KADOKAWA Technology Review
×
ウィル・ダグラス・ヘブン 19 Stories
プロフィールを見る
  1. 知性を宿す機械
    人工知能(AI)は人命を救えるのか? パンデミックによって真剣に議論されるようになった。ケンブリッジ大学のウィットルストーン上級研究員は、AIを危機対応に活用するなら「非常時のための倫理」が必要になると主張している。 Will Douglas Heaven12日前
  2. コネクティビティ
    新型コロナウイルス感染症の拡散でロックダウンが続く中、リアルスポーツとeスポーツはかつてないクロスオーバーを実現した。プロのスポーツ選手たちがビデオゲームをプレイする様子が、ファン向けに何時間も放映されたのだ。 Will Douglas Heaven15日前
  3. 知性を宿す機械
    フェイスブックがディープフェイク対策に先行して取り組んでいる。ディープフェイク映像を作成するツールが出回り、誰もが使えるようになると、本物の映像でさえ信頼できなくなる可能性がある。 Will Douglas Heaven25日前
  4. 知性を宿す機械
    新型コロナウイルスのパンデミックによって小売業が休業を余儀なくされる一方で、ネット販売に注文が殺到している。購買行動の変化に対応するため、最新ロボットを導入し、店舗のバックヤードや空き店舗を物流拠点に転換する企業も出てきた。 Will Douglas Heaven29日前
  5. 知性を宿す機械
    新型コロナのパンデミックに伴う在宅勤務者の増加により、従業員の働き具合を遠隔監視するツールを導入する企業が増えている。ボストンのスタートアップ企業は機械学習を利用して、従業員の生産性を算出したり、仕事の効率を上げる方法を提案したりするツールを開発している。 Will Douglas Heaven32日前
  6. コネクティビティ
    ロックダウン解除、「社会的バブル」戦略が最も有効か?
    新型コロナウイルスの感染拡大を抑えながら他人と交流する方法として、「バブル」と呼ばれる集団生活が有効である可能性がシミュレーションで分かった。ただし、複雑なルールが現実に機能するかどうかは不明だ。 Will Douglas Heaven33日前
  7. 知性を宿す機械
    人工知能は
    「次のパンデミック」を
    救えるか?
    新型コロナウイルス感染症のパンデミックへの対応では、人工知能(AI)を活用するさまざまな動きが報じられた。だが、AIが実際に役に立つには、多くの課題を乗り越える必要がある。 Will Douglas Heaven33日前
  8. 持続可能エネルギー
    SDGs達成に優先すべき政策は?国連推奨の予測ツールが登場
    持続可能な開発目標の達成に向けて、どの政策課題を優先すべきか?国連がシミュレーション・ツールの活用を推奨している。 Will Douglas Heaven39日前
  9. 知性を宿す機械
    グーグルのAIが医療現場で直面した「診断精度」以外の課題
    人工知能を医療で活用するために必要なのは、優れた技術だけではない。グーグル・ヘルスは実際の医療現場での具体的な課題に取り組んでいる。 Will Douglas Heaven50日前
  10. 知性を宿す機械
    新型コロナウイルス感染症のパンデミックにより人々の生活が変化を強いられている中で、平常時の行動を基に訓練された機械学習モデルの問題が表面化している。機能しなくなった人工知能(AI)システムを修正するには、人間の介入が必要だ。 Will Douglas Heaven58日前
  11. 知性を宿す機械
    所得格差を是正し、より公平な税制度を提案する「AIエコノミスト」が開発された。パンデミックによって経済情勢が大きく変動する中、過去の経験に依存しない最適な税制度を考案できる可能性があるという。 Will Douglas Heaven60日前
  12. 知性を宿す機械
    オープンAI、有名アーティスト風のポップスを深層学習で生成
    オープンAIは、深層学習アルゴリズムを用いてポップスの楽曲を生成する人工知能(AI)を発表した。ケイティ・ペリー、エルビス・プレスリー、ナズといった有名なパフォーマーのスタイルで、そこそこの出来の「歌」を生成できる。 Will Douglas Heaven67日前
  13. 知性を宿す機械
    イスラエル、新型コロナのハイリスク者をAIで特定
    新型コロナウイルス感染症への感染で重篤化するリスクが高い健康保険加入者を特定する人工知能がイスラエルで使われている。ただし、27年分の膨大な医療記録を使ったAIを他国で展開するのは難しいかもしれない。 Will Douglas Heaven68日前
  14. グーグルがビデオ会議のイライラを解消、音声の途切れをAIで補完
    対面でのやり取りにビデオ通話を使う人が多くなった現在、接続が途切れ途切れになり、以前にも増してイライラさせられるようになった。そこで、個々の話者の話し方を模倣して発言のスニペット(断片)を生成し、小さな隙間を埋めることで、途切れをスムーズにしてくれる人工知能(AI)が登場した。グーグルのチームが開発したこのテクノロジーは現在、同社のビデオ通話アプリ「デュオ(Duo)」で使われている。 Will Douglas Heaven3カ月前
  15. 知性を宿す機械
    胸部X線画像で新型コロナ診断へ、AI企業らがニューラルネット公開
    人工知能による新型コロナウイルス感染症の診断を目指す「COVIDネット」が公開された。訓練用のデータセットも提供されており、世界中の研究者の参加を促すことで開発を加速したい考えだ。 Will Douglas Heaven4カ月前
  16. コネクティビティ
    追跡アプリで新型コロナの拡大防げ、MITの研究者などが開発
    マサチューセッツ工科大学やハーバード大学のチームが、新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐことを目的とした無料アプリを公開した。 Will Douglas Heaven4カ月前
  17. グーグル、機械学習ライブラリ「テンソルフロー」の量子版を公開
    グーグルは量子機械学習アプリの作成をより容易にする、無料のオープンソース・ソフトウェア「テンソルフロー・クアンタム(TensorFlow Quantum)」をリリースした。2015年の発表以来、機械学習の普及に貢献してきたグーグルの人気ツールキット、テンソルフローのアドオンだ。 Will Douglas Heaven4カ月前
  18. 知性を宿す機械
    ゲームプレイや自動運転など最先端の人工知能(AI)で使われている強化学習に、深刻な脆弱性が発見された。強化学習を使って訓練されたAIは、相手の奇妙な行動によってだまされる可能性があるというのだ。 Will Douglas Heaven4カ月前
  19. ハネウェル、イオントラップ方式で量子コンピューターに参入
    家庭用サーモスタットで有名な米国企業のハネウェル(Honeywell)が、世界で最も強力な量子コンピューターを開発したと発表した。同社は今後3カ月以内に、インターネットを介して顧客が利用できるようにする予定だ。世間の目は、昨年量子超越性で人々を驚かせたグーグルとIBMに向けられてきたが、ハネウェルは量子技術の開発に静かに取り組んできた。 Will Douglas Heaven4カ月前
フォローしてください重要なテクノロジーとイノベーションのニュースをSNSやメールで受け取る