KADOKAWA Technology Review
×
拷問「共犯」容疑で、フランスのソフトウェア企業幹部ら起訴
Nada Harib/Getty Images
コネクティビティ 無料会員限定
French spyware bosses indicted for their role in the torture of dissidents

拷問「共犯」容疑で、フランスのソフトウェア企業幹部ら起訴

インターネットの通信内容を傍受する監視ツールを独裁政権に販売したとして、フランスでソフトウェア企業の幹部が起訴された。リビアとエジプトでの深刻な人権侵害につながったという。 by Patrick Howell O'Neill2021.07.02

フランスのスパイウェア企業の幹部らが、リビアとエジプトの独裁政権に対して監視ソフトを販売したとして起訴された。監視ソフトの販売が反体制派に対する拷問や失踪につながったという。

ハイテク監視技術は数十億ドル規模の一大産業となっているが、企業や個人が監視テクノロジーの販売で法的責任を問われることはめったにない。たとえ販売先が悪名高い独裁政権や危険な政治体制であってもだ。だが、パリ司法裁判所は、監視技術企業「アメシス(Amesys、現ネクサ・テクノロジー=Nexa Technology)」の幹部らを起訴。過去10年間のリビアとエジプトに対する監視ソフトの販売が、反対派の鎮圧や反体制派への拷問などの人権侵害につながったと判断した。

起訴されたのは、アメシスのフィリップ・ヴァニエ元社長と、ネクサ・テクノロジーの現・元役員3名。リビア政権にスパイ技術を販売したことに関連して「拷問行為の共犯」容疑で起訴された。フランス現地メディアの報道によると、ネクサのオリヴィエ・ボーボ会長とルノー・ロック社長、ステファーヌ・サリー前会長は、エジプトへの監視技術の販売に関しても、同様の容疑で起訴されたという。

起訴はパリ司法裁判所の「人道に対する罪および戦争犯罪」部門が決めたが、発端となったのは、アメシスがおよそ10年前、インターネット通信の盗聴システムを、リビアの独裁者だったムアンマル・カダフィに販売したことだった。スパイ行為の被害者6名は、事件にはアメシスのスパイ・ツールが直接関係し、独裁政権から逮捕されたり拷問されたりした経験をフランス国内で証言している。アメシスは2014年、軍事クーデターによって政権を取った直後のエジプトのアブデル・ファタハ・アル・シシ大統領に対して、監視ソフトを販売している。

国際人権連盟(Internatio …

こちらは会員限定の記事です。
メールアドレスの登録で続きを読めます。
有料会員にはメリットがいっぱい!
  1. 毎月120本以上更新されるオリジナル記事で、人工知能から遺伝子療法まで、先端テクノロジーの最新動向がわかる。
  2. オリジナル記事をテーマ別に再構成したPDFファイル「eムック」を毎月配信。
    重要テーマが押さえられる。
  3. 各分野のキーパーソンを招いたトークイベント、関連セミナーに優待価格でご招待。
こちらは有料会員限定の記事です。
有料会員になると制限なしにご利用いただけます。
有料会員にはメリットがいっぱい!
  1. 毎月120本以上更新されるオリジナル記事で、人工知能から遺伝子療法まで、先端テクノロジーの最新動向がわかる。
  2. オリジナル記事をテーマ別に再構成したPDFファイル「eムック」を毎月配信。
    重要テーマが押さえられる。
  3. 各分野のキーパーソンを招いたトークイベント、関連セミナーに優待価格でご招待。
日本発「世界を変える」35歳未満のイノベーター

MITテクノロジーレビューが主催するグローバル・アワード「Innovators Under 35 」の日本版が候補者を募集している。特定の分野や業界だけでなく、世界全体の重要な課題を解決するイノベーターを発信していく。

記事一覧を見る
MITテクノロジーレビュー[日本版] Vol.4/Summer 2021
MITテクノロジーレビュー[日本版] Vol.4/Summer 202110 Breakthrough Technologies

新型コロナウイルス・ワクチンの開発で脚光を浴びた「メッセンジャーRNA」技術から、人間並みの文章を自在に生成できる人工知能(AI)技術「GPT-3」、電気自動車(EV)普及の鍵を握る「次世代バッテリー」まで。MITテクノロジーレビューが選んだ「世界を変える10大テクノロジー」。

詳細を見る
フォローしてください重要なテクノロジーとイノベーションのニュースをSNSやメールで受け取る