1. ビジネス・インパクト
    コピー製品であふれかえっていた深センは、世界に製造エコシステムを輸出するハードウェア・ハブになった。しかし、その将来は国際的な規範の順守、中国政府の圧力、労働賃金の増加などがあり、決して平坦な道のりではない。 An Xiao Mina and Jan Chipchase6カ月前
  2. 知性を宿す機械
    著名なサイバー・セキュリティ専門家であるブルース・シュナイアーは、インターネット接続機器の安全を確保するために、政府による法的規制が必要だという。イノベーションを遅らせてでもセキュリティを優先すべき理由とは何か? MITテクノロジーレビューのインタビューで語った。 Martin Giles11カ月前
  3. コネクティビティ
    米国の州でブロックチェーン関連技術である「スマート・コントラクト」に関する立法が続いている。しかし、決める必要がないようなことを決めたり、それぞれの州で用語をまちまちに定義したりしており、このままでは混乱を引き起こし、技術の発展を阻害することにもなりかねない。 Mike Orcutt18カ月前
  4. 持続可能エネルギー
    米国の自然エネルギー関連特許、2年連続で減少
    米国では、最近の2年間で自然エネルギー関連の特許取得件数が伸び悩んでいる。研究開発の連邦予算が削減されれば、米国の自然エネルギーのイノベーションに、深刻な影響を及ぼしかねない。 Jamie Condliffe2年前
  5. ビジネス・インパクト
    ワシントンDCで検討中の税制改革は、資金を米国に還流させようとしているが、イノベーションを促進する結果にはおそらくならないだろう。 Peter Burrows3年前
  6. ビジネス・インパクト
    トランプ次期大統領には
    科学的思考が必要だ
    フランクリン・D・ルーズベルト元大統領以来、どの大統領にも科学顧問がいた。しかし、トランプ次期大統領は科学顧問をまだ指名しておらず、有力な候補者すら示されていない。 Mike Orcutt3年前
  7. ビジネス・インパクト
    研究成果により、新しいアイデアが生まれる可能性がどれだけあり、既存のアイデアからどれだけのアイデアが生まれるかを研究する新手法が生まれるだろう。 Emerging Technology from the arXiv3年前
  8. ビジネス・インパクト
    テクノロジーは不発に終わる場合もあれば、全てをひっくり返す場合もある。フューチャリストのエイミー・ウェッブは、テクノロジーがどの方向に進むかを見分ける方法を説明する。 Brian Bergstein3年前
  9. ビジネス・インパクト
    人口130万人のエストニア
    目標居住者1000万人
    エストニアは1000万人の「バーチャル国民」で、世界最大の国家を目指す。 Nanette Byrnes3年前
  10. 知性を宿す機械
    テスラの成功要因は
    戦略的制限速度オーバー
    イーロン・マスクは、自動車産業のイノベーションを加速させる大ばくちを打っている。 Will Knight3年前