1. ビジネス・インパクト
    2018年にニューヨーク市は、全米で初めて、配車サービスのドライバーに最低賃金を設定する決定を下した。ウーバーのドライバーたちとともに約8000キロを移動したテクノロジー民族誌学者であるアレックス・ローゼンブラットに、今回の決定の意味することを聞いた。 Erin Winick8カ月前
  2. ビジネス・インパクト
    シリコンバレー界隈のテック企業にとって2017年は、人工知能(AI)などの分野でテクノロジーが目覚ましい進歩を遂げた一方で、ソーシャルメディアへのでっちあげ記事や有害コンテンツの投稿、性差別などの問題が公けになり、世間の非難を浴びた年でもあった。 Martin Giles2年前
  3. コネクティビティ
    MITが予想
    2021年の暮らしは
    テクノロジーでこう変わる
    避妊処置を受けた男性が培養鶏肉のチキンナゲットを食べながら、自律自動車に乗っている——。2021年にはそんな暮らしが待っているかもしれない。MITテクノロジーレビュー編集部は、調査会社の予測やテック企業の発表をもとに、2021年に実現されそうな技術革新を検討してみた。 Rachel Metz2年前
  4. ビジネス・インパクト
    ウーバーとリフトが市の規制に不服で撤退したオースティンで、非営利の配車サービスが支持されている。大手が展開するのとはまったく異なるビジネスの形があり得ることを教えてくれる、素晴らしい事例だ。 Dan Solomon3年前
  5. ビジネス・インパクト
    ウーバー、リフトは、配車サービスの人種差別に対処すべきか?
    アフリカ系アメリカ人の名前の乗客は、白人の名前の乗客より、待ち時間が長く、乗車を拒否されることが多い。 Jamie Condliffe3年前
  6. 生命の再定義
    米国政府が進める「がん撲滅大規模計画」は優れた構想と怪しいアイデアが混在
    米国政府のがん撲滅最新計画は、感動的なものから非常に疑わしいものまで幅広い Jamie Condliffe3年前
  7. 知性を宿す機械
    生き残るのは
    ウーバーか、トヨタか
    自動運転テクノロジーが未完であるうちは、自動運転の大規模展開は困難だ。 Will Knight3年前