KADOKAWA Technology Review
×
ひと月あたり1000円で購読できる春のキャンペーン実施中!
ウィル・ダグラス・ヘブン 140 Stories
プロフィールを見る
  1. 人工知能(AI)
    AIチャットボット向け「うそ発見器」、LLMの幻覚見抜く
    チャットGPTのような大規模言語モデルを企業で利用する際に問題となるのが、ハルシネーション(幻覚)だ。MIT発のスタートアップは、モデルの回答がどの程度信頼できるかを示すツールを開発した。 Will Douglas Heaven18日前
  2. 人工知能(AI)
    撮れなかった写真がある——
    生成AIでよみがえる記憶
    生成AIを用いた「シンセティック・メモリーズ(合成記憶)」プロジェクトは、世界中の家族がカメラに一度も収まることのなかった過去を取り戻す支援をしている。研究者と共同で、認知症の治療での応用も計画中だ。 Will Douglas Heaven38日前
  3. 人工知能(AI)
    「AIアート」はアートか?
    オープンAI初の作家と、
    創造性について語ったこと
    生成AIモデルの新たな波が人間の創造性の未来に及ぼす意味とは何か。オープンAI初のアーティスト・イン・レジデンスである作家、アレックス・レーベンと語り合った。 Will Douglas Heaven45日前
  4. 人工知能(AI)
    オープンAIの動画生成AIモデル「Sora(ソラ)」は、AIによる動画制作のレベルを新次元に引き上げた。動画生成AIの今後の展開を理解するうえで知っておくべき4つのことを、AIの生成した映像と共に紹介しよう。Will Douglas Heaven48日前
  5. 人工知能(AI)
    生成AI「Sora」で作られた驚きの動画、制作者に聞く舞台裏
    オープンAI(OpenAI)は、同社が2月中旬に公開した新たな動画生成モデル「Sora(ソラ)」を用いて映像クリエイターが制作した映像をいくつか公開した。3人のクリエイターに、映像制作の狙いや制作手法について聞いた。 Will Douglas Heaven51日前
  6. 人工知能(AI)
    大規模言語モデルが破竹の勢いで成功を収めているにもかかわらず、こうしたモデルがうまく機能する仕組みや理由は、いまだによくわかっていない。コンピューター科学者たちは、その謎を解明することで次世代のAI技術の開発とリスク管理に生かしたい考えだ。 Will Douglas Heaven51日前
  7. 人工知能(AI)
    プロンプト不要、生成AIで誰でも物語からマンガが作れる
    テキスト-画像生成AIは物語性のある複数の画像を生成するのが苦手だ。複数の画像で、設定に一貫性を持たせるのが難しいからだ。だが最近、物語を一度入力すると、それに合った一連の画像を生成するサービスが登場した。Will Douglas Heaven73日前
  8. 人工知能(AI)
    手描きスケッチからマリオ風ゲームを生成、ディープマインド新モデル
    大量のゲーム動画で訓練されたグーグル・ディープマインドのAIモデル「Genie」は、短いテキストやスケッチ、写真からビデオゲームを生成できる。 Will Douglas Heaven79日前
  9. 人工知能(AI)
    動画でも生成革命、オープンAIが新モデル「Sora」を発表
    オープンAIは新たなテキスト-動画生成モデル「Sora」を発表した。公開された映像は驚異的だが、一般公開の予定はまだない。 Will Douglas Heaven3カ月前
  10. 人工知能(AI)
    グーグルが生成AI「ジェミニ」全面展開、「バード」から切り替え
    グーグルは生成AI「バード(Bard)」を廃止して、ジェミニ(Gemini)に統一する。チャットGPT型のチャット・サービスのほか、Gmailやグーグル・ドキュメントなどにも組み込む予定だ。 Will Douglas Heaven3カ月前
  11. 人工知能(AI)
    2024年版ブレークスルー・テクノロジー10:あらゆるもののためのAI
    チャットGPTをはじめとする生成AIツールは記録的な速さで普及し、業界全体の方向性を決定づけることになった。だが、勢いが衰え始めている可能性はある。Will Douglas Heaven4カ月前
  12. 人工知能(AI)
    変わり続けるAI分野において2024年に注目すべき4つのホットなトレンドを、MITテクノロジーレビューの編集者が大胆予測。話題の中心は、引き続き生成AIだ。 Will Douglas Heaven4カ月前
  13. 人工知能(AI)
    2023年、生成AIは世界を席巻したが、未解決の問題も残っている。生成AIの未来、そして私たちの未来は、私たちが次にどうするかで決まってくるだろう。Will Douglas Heaven4カ月前
  14. 人工知能(AI)
    生成AIによるコーディング・アシスタント機能が高機能化し、実際に利用するプログラマーが増えている。AIアシスタントはソフトウエア開発にどれほどの違いをもたらし、業界にどのような影響を与えるのだろうか。 Will Douglas Heaven5カ月前
  15. 人工知能(AI)
    ディープマインド、大規模言語モデルで数学の未解決問題を解く
    グーグル・ディープマインドは、大規模言語モデル(LLM)で純粋数学の有名な未解決問題を解くことに成功したと発表した。LLMが、訓練データに含まれない未知の解を導き出すことに成功した例になる。 Will Douglas Heaven5カ月前
  16. 人工知能(AI)
    オープンAIは、「人工超知能」の暴走を防ぐために社内に組織したチームによる研究成果の第一弾を発表した。その手法は、比較的性能が劣る大規模言語モデルに、より強力な大規模言語モデルを監督させるというものだ。Will Douglas Heaven5カ月前
  17. 人工知能(AI)
    グーグルがGPT-4対抗「Gemini」投入、AIの限界広げるか
    グーグル・ディープマインドは12月6日に、「GPT-4」対抗馬として以前から噂の「ジェミナイ(Gemini)」を発表した。同社は、ほとんどの面でGPT-4に勝るとしているが、その差はごくわずかであるように思える。Will Douglas Heaven5カ月前
  18. 人工知能(AI)
    オープンAI(OpenAI)のサム・アルトマンCEOの電撃解任を主導したとされるのが、同社の共同創業者であるイリヤ・サツケバー主任科学者だ。MITテクノロジーレビューは騒動の1カ月前に独占インタビューを実施していた。インタビューからはサツケバーが目指していたAIの方向性が浮かび上がる。 Will Douglas Heaven6カ月前
  19. 人工知能(AI)
    汎用人工知能(AGI)とは何か? ディープマインドが定義を提案
    汎用人工知能(AGI)という言葉は、明確な定義がなく、テクノロジー界で論争の的になっている概念の1つだ。グーグル・ディープマインドの研究チームは、それを解決しようとしている。Will Douglas Heaven6カ月前
  20. 人工知能(AI)
    チャットGPTが司法試験で合格点を取ったという今年3月の発表は衝撃を与えた。一方で、大規模言語モデルは人間なら子どもでも解ける問題につまずくことも明らかになっている。期待と不安が渦巻く中、AIの能力をどのように測るか、真剣に考えるべき時が訪れている。Will Douglas Heaven8カ月前
  21. 人工知能(AI)
    ディープマインドの共同創業者であるムスタファ・スレイマンは、新会社インフェクション(Inflection)で今年、チャットGPTのライバルとなる「パイ(Pi)」を公開した。独自の信念を持つスレイマンに話を聞いた。 Will Douglas Heaven8カ月前
  22. 人工知能(AI)
    声でしゃべれるチャットGPTが登場、写真の内容も質問可能に
    オープンAIは、チャットGPTの過去最大のアップデートを発表した。音声によるやり取りに対応し、アップロードした画像の内容についてもやり取りできるようになる。 Will Douglas Heaven8カ月前
  23. 人工知能(AI)
    チャットGPTのような大規模言語モデル(LLM)をロボット工学に用いる動きが広がっている。自動運転車を開発するスタートアップ企業のウェイヴ(Wayve)は、LLMと自動運転ソフトを組み合わせることで、安全性を高められるという。 Will Douglas Heaven8カ月前
  24. 人工知能(AI)
    失敗から学ぶAIが家庭用ロボットの新時代を開く
    多機能ロボットを開発して家庭に普及させたいニューヨーク大学のピント助教授は、ロボットに失敗から学ばせるようにすれば、AIモデル構築のネックとなる大量の訓練用データを用意する必要がなくなると考えている。Will Douglas Heaven8カ月前
  25. 人工知能(AI)
    ビル・ゲイツがAIをあまり恐れていない理由
    近年急速な進歩を遂げたAIが人類に大きな害をもたらすと主張する声が高まっているが、ビル・ゲイツはあまり心配していないようだ。 Will Douglas Heaven10カ月前
  26. 人工知能(AI)
    チャットGPT/GPT-4の対抗馬となるオープンソースの生成AIモデルの発表がこの春相次ぎ、さながらブームとなっている。だが、その多くは大手テック企業が公開したモデルをベースにしており、大手テック企業の戦略に左右される恐れがある。 Will Douglas Heaven11カ月前
  27. 人工知能(AI)
    最近になり、多くのAI業界の著名研究者やCEO、さらには政治家に至るまで、人工知能(AI)が人類を滅亡させる可能性があると語るようになった。一体何が、こうした風潮を生み出しているのだろうか。 Will Douglas Heaven11カ月前
  28. 人工知能(AI)
    ディープマインドがAIで高速アルゴリズムを発見、C++に採用
    ディープマインドはAI「アルファデブ」を使って、人間が考案したアルゴリズムよりも高速にソートを実行するアルゴリズムを発見した。アルゴリズムはすでにC++に取り入れられ、使用されているという。 Will Douglas Heaven11カ月前
  29. 人工知能(AI)
    チャットGPTの登場は、教育現場に混乱を引き起こしている。米国では悪用を懸念し、校内での利用を禁止する学校もあるが、教育をより良いものにしていくために有効な存在だと考える関係者も多い。(4月24日初出掲載) Will Douglas Heaven12カ月前
  30. 人工知能(AI)
    短編映画を独占公開:生成AIは映像制作をどう変えるか?
    オープンAIの画像生成モデル「DALL-E」を使って制作された12分間の短編映画を本誌独占公開。生成AIによって映像制作はどう変わるのか、その一端をお見せしよう。Will Douglas Heaven12カ月前
  31. 人工知能(AI)
    深層学習の父と呼ばれるジェフリー・ヒントンが本誌の取材に応じ、グーグルを退社した理由を語った。グーグルを辞めてから話したい「AIの問題」とは何か? Will Douglas Heaven13カ月前
  32. 人工知能(AI)
    ジェフリー・ヒントンがグーグルを退社
    「深層学習の父」と呼ばれるジェフリー・ヒントンがグーグルを退社した。 Will Douglas Heaven13カ月前
  33. 人工知能(AI)
    新薬開発のプロセスを人工知能(AI)で一新しようと試みるスタートアップが続々と登場している。製薬大手も機械学習の導入を進めており、膨大な時間とコストがかかっていた創薬プロセスは今後5年で激変すると話す研究者もいる。 Will Douglas Heaven13カ月前
  34. 人工知能(AI)
    スポティファイの研究チームが、「反実仮想分析」の手法をベースにして、物事の因果関係を推論する新たな種類の機械学習モデルを構築した。意思決定の精度向上に役立つ可能性がある。 Will Douglas Heaven14カ月前
  35. 人工知能(AI)
    グーグル、チャットGPT対抗の「Bard」を米英で一般公開
    グーグルは3月21日、チャットGPTやビング・チャットに対抗する「バード(Bard)」を米国と英国でローンチした。ユーザーのフィードバックを得て、検索体験に不可欠な存在に育てたい考えだ。 Will Douglas Heaven14カ月前
  36. 人工知能(AI)
    オープンAIが「GPT-4」を発表、性能向上も詳細は非公表に
    チャットGPTで世界を驚かせたオープンAIが、新しい大規模言語モデル「GPT-4」を公開した。チャットGPTやGPT-3に比べて大幅に性能が向上しているとアピールするが、技術的詳細については非公表だ。 Will Douglas Heaven14カ月前
  37. 人工知能(AI)
    オープンAIが2022年11月に公開したチャットGPTは、瞬く間に爆発的なヒットとなった。だが、開発者にとっては予想外だったようだ。オープンAIでチャットGPTの開発に携わった4人に、開発に至った経緯や、公開後の世間からの反応、今後の構想について聞いた。 Will Douglas Heaven15カ月前
  38. 人工知能(AI)
    画像を生成するAI:世界を変える10大技術 2023年版
    テキストから画像を生成するAIモデルは、創造の意味を私たちに問いかけている。「生成AI」が私たちをどこに連れて行くのか、2023年も注視する必要があるだろう。 Will Douglas Heaven15カ月前
  39. tech-review-explains
    解説:空前のブーム「チャットGPT」はどこから生まれたのか?
    2022年12月に登場した「チャットGPT」は大きな反響を呼び、ユーザー数は瞬く間に1億人を超えた。とはいえ、チャットGPTの技術はまったくの新技術ではなく、既存の技術を改良したものだ。あらためて解説する。 Will Douglas Heaven15カ月前
  40. 人工知能(AI)
    グーグルの独壇場だった検索市場に新たな時代が訪れようとしている。チャットGPTの登場を機に、巨大テック企業や新興企業が相次いで新しい検索サービスを発表しているのだ。Will Douglas Heaven15カ月前
  41. 人工知能(AI)
    生成AIが新章突入、Stable Diffusion共同開発元が動画版を発表
    画像生成AI「ステーブル・ディフュージョン」の最初のバージョンを開発した英国のスタートアップ企業が、映像を生成するAIを発表した。既存の映像にテキストや画像を指定すると、新しい映像に変換できるという。 Will Douglas Heaven16カ月前
  42. 人工知能(AI)
    2022年に突如として一大ブームになった「生成AI(ジェネレーティブAI)」。ブームに火をつけたオープンAIも、これほどの反響を呼ぶことは予想できなかった。生成AIの台頭は、私たちをどこへ導くのだろうか。 Will Douglas Heaven16カ月前
  43. whats-next-in-tech
    2022年にはテキストから画像を生成するAIが世間の注目を浴びた。2023年、AI分野で何が起こるのだろうか。MITテクノロジーレビューのAI担当記者が予測する。 Will Douglas Heaven17カ月前
  44. 人工知能(AI)
    オープンAIのCEOが語る「DALL-E2」から学んだこと、これからのこと
    GPT-3やDALL-E 2を生み出したAI企業、オープンAI(OpenAI)のサム・アルトマンCEOにインタビュー。革新的な画像生成モデルから得た3つの教訓と、オープンAIが今後目指す方向性を語った。 Will Douglas Heaven17カ月前
  45. 人工知能(AI)
    GPT-4へ試行錯誤続くオープンAI、「チャットGPT」でも残る課題
    オープンAIが大規模言語モデル「GPT-3」のスピンオフとして、ユーザーとのやり取りを通して正しい答えを出力できるようになる「チャットGPT」のデモを公開し、話題になっている。従来よりも大きく前進しており、GPT-4への期待も大きいが、依然として課題は多い。Will Douglas Heaven17カ月前
  46. 人工知能(AI)
    ユーチューブを7万時間見続けたAI、最高のマイクラボットになる
    オープンAI(OpenAI)が開発した新しいゲーム・ボットは、7万時間分のユーチューブ映像からマインクラフトのプレイを習得した。膨大なネットの映像からAIが学ぶ手法は、ゲーム以外にも応用できそうだ。 Will Douglas Heaven18カ月前
  47. 人工知能(AI)
    カプセル型の安楽死装置「サルコ(Sarco)」の開発者は、死を望む人の意思決定を支援するアルゴリズムを開発している。常軌を逸した発想に思えるが、生死を分ける決断にAIを巻き込もうとする動きは広がっている。 Will Douglas Heaven18カ月前
  48. 人工知能(AI)
    メタの言語AI「ギャラクティカ」がたった3日で公開中止になった理由
    メタは、科学者を支援する大規模言語モデル「ギャラクティカ(Galactica)」を11月15日に公開した。だが、同モデルが出力する、偏った、誤りのある内容を科学者に指摘され、3日後には公開を中止した。 Will Douglas Heaven18カ月前
  49. 人工知能(AI)
    ディープマインドのAIが行列乗算で数学者の50年来の記録を破る
    行列乗算はコンピューティングにおいて頻繁に使われ、コンピューターが日常的に実行する何千ものタスクに影響を及ぼしている。ディープマインドのAI「アルファゼロ」は、行列乗算をこれまでよりも高速に実行する方法を発見した。Will Douglas Heaven2年前
  50. 人工知能(AI)
    米国の一部で自動運転のロボタクシーの導入が実現したものの、試験段階を超えて普及する兆しは見えない。新世代の無人運転自動車スタートアップはAIを全面的に採用することで、突破口を見い出そうとしている。Will Douglas Heaven2年前
フォローしてください重要なテクノロジーとイノベーションのニュースをSNSやメールで受け取る