1. キャサリン・テイラー(ケスワークス)
    3倍の効率を持つ灌漑用ポンプは、インドの何百万人もの農民の生活を変えるかもしれない。 MIT Technology Review Editors4年前
  2. 持続可能エネルギー
    米中連携は、太陽光パネル普及の強力な促進策
    米中が連携すると、アメリカの太陽光パネルが普及するかもしれない。スタンフォード大学が発表した報告書は、比較優位理論とエネルギー政策の興味深い関係を示している。 Jamie Condliffe5年前
  3. ビジネス・インパクト
    ルンバ発明者が庭や家庭菜園用の雑草刈りロボットを来年販売
    ベストセラーの掃除ロボット「ルンバ」の発明者が、新たに開発した雑草刈りロボットは、農業問題を解決するかもしれない。 Elizabeth Woyke5年前
  4. 持続可能エネルギー
    長期的な見通しは不明だが、風力と太陽光発電はトランプ政権の数年間も、おそらく成長を持続するだろう。 Peter Fairley5年前
  5. 持続可能エネルギー
    中国とドイツ、再生可能エネルギーが送電容量を上回って悲鳴
    風力発電機と太陽光パネルはあっという間に設置されたが、インフラが再生可能エネルギーの邪魔をしている。 Jamie Condliffe5年前
  6. ビジネス・インパクト
    イーロン・マスク主演「ハウス・オブ・カード」シーズン2
    テスラ、ソーラーシティ、スペースXの創業者は、テクノロジーへの深い洞察力により称賛を受けている。だがイーロン・マスクの最新の事業計画は無謀なのか? Peter Burrows5年前
  7. 持続可能エネルギー
    米で再生可能エネが本格普及
    手段が目的化してないか?
    再生可能エネルギーのコストが低下し、利用が増えたのは喜ばしいニュースだが、何かを達成したわけではない。最終目標は地球温暖化の抑制だ。 Jamie Condliffe5年前
  8. 持続可能エネルギー
    カリフォルニア州2030年に
    二酸化炭素排出量40%削減へ
    カリフォルニア州で野心的な二酸化炭素排出量削減法が成立。2030年までに40%削減。 Michael Reilly5年前
  9. 持続可能エネルギー
    「元」天才経営者?
    イーロン・マスクの苦境
    屋上設置型ソーラーパネルの需要が伸び悩み、ソーラーシティはコストを削減し根本的に新しい戦略が必要になった。 Richard Martin5年前
  10. 持続可能エネルギー
    中国、太陽光発電作りすぎ
    送電網につなぐの忘れた問題
    中国の太陽光発電設備は、2016年上期に記録的な数が設置され、再生可能エネルギーへの移行が進展しているようにも見える。だが、発電能力はすでに供給過剰に陥っている。 Richard Martin5年前
  11. 持続可能エネルギー
    ペロブスカイト系太陽光発電
    エネルギー効率31%を達成
    ペロブスカイト系太陽光発電がシリコン系を上回る効率を達成できそうだ。 Richard Martin5年前
  12. ビジネス・インパクト
    社員の皆さん、たった今、
    会社は氷山に衝突しました
    電力会社の事業転換中、NRGのデビッド・クレーン元CEOはなぜ株主と役員会の信頼を失い、解任されたのか。 Richard Martin5年前