KADOKAWA Technology Review
×
佐藤みあ 20 Stories
プロフィールを見る
  1. コネクティビティ
    パンデミックで露呈した顔認識システムの限界
    米国では政府による顔認識システムの使用が拡大している。だが、失業給付金の不正受給防止に顔認識を利用したケースでは、困窮した市民が支援を受けられない事態も発生している。Mia Sato62日前
  2. コネクティビティ
    行き過ぎた「煽り記事」から距離を、新型コロナ報道の読み方
    デルタ株感染者の急増などパンデミックの様相が目まぐるしく変化する中で、日々さまざまな報道が飛び交っている。MITテクノロジーレビューのパンデミック報道担当記者自身が、本当に役に立つ情報を手に入れるために掛けていることを紹介しよう。 Mia Sato90日前
  3. ビジネス・インパクト
    打ちたくても打てない、ワクチンであぶり出された米健康格差の深刻度
    人種や経済状況、地域によって、社会的に弱い人々へのワクチン接種が遅れている。接種会場までの交通手段がない、会場が遠い、休みが取れないといった根本的な問題に目を向け、健康格差解消の取り組みを継続すべきだ。 Mia Sato3カ月前
  4. ビジネス・インパクト
    無料ドーナツに野球観戦 ワクチンの接種拡大に本当に必要なもの
    米国で新型コロナワクチンの接種が進む中、時給制で働く何百万人もの現場労働者たちがを接種を受けられずにいる。ワクチン接種を推進するためにさまざまな奨励策が設けられているが、本当に必要なのは有給休暇と信頼性の高い情報かもしれない。Mia Sato4カ月前
  5. 生命の再定義
    パンデミック下での異例の開催、東京オリンピックは大きな賭け
    東京オリンピック・パラリンピックが間もなく開幕する。東京都に4度目の緊急事態宣言が出される中でのオリンピックは、主催者が最善を尽くしたとしても、日本国内の新型コロナ感染状況に影響を及ぼすことは避けられないだろうと専門家らは見る。 Mia Sato5カ月前
  6. コネクティビティ
    こんなに違う、
    ワクチン・パスポート
    全米50州の最新状況まとめ
    日本政府は、新型コロナウイルスのワクチン接種を証明するワクチン・パスポートの申請受付を7月26日に開始すると発表した。ワクチン・パスポートの導入をめぐっては各国で議論となっており、米国でも州によって対応や使われ方は異なる。Mia Sato5カ月前
  7. コネクティビティ
    250万人の個人情報集めた
    余剰ワクチン予約サイトの闇
    米国で余剰ワクチンの接種を希望する250万人近くの人々が登録した無料サービスは、実際に役に立ったのか? 取材を申し入れたが、明確な回答は得られなかった。収集した個人情報の扱いも不透明だ。 Mia Sato6カ月前
  8. 生命の再定義
    米国でJ&J製ワクチンの接種が再開 信頼を取り戻せるか?
    米国で接種が一時停止されていたジョンソン&ジョンソンの新型コロナワクチンに対し、再開するとの勧告が米国の規制当局から出された。だが、信頼回復には時間がかかりそうだ。Mia Sato7カ月前
  9. ビジネス・インパクト
    なぜワクチン予約まで手伝うのか? NYC地元メディアの取り組み
    米国では新型コロナワクチンの接種が進んでいるが、自分で予約を取れないなどの理由によって接種できていない人たちも多く残っている。ワクチン接種の予約を手助けしているニューヨーク市の地元メディアの発行人が、活動を始めたきっかけや取り組みの中身を語った。Mia Sato7カ月前
  10. ビジネス・インパクト
    パンデミックで不平等はどう拡大したか?NYのネイルサロンの場合
    新型コロナウイルスのパンデミック期間中、ネイルサロンの従業員は危険を冒しても働き続けざるを得ず、感染率の高さに直面したにもかかわらず、政府からほとんど支援を受けられなかった。 Mia Sato8カ月前
  11. 生命の再定義
    間もなく訪れる転換点、米ワクチン「余り」で求められる対策
    米国を通常の状態に戻すためには、約80%の人がワクチン接種を受ける必要がある。しかし、副反応に懸念を持ち、接種を躊躇する人たちも多い。ワクチンの供給が増える前に、これらの人々を動かす取り組みが必要だ。 Mia Sato8カ月前
  12. 生命の再定義
    条件付き「マスクなし」も CDCがワクチン接種後の新指針
    米国疾病予防管理センター(CDC)は、新型コロナワクチン接種を受けた人はマスクを着けずに小規模の集まりを再開できるとする新たなガイドラインを発表した。ただし、安全性と公正性については、いまだに疑問が残っている。Mia Sato9カ月前
  13. ビジネス・インパクト
    いまだ休校続く米国の学校、
    なぜ再開が難しいのか?
    2020年3月以降、ほとんどの学校が閉鎖された米国では依然として、学校を全面再開する見通しが立たずにいる。国が示す指針には限界があるうえ、学校を早急に再開することのリスクをどう判断するか、意見が割れている。 Mia Sato9カ月前
  14. コネクティビティ
    アプリだけでは解決できない
    ワクチン配布の厳しい現実
    新型コロナワクチンの接種が始まった米国ではワクチン配布をめぐって混乱が続いている。予約システムの改善に乗り出す自治体もある一方、接種人数ばかりに気を取られていると、最も弱い立場にある人たちは取り残されてしまうかもしれない。Mia Sato10カ月前
  15. 生命の再定義
    ワクチン接種最速「イスラエルは成功モデルではない」
    イスラエルはもっとも迅速に国民へのワクチン供給を実現している。だが、そこには多くの「対象外」の人々がいることにも目を向けるべきだ。 Mia Sato10カ月前
  16. コネクティビティ
    米国の接触追跡アプリの失敗はバイデン政権で取り戻せるか?
    中央政府がリーダーシップを取れなかった米国は、新型コロナウイルス接触者追跡システムのスタートでつまづいてしまった。だが専門家らによると、新政権が新しいアプローチを使えば、まだ希望があるという。 Mia Sato10カ月前
  17. コネクティビティ
    2020年に登場した世界の「接触者追跡アプリ」はどう変わったか?
    2020年春に多くの国が新型コロナウイルス接触追跡アプリを導入したが、その姿を大きく変えたものもある。MITテクノロジーレビューはその動向を継続的に追いかけている。 Mia Sato11カ月前
  18. コネクティビティ
    シンガポールの接触追跡アプリが方針転換、犯罪捜査でも利用可に
    シンガポール警察は、同国の接触追跡アプリで収集したデータを犯罪捜査に利用可能にすると発表した。各国で運用されている接触追跡アプリについては、プライバシーに関する懸念が以前から指摘されており、今回のシンガポール当局の姿勢に批判が集まっている。 Mia Sato11カ月前
  19. 生命の再定義
    「ワクチン・パスポート」のアイデアはなぜマズいのか?
    新型コロナワクチンの接種が始まった現在、ワクチンを接種した人に「ワクチン・パスポート」を交付し、社会活動を許可するというアイデアが検討されている。しかし、このアイデアはパンデミックでまん延している不公平感や保健当局への不信感を悪化させる可能性がある。 Mia Sato11カ月前
  20. コネクティビティ
    出遅れた米国の接触者追跡アプリ、ようやく国民の半分をカバー
    州の権限が強く独立性が高い米国では、新型コロナ対策でも州ごとに大きな差がある。接触者追跡アプリはようやく米国の人口のおよそ半分をカバーしたところだ。 Mia Sato12カ月前
フォローしてください重要なテクノロジーとイノベーションのニュースをSNSやメールで受け取る