1. ビジネス・インパクト
    ウォルマートの当日配達サービス、最終目標は「会話型コマース」
    Amazonプライムに真っ向から勝負する格好で提供を開始したウォルマートの新サービス「ジェットブラック(Jetblack)」において、テキストによる注文は試みの一つに過ぎないという。最終的な目標は「会話型コマース」であることを、サービス提供企業であるストア・ナンバー8の担当者が明らかにした。 Erin Winick10カ月前
  2. 知性を宿す機械
    スーパー世界最大手が導入した店員ロボ、最大の敵は「子ども」
    ロボットは人の複雑なスキルに取って代わるには、まだまだ力不足だ。だが、単純作業の肩代わりはできるようになってきた。ロボット企業の幹部が、実例を示しながら解説した。 Jackie Snow12カ月前
  3. コネクティビティ
    まだまだ小さなVR市場で、従業員やスポーツ選手向けのトレーニングを提供するスタートアップ企業が伸びている。世界最大の小売業者であるウォルマートの従業員教育に採用され、今後、さまざまな職種のトレーニングに使えるようにする予定だ。 Rachel Metz16カ月前
  4. ビジネス・インパクト
    デパートよりアマゾン? 年末セールのネット販売が米国で絶好調
    米国では、ホリデー・シーズンの買い物に占めるオンライン購入の割合が大きくなっている。大売り出しを控える小売業者は、サイバー・マンデーまで待っていられない。 Nanette Byrnes2年前
  5. 知性を宿す機械
    ウォルマート、ロボット買い物カートの試行で、自動化を学習中
    自動化された買い物カートは実験だけで実用化されないかもしれないが、店舗や倉庫は自動化によって急速に変化している。 Will Knight3年前
  6. ビジネス・インパクト
    すべての小売業がeコマースだ
    小売りとeコマースはもう別物ではない。eコマース企業は実店舗に乗りだし、一等地に店舗を構えて小売業に君臨していた百貨店もネットに進出し、一等地を手に入れようと躍起になっている。 Antonio Regalado5年前