KADOKAWA Technology Review
×
【4/24開催】生成AIで自動運転はどう変わるか?イベント参加受付中

生物工学/医療 2020年10月の記事

  1. An interview with a virus-hunter
    新型コロナウイルスのような新種のウイルスは、今後も見つかる可能性があるのだろうか。未知のウイルスを発見した研究者は、そのウイルスの感染拡大を防止するために何ができるのだろうか。米国疾病予防管理センターの専門家に話を聞いた。 by Mallory Pickett2020.10.30
  2. 主張:新型コロナ治療で「上級国民」優遇をやめるべき本当の理由
    トランプ大統領と前のニュージャージー州知事の新型コロナウイルス感染症治療では、一般にはまだ使用できない未承認の治療薬が使われた。権力者や有名人を特別扱いすることは医薬品開発プロセスに悪影響を及ぼす可能性がある。 by Alison Bateman-House2020.10.30
  3. 健康な人を新型コロナに感染させる治験、英国で実施へ
    健康な人を故意に新型コロナウイルスに感染させてワクチンや治療の有効性を調べる「ヒトチャレンジ治験」が、来年1月にロンドン市内の病院で始まる。ワクチン開発を加速することが狙いだという。 by Charlotte Jee2020.10.21
  4. 米国で初の新型コロナ再感染、1回目より症状悪化
    米国で、2カ月間に新型コロナウイルスに2回、感染した事例が報告された。新型コロナの再感染が確認されたのは世界中で5人目だが、開発中の治療法やワクチンに影響を与えるかもしれない。 by Charlotte Jee2020.10.15
  5. ホワイトハウスの集団感染、迅速検査はなぜ機能しなかったのか
    米国の新型コロナウイルス対策を指揮するはずのホワイトハウスで集団感染が起こり、当のトランプ大統領も感染したことは世界中で話題となった。ホワイトハウスでは迅速検査を毎日実施していたが、なぜ感染を防げなかったのか。 by Neel V. Patel2020.10.12
  6. The Nobel Prize in chemistry has gone to the two women who pioneered CRISPR gene editing
    ノーベル化学賞に「CRISPR」開発者の2人
    ノーベル委員会は、2020年のノーベル化学賞を、今世紀最大のバイオテクノロジーの発見と言われている「クリスパー(CRISPR)」技術を開発したエマニュエル・シャルパンティエ教授とジェニファー・ダウドナ教授に授与すると発表した。 by Antonio Regalado2020.10.9
  7. The CDC has finally acknowledged that the coronavirus can be airborne
    CDCが新型コロナのガイドラインを更新、空気感染を認める
    米国疾病予防管理センター(CDC)が新型コロナウイルスについてのガイドラインを変更し、同ウイルスが空気中を漂う微粒子によって拡散する可能性があることを認めた。ただし、「限定的かつ稀な」状況でのみ生じると主張している。 by Charlotte Jee2020.10.8
  8. This scientist made a Google Doc to educate the public about airborne coronavirus transmission
    WHOはなぜ考え変えない?エアロゾル感染専門家に聞く
    新型コロナウイルスがエアロゾル感染することを示す証拠が次々と報告されてきたにもかかわらず、WHOやCDCの公式ガイダンスはほとんど変わっていない。コロラド大学ボルダー校のヒメネス教授らは、身を守る方法に関する最新アドバイスをグーグル・ドキュメントで一般公開している。 by Charlotte Jee2020.10.7
  9. Trump is being given a steroid that is usually used for severe cases of covid-19
    新型コロナ「軽症」のトランプ大統領に重症患者向けステロイド薬
    新型コロナ重症患者の死亡率を大幅に下げる可能性があるデキサメタゾンが投与された。 by Charlotte Jee2020.10.6
アーカイブ
フォローしてください重要なテクノロジーとイノベーションのニュースをSNSやメールで受け取る