1. 知性を宿す機械
    本当にドローンより効率的? 作物監視用のターザン型ロボット
    作物の発育状況を監視し、農薬や水分量を調整したり、刈り入れ時期を判定する手法として、ドローンが注目されている。しかし飛行時間が短いため、効率が悪い問題がある。そこで注目されているのがナマケモノ型ロボットだ。 Jamie Condliffe4年前
  2. 持続可能エネルギー
    熱帯特有の穀物の腐敗を防ぐ、吸湿性ビーズ
    タイなどの熱帯地域では、収穫した作物が保管中にカビで食べられなくなり、多くの無駄が発生している。そこで保管時に同梱できる吸湿性ビーズが開発された。 James Temple4年前
  3. 知性を宿す機械
    クボタ、自動運転農機を初公開
    農業の担い手が減り、耕作面積が増えれば、自動化でギャップを埋めるしかなくなる。 MIT Technology Review Japan4年前
  4. 生命の再定義
    植物に病原菌や干ばつ耐性を与えられるRNA粘土シートを開発
    ナノサイズの粘土シートに注入したRNAを使えば、遺伝子組換え作物を最初から開発するよりもずっと早く、さまざまな特性を食物に付けられるかもしれない。 Jamie Condliffe4年前
  5. 持続可能エネルギー
    ビル・ゲイツ、10億ドル投資でクリーン・エネルギー実現
    ビル・ゲイツのファンドは、気候変動に影響を及ぼさない電気や食料、運輸などを実現するスタートアップを育成しようとしている。 Jamie Condliffe4年前
  6. 生命の再定義
    作物の病気治療にウイルスを使う研究をDARPAが計画中
    病気に耐える遺伝子組み換え作物の開発には時間と費用がかかる。作物の遺伝子を改変する昆虫を活用したほうが早いかもしれない。 Emily Mullin4年前
  7. コネクティビティ
    写真で植物の病気を診断するアプリ、2017年に登場
    病気の植物の写真で訓練されたニューラルネットワークが、今や誰にでも利用可能なものになった。 Signe Brewster4年前
  8. 持続可能エネルギー
    人類の増加に善玉菌で対応
    (遺伝子組み換えでない)
    食物版の「腸内善玉菌」で収穫量を増やすバイオテクノロジーは灌漑と同等の効果がある。 Mike Orcutt5年前
  9. 持続可能エネルギー
    遺伝子組み換え食品の表示
    米国でやっと義務化の抜け道
    米上院で可決された遺伝子組み換え食品のラベル表示法案は妥協とデタラメの産物。 Mike Orcutt5年前
  10. ビジネス・インパクト
    ベトナムで降雪
    現実の気候変動に戸惑う農民
    気候変動の影響で、ベトナムでは季節風の向きや強さが予測しにくくなり、農業に影響が出ている。 Christina Larson5年前
  11. ビジネス・インパクト
    温暖化でコーヒー豆激減
    スターバックスの対策
    スターバックスは気候変動に耐えられるコーヒー豆を農家に配布する一方で、温室効果ガスの排出量は増えている。 Nanette Byrnes5年前