の拡張現実(AR)アプリで、現実世界に重ね合わせて表示されるバーチャル・イメージにはどこか不自然さが付きまとう。その原因の一つに、混雑した街中では特に、ユーザーの位置を正確に検出できないことがある。 by Rachel Metz2017.08.07

スマホを使って「ポケモン GO」のような拡張現実(AR)アプリで遊んだことがある人ならだれでも、ディスプレイ越しに見えるバーチャル・イメージが、背景の現実世界とは異なって見えることに気付くだろう。

拡張現実アプリは、スマホのGPSと磁気センサーを組み合わせて使うことでユーザーのいる場所を検知し、スクリーン上のどこにバーチャル・イメージを表示するかを決める。しかし、賑やかな都市を歩き回っているときには、GPSがあまりうまく機能しない。そのため、バーチャル・オブジェクトが周囲の風景に溶け込まず、ぎくしゃくしながら現れたり消えたりすることになるのだ。

拡張現実のスタートアップ企業であるブリッパー(Blippar)は、新しい方法でこの問題を解決し、より見た目のよい拡張現実(AR)アプリで先行したい考えだ。コンピュータービジョンを使って、周囲の込み合った都市空間と比較することで、ユーザーの現在地と向かっている方角を検知する。この方法は多くの場合、都市部ではGPSよりも精度が高いという。

ブリッパーの共同創業者兼CTO(最高 …

こちらは会員限定の記事です。
無料登録すると1カ月10本までご利用いただけます。
こちらは有料会員限定の記事です。
有料会員になると制限なしにご利用いただけます。
ザ・デイリー重要なテクノロジーとイノベーションのニュースを平日毎日お届けします。
公式アカウント