KADOKAWA Technology Review
×
【4/24開催】生成AIで自動運転はどう変わるか?イベント参加受付中

生物工学/医療 2022年10月の記事

  1. Is a covid and flu "twindemic" on the horizon?
    新型コロナとインフルエンザの「ツインデミック」到来に備えよ
    北半球がインフルエンザ・シーズンに突入しようとしている今、新型コロナウイルスの感染者数も再び増加傾向に。「ツインデミック」の到来が懸念される。 by Jessica Hamzelou2022.10.26
  2. 機械学習で高齢者の歩行に寄り添うロボット・エクソスケルトン
    スタンフォード大学の研究チームが、高齢者などの歩行をサポートするエクソスケルトン(外骨格)デバイスを発表した。機械学習を利用し、歩行に問題を抱える一人、一人に寄り添う補助が特徴だ。 by Rhiannon Williams2022.10.21
  3. 「ミツバチの危機」を救うハイテク巣箱とお世話ロボット
    ミツバチの巣の内部状態を監視し、尻振りダンスをして餌場に誘導したり、女王蜂の近くで世話をしたりするロボットを作る研究が欧州で進められている。技術と自然の共生という点で興味深い取り組みだ。 by Elizabeth Preston2022.10.20
  4. 人間の神経細胞をラットに移植、脳の6分の1にまで成長
    スタンフォード大学の研究チームは、実験室で培養したヒトの神経細胞の塊(オルガノイド)を生まれたばかりのラットの脳に移植し、ラットと共に成長することを示した。研究チームは人間の脳・神経疾患の研究に役立つとしている。 by Jessica Hamzelou2022.10.18
  5. 人体を冷凍保存し、未来に蘇生させるというアイデアは、何十年も消えずに残っている。実現の目処が立っていないにもかかわらず、希望が捨て去られることなく、さらに大きくなっているのはなぜだろうか。by Laurie Clarke2022.10.17
  6. How we’ll transplant tiny organ-like blobs of cells into people
    研究から移植へ、オルガノイドが開く新たな治療の可能性
    臓器によく似たミニチュアサイズのオルガノイドは、これまで研究用途で使われてきた。だが、今後は病気の治療に使われるようになるかもしれない。 by Jessica Hamzelou2022.10.16
  7. What to expect when you’re expecting an extra X or Y chromosome
    出生前の遺伝子検査が標準的な妊婦健診として普及している米国では、これから産まれてくる子どもの性染色体異常が見つかることが増えてきている。しかし性染色体異常によって、家族と子どもに何が起きるのかを正しく知らせてくれる医師は少なく、不安を与えている。 by Bonnie Rochman2022.10.12
アーカイブ
フォローしてください重要なテクノロジーとイノベーションのニュースをSNSやメールで受け取る