1. 持続可能エネルギー
    気候変動の最大の損失は「生産性低下」、年間2000億ドル試算も
    気温上昇による生産性低下の経済的損失が米国で2090年までに年間2210億ドルにもなる可能性が報告された。温室効果ガスの排出は経済にとっても大きな損失だ。 James Temple3年前
  2. ビジネス・インパクト
    資本家と労働者の対立は、情報を主体とする経済になった1990年代から資本家が優位に立っている。だが、労働者が反撃に転じる方法があるという。英エコノミスト誌のライアン・エイヴェント上級編集者による特別寄稿。 Ryan Avent3年前
  3. 知性を宿す機械
    英国の欧州連合(EU)離脱により、英国内で移民に対する取り締まりが強化され、労働力が大幅に不足することが懸念されている。英国政府は自動化を導入する好機だとしているが、ITの専門家たちは、現時点のロボット工学や人工知能(AI)では、欧州諸国の労働者が国外退去させられることによる労働力不足は到底補えないと指摘している。 Jamie Condliffe4年前
  4. 知性を宿す機械
    ロボットは人間の仕事を奪う? 奪わない?
    ロボットが人間の仕事を奪うという従来の認識に反対するレポートが発表された。MITテクノロジーレビューの見解を説明する。 Jamie Condliffe4年前
  5. ビジネス・インパクト
    アップルの10億ドル基金はトランプの「製造業復活」に応えるか?
    アップルが発表した先進製造プロセス企業への10億ドル投資は、トランプ大統領が掲げる米国の製造業復活と雇用創出につながるのだろうか。 Jamie Condliffe4年前
  6. ビジネス・インパクト
    心理トリックでドライバーをこき使うウーバーの手口
    ウーバーのドライバー用アプリが心理トリックなどを駆使してドライバーに長時間乗車を仕向けていることがわかった。労働ではなく請負なので違法とはいえないが、長時間の乗車は事故につながりかねず、今後改善される可能性もある。 Jamie Condliffe5年前
  7. ビジネス・インパクト
    ロボットは米国の雇用を実際に奪っていることが判明
    ロボットが雇用を奪いかねないことは定性的にはわかっても、定量的なデータがほとんどなかった。しかし、全米経済研究所の研究で、ロボット1台の導入で労働者1000人あたり5.6人分の雇用が失われることが初めてわかった。 Jamie Condliffe5年前
  8. ビジネス・インパクト
    ネットスーパーが突きつける「雇用なしで経済は成長するか」問題
    倉庫、配送、販売の各工程で、eコマースと実店舗の融合が進んでいる。ネットスーパー各社が進める究極の効率化で小売業から労働者が消えたとき、消費者は残っているのだろうか? MIT Technology Review Japan5年前
  9. ビジネス・インパクト
    ウーバー参入でタクシー・ドライバー数は増加、賃金は低下の研究
    配車サービスの登場で法人タクシーのドライバー数は減らなかったが、ドライバーの収入は減った。 Jamie Condliffe5年前
  10. ビジネス・インパクト
    ロボットやAIで仕事がなくなるのは5%とマッキンゼーが予測
    作業の自動化は必然だが、予測できる範囲の未来で、人間は機械と協働するほうが経済的メリットがある。 Jamie Condliffe5年前
  11. ビジネス・インパクト
    英国のネットスーパー
    「オカド」が目指す
    究極の効率化
    オカドは、集団ロボット、自律型配達者、さらに機械学習で顧客のニーズを把握し、食料品を素早く届けようとしている。 Jamie Condliffe5年前