KADOKAWA Technology Review
×
【4/24開催】生成AIで自動運転はどう変わるか?イベント参加受付中

宇宙 2021年2月の記事

  1. Listen to the first sounds recorded from the surface of Mars
    パーサビアランスが火星着陸に成功、映像と「音」を公開
    米航空宇宙局(NASA)は探査車「パーサヴィアランス」の火星着陸の手に汗握る映像と、火星表面で録音された初めての音を公開した。by Neel V. Patel2021.2.25
  2. 火星探査車パーサビアランス着陸成功で期待される成果
    かつて火星の湖底であったジェゼロクレーターに着陸した米国宇宙局(NASA)のパーサビアランス探査車は、様々な機器を駆使して地球外生命の痕跡を探索することになっている。最大のチャレンジは、採掘機で収集した火星の土壌サンプルを地球に持ち帰ることだ。 by Neel V. Patel2021.2.25
  3. NASA探査機「パーサビアランス」が火星に着陸、生命探索を開始へ
    NASAの探査機「パーサビアランス」は2月18日に火星に無事着陸し、火星の景観の最初の画像を送信してきた。今年の夏には探査車が着陸地付近の本格的な調査を開始し、太古の生命の痕跡を探す予定になっている。 by Neel V. Patel2021.2.24
  4. 白鳥座X-1ブラックホール、従来推定よりはるかに巨大だった
    57年前に発見された「白鳥座X-1」のブラックホールの質量がこれまでの推定より50%も大きいことが、超長基線電波干渉計(VLBA)の新たな観測結果から分かった。天文学者は、恒星の進化やブラックホールの挙動について再考する必要に迫られるかもしれない。by Neel V. Patel2021.2.23
  5. UAEの探査機「ホープ」が火星に到達、世界で5番目
    アラブ首長国連邦(UAE)は2月9日に、探査機を火星に送り込んだ世界で5番目の国となった。UAEの火星探査機「ホープ」は5月には、火星の周回軌道上からの観測を開始し、火星がなぜ死の惑星になったのかという長年の謎の究明に挑む。by Neel V. Patel2021.2.20
  6. These might be the best places for future Mars colonists to look for ice
    惑星科学研、火星で氷を得るのに最適な場所を特定
    人類が将来、火星に入植することを考えると、火星で水を得られる場所を知っておくことは重要である。惑星科学研究所の研究者たちは、複数の探査機が収集したリモートセンシング・データを分析して、火星で比較的容易に氷を入手できそうな場所を特定した。 by Neel V. Patel2021.2.19
  7. There's a tantalizing sign of a habitable-zone planet in Alpha Centauri
    ケンタウルス座アルファ星のハビタブルゾーンに惑星が存在か
    太陽系から最も近い恒星系であるケンタウルス座アルファ星のハビタブルゾーンに、惑星が存在する可能性があることが、ヨーロッパ南天天文台(ESO)の「NEAR」プロジェクトでの観測から示された。by Neel V. Patel2021.2.17
  8. Blue Origin could definitely use more Jeff Bezos in the next decade
    ベゾスCEO退任で加速する注目の宇宙プロジェクト6
    アマゾンの最高経営責任者(CEO)を今年後半に退任すると発表したベゾスは今後、自身の航空宇宙企業であるブルーオリジンに、これまで以上の情熱を注ぐと考えられる。より多くの時間を手に入れたベゾスがテコ入れできそうな同社の宇宙関連プロジェクトを6件、紹介しよう。 by Neel V. Patel2021.2.10
  9. The space tourism we were promised is finally here—sort of
    宇宙旅行新時代の幕開け、スペースXが民間人だけの飛行実施へ
    スペースXは、民間人だけで構成される乗組員と商用宇宙船で地球周回軌道に向かう史上初のミッションを、2021年内に実行する計画を発表した。マスクCEOは「誰でも宇宙へ行けるようになるマイルストーン」だと語るが、当分の間、顧客は超高所得層に限られるだろう。 by Neel V. Patel2021.2.8
  10. We’re living in a golden age of sample return missions
    「はやぶさ2」が皮切り、サンプルリターン計画の黄金時代が到来
    2020年は「はやぶさ2」をはじめとする、地球外や岩や小石を持ち帰るサンプルリターン・ミッションの当たり年だった。2021年以降にも、わくわくするようなミッションが多数控えている。 by Neel V. Patel2021.2.4
  11. China's surging private space industry is out to challenge the US
    国家主導で進められてきた中国の宇宙計画で、民間企業が果たす役割が増えつつある。勃興する中国の宇宙関連スタートアップ企業は、世界中に新たな市場を開き、中国の影響力拡大にもつながっている。 by Neel V. Patel2021.2.3
アーカイブ
フォローしてください重要なテクノロジーとイノベーションのニュースをSNSやメールで受け取る