1. 知性を宿す機械
    量子コンピューターで時間を巻き戻した? お騒がせ新研究の真相
    「量子コンピューターで時間の巻き戻しが可能になった」かのようなニュースが海外メディアで話題になっている。だが、記事の元になった論文の内容は、タイムマシンの発明とはほど遠いものだ。 Konstantin Kakaes8カ月前
  2. 知性を宿す機械
    量子コンピューターはコンピューティングの進歩に次なる大きな飛躍をもたらすと期待されている。その一方で、研究者たちは製造に必要な一部の希少な部品を手に入れるのに苦労しており、部品調達の困難さが量子コンピューターの進歩の足かせとなっている可能性がある。 Martin Giles10カ月前
  3. 知性を宿す機械
    従来の暗号技術は強力な量子コンピューターを使えば破られてしまう可能性が高い。専門家らは、強力な量子コンピューターの登場までの期間を10年と見積もる一方、「量子耐性」を持つ暗号技術の開発・普及には早くとも20年はかかると指摘する。 Martin Giles11カ月前
  4. コネクティビティ
    量子コンピューターや量子通信などの量子テクノロジーの開発をめぐって、米国、中国、欧州の国際競争が加速している。米国が優位性を保つために侵してはならない過ちとは何か。5つにまとめた。 Martin Giles17カ月前
  5. 知性を宿す機械
    グーグルが、量子超越性に必要とされているキュービット数をクリアした量子コンピューティング・チップを開発した。しかし、量子超越性の達成をどのように実証するのか、本当に役に立つのか、など課題はまだ多い。高まり過ぎた期待に応えられず、過去の人工知能と同様に「冬の時代」に入ってしまう恐れすらある。 Will Knight2年前
  6. 知性を宿す機械
    量子コンピューターのスタートアップ企業であるリゲッティが、プロトタイプの量子チップ上で、機械学習手法の1つであるクラスタリング・アルゴリズムの実行に成功した。量子コンピューターの実用的なアプリケーションに向けた新たな道筋を示すものだとしている。 Will Knight2年前
  7. 知性を宿す機械
    現在の主流である超伝導回路を使うのとは異なる方式の量子コンピューターを、マサチューセッツ工科大学(MIT)などの2つの研究チームがそれぞれ発表した。いずれも捕捉された原子を使う方式を採用しており、現時点での用途は限定されているが、超伝導を使う方式より規模の拡大に対応しやすい可能性があるとしている。 Will Knight2年前
  8. 知性を宿す機械
    メリーランド大学の研究チームが、3キュービットの量子コンピューターで高速検索アルゴリズムの実行に成功した。20年前に考案されたアルゴリズムは、検索対象が増えても比例して計算量が増えないため、飛躍的に検索時間を短くできる。 Emerging Technology from the arXiv3年前
  9. ビジネス・インパクト
    量子コンピューターの使い道は暗号解読ではない
    量子コンピューターの使い道は暗号解読ではない。D-Waveシステムズによって商用化された量子アニーリング方式のコンピューターは、最適化問題やサンプリングで威力を発揮する。 Yasuhiro Hatabe3年前
  10. ビジネス・インパクト
    2017年版ブレークスルー・テクノロジー10:実用的な量子コンピューティング
    グーグルやインテルなどの研究グループの成果が、これまでにない力を秘めたコンピューターの開発に王手をかけている。 Russ Juskalian3年前
  11. 知性を宿す機械
    D-Wave、2000量子ビットのコンピューターを発表
    最新機が2000量子ビットを達成しても、D-Waveが本当に量子コンピューターなのか、疑問を持つ研究者はいまでもいる。 Jamie Condliffe3年前