コンピューティング

China’s Bid to Dominate the Chip Industry Is In Danger of Falling Short 半導体王国に俺はなる!
中国の野望はたぶん無理

1000億ドルを投じて世界の半導体業界を牛耳る中国の野望は恐らく達成できない。 by Jamie Condliffe2016.08.25

中国が現在進めているコンピューターチップ製造業で世界をリードするための戦略はうまくいくのだろうか?

2014年、中国政府は、自国をコンピューターチップ開発・製造分野のトップへと押し上げる1000億ドルの投資計画を発表した。中国は既に、その額の大部分を組立工場の新設に投じ始めている。しかし、マネジメント・コンサルティング会社のベイン・アンド・カンパニーによる新たな分析によれば、中国が市場で優位な立場を占めるのに1000億ドルでは不十分だ。

政府所有のチップ製造企業XMCは、NAND型フラッシュメモリとDRAMチップ製造用施設の建設に資金を集中させており、最初に完成する工場は2017年に稼働予定だ。また今年、中国は欧米のチップ製造企業(世界最速のスパコンに使われているプロセッサーのメーカー)を買収して世界を驚かせた。

しかし、中国の野望はすぐには成就しない。確かに中国は、大量のシリコン製デバイスを流通させる準備を整えていそう(ベイン・アンド・カンパニーも、2020年までに、世界のメモリーチップ、ロジックチップ、アナログチップのうち、実に55%が中国経由で流通するだろうと予測している)に見える。ただ、半導体製品のうち、中国が現在製造しているのはわずか15%であり、2025年までにシェアを70%にまで押し上げるにはまったく届きそうにないのだ。

この目標は、ベイン・アンド・カンパニーによれば、通常の方策による成長では「ほとんど乗り越えられない課題」だ。中国が目標を達成する唯一の方法は、通常の方策で成長させるだけではなく、提携や経営権を取得するしかない、とベイン・アンド・カンパニーは見込む。テクノロジー面での理解を深め、人材を獲得する上では、一から研究開発を進めるより、この方がずっと目標を達成しやすい。

ベイン・アンド・カンパニーは、中国が、こうした外部に目を向けたアプローチをとらなければ、自ら掲げた目標には遠く及ばずに終わると予測している。

「世界中の消費者や企業は、質、テクノロジー、価格、そしてブランドに基づいて、システムやデバイスを選び続けるでしょう。グローバル市場で本質的なシェアを得るには、中国の半導体メーカーは(中略)テクノロジー面で他国の競走相手に追いつかないといけません」

関連ページ

人気の記事ランキング
  1. Machines Can Now Recognize Something After Seeing It Once グーグル・ディープマインド、大量データ不要の深層学習システムを開発
  2. Wikileaks E-Mails Are an Election Influence to Really Worry About クリントン不支持の世論形成は、ロシアによる選挙干渉
  3. Neural Network Learns to Identify Criminals by Their Faces ニューラル・ネットワーク、「犯罪者顔」で犯罪者を判定
  4. Can social media control public opinion? ソーシャルメディアで世論は操作できるか?
  5. How the Bot-y Politic Influenced This Election 大統領選ツイートは約20%がボット、約75%はトランプ支持
この記事をシェアしてください!
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
ジェイミー コンドリフ [Jamie Condliffe]米国版 ニュース・解説担当副編集長
MIT Technology Reviewのニュース・解説担当副編集長。ロンドンを拠点に、日刊ニュースレター「ザ・ダウンロード」を米国版編集部がある米国ボストンが朝を迎える前に用意するのが仕事です。前職はニューサイエンティスト誌とGizmodoでした。オックスフォード大学で学んだ工学博士です。
コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

0 コメント
    「コンピューター科学」の記事
    人気の記事ランキング
    1. Machines Can Now Recognize Something After Seeing It Once グーグル・ディープマインド、大量データ不要の深層学習システムを開発
    2. Wikileaks E-Mails Are an Election Influence to Really Worry About クリントン不支持の世論形成は、ロシアによる選挙干渉
    3. Neural Network Learns to Identify Criminals by Their Faces ニューラル・ネットワーク、「犯罪者顔」で犯罪者を判定
    4. Can social media control public opinion? ソーシャルメディアで世論は操作できるか?
    5. How the Bot-y Politic Influenced This Election 大統領選ツイートは約20%がボット、約75%はトランプ支持