1. コネクティビティ
    3Dプリンターが普及しつつあるとはいえ、そのほとんどはプリントに非常に時間がかかるという問題を抱えている。カリフォルニア大学バークレー校の研究チームは、従来のようにレイヤーでプリントするのではなく、レジンに光を投射して一気に固形化することでこの問題を解決した3Dプリンターを開発した。 Erin Winick6カ月前
  2. ビジネス・インパクト
    「私たち、3Dプリンターで結婚式しました」MITTR編集者からの報告
    「3Dプリント好き」を自認するMITテクノロジーレビューの女性編集者が、自分の結婚式で必要なブーケやケーキのトッピングなどの小物のほとんどすべてを3Dプリンターで自作した。これはその編集者による奮闘の記録である。 Erin Winick7カ月前
  3. ビジネス・インパクト
    2018年に3Dプリンターで製造された「驚きのプロダクト」5+1
    2018年は3Dプリンターの活用がさらに広がる1年となった。歩道橋から自動車部品に至るまで、2018年に3Dプリントで作られた「傑作」を紹介しよう。 Erin Winick7カ月前
  4. コネクティビティ
    自動車メーカーや石油企業が、より高速で安定した接続を求めてプライベート5Gネットワークの構築を計画している。本格的なインダストリアルIoT(モノのインターネット)時代へ向けた動きが活発化しそうだ。 Elizabeth Woyke8カ月前
  5. ビジネス・インパクト
    米国でも製造業の人手不足が深刻化、デロイトが指摘する3つの処方箋
    製造業の人手不足は日本だけの問題ではない。米国でも今後10年間で240万人分の不足が予想されるという。 Erin Winick8カ月前
  6. コネクティビティ
    製造業とブロックチェーンの「出会い」で何が起きるのか?
    製品設計者と製造業者がブロックチェーンによって「信頼税」の軽減を図ろうとしている。製造部門の未来へ向けた小さな一歩が動き出した。 Mike Orcutt9カ月前
  7. 知性を宿す機械
    製造現場へのロボットの導入といえば、100%完全な自動化をイメージしがちだ。だが、ある米国のスタートアップ企業は、市販の3Dセンサーと独自のソフトウェアを用いて、人間の作業者と隣接して協働できる産業用ロボットを開発している。人間とロボットが互いの苦手な点を補完して作業を進める、新しい製造業のあり方を模索する動きだ。 Will Knight13カ月前
  8. 知性を宿す機械
    人工知能(AI)の専門家であるアンドリュー・ングは、iPhoneを製造するフォックスコンの品質管理にAIの導入を進めている。製造業はいま、大きな変革期を迎えているようだ。 Rachel Metz2年前
  9. 知性を宿す機械
    出遅れたインテル、量子チップ製造開始でトップに躍り出る
    量子コンピューティング開発競争に出遅れたインテルは、他社ではまねできない製造・実装技術を背景に、量子コンピューター用チップの製造を始めた。しかし、ライバルの追い上げも厳しく、グーグルは「量子超越性」をテストできるマシンを来年には開発する予定だ。 Will Knight2年前
  10. ビジネス・インパクト
    ロボットは米国の雇用を実際に奪っていることが判明
    ロボットが雇用を奪いかねないことは定性的にはわかっても、定量的なデータがほとんどなかった。しかし、全米経済研究所の研究で、ロボット1台の導入で労働者1000人あたり5.6人分の雇用が失われることが初めてわかった。 Jamie Condliffe2年前