KADOKAWA Technology Review
×
【3/14】MITTR主催「アクセシビリティとテクノロジー 」開催 申込受付中

人工知能(AI) 2024年1月の記事

  1. Andrew Ng: How to be an innovator
    アンドリュー・エン特別寄稿:イノベーターを志す人たちへ
    グーグル・ブレインを創設し、AI分野でのイノベーションを牽引してきたアンドリュー・エンが贈る、挑戦、失敗、未来についてのアドバイス。 by Andrew Ng2024.1.30
  2. 中国テック事情:もう1つのロボタクシー先進国、中国の新事情
    ロボタクシーは今のところ、中国の数都市でのみ利用できる。しかし、国の規制による統制が始まっている。by Zeyi Yang2024.1.29
  3. オープンAI、グーグルはなぜAIの「数学」能力を競うのか?
    ディープマインドが先日、複雑な幾何学問題を解けるAIを発表し、話題になった。AI企業はなぜ、数学に注目しているのか。by Melissa Heikkilä2024.1.29
  4. 事故と収益化に苦しむロボタクシー業界、2024年の展開は?
    米国と中国の一部都市ではすでに完全無人のロボタクシーが走行している。ロボタクシーは2024年、さらに広がるのか? 業界が直面している課題と今後の展開を専門家に聞いた。 by Zeyi Yang2024.1.25
  5. 2024年版ブレークスルー・テクノロジー10:あらゆるもののためのAI
    チャットGPTをはじめとする生成AIツールは記録的な速さで普及し、業界全体の方向性を決定づけることになった。だが、勢いが衰え始めている可能性はある。by Will Douglas Heaven2024.1.19
  6. Google DeepMind’s new AI system can solve complex geometry problems
    ディープマインドの新AI、数学オリンピック級の幾何学問題を解く
    ディープマインドは高校生の国際数学オリンピックレベルの幾何学の問題を解くAIを開発した。言語モデルと記号推論を組み合わせることで、より人間に近い推論ができるという。by June Kim2024.1.19
  7. Why everyone's excited about household robots again
    AIとの融合で家事ロボットがいま再び注目される理由
    雑用をこなせる家庭用ロボットの開発は、長年にわたるロボット工学者の目標であり、いまだ実現していない夢である。だが、近年の人工知能(AI)の成果を取り入れることで、この夢の実現に少しずつ近づきつつある。 by Melissa Heikkilä2024.1.19
  8. Watch this robot cook shrimp and clean autonomously
    見よう見まねでエビ料理を作る自律型ロボット(動画あり)
    スタンフォード大学の研究グループが、遠隔操作で覚えたタスクをこなすAIロボットを開発した。安価なハードウェアでも複雑なタスクをこなすことができ、エビを調理したりフライパンをすすいだりできる。 by Melissa Heikkilä2024.1.16
  9. What to expect from the coming year in AI
    生成AIブームから1年、2024年はセキュリティにも注目を
    2024年はAIにとってどのような年になるだろうか。MITテクノロジーレビューのこれまでの記事などに基づいてまとめてみた。by Melissa Heikkilä2024.1.12
  10. How machine learning might unlock earthquake prediction
    「地震予知」はどこまで進んだのか?機械学習が開く可能性
    地震予知は以前、地震研究の主流の枠から外れていた。しかし現在、多くの科学者が機械学習やその他の手法を応用し、人々に安全確保の時間を与える地震予知の実現を目指す研究を進めている。by Allie Hutchison2024.1.12
  11. What’s next for AI in 2024
    変わり続けるAI分野において2024年に注目すべき4つのホットなトレンドを、MITテクノロジーレビューの編集者が大胆予測。話題の中心は、引き続き生成AIだ。 by Will Douglas Heaven2024.1.11
  12. These six questions will dictate the future of generative AI
    2023年、生成AIは世界を席巻したが、未解決の問題も残っている。生成AIの未来、そして私たちの未来は、私たちが次にどうするかで決まってくるだろう。by Will Douglas Heaven2024.1.9
アーカイブ
フォローしてください重要なテクノロジーとイノベーションのニュースをSNSやメールで受け取る