KADOKAWA Technology Review
×
「Innovators Under 35 Japan」2024年度候補者募集中!
アマゾン、スペースXと
衛星ネットで真っ向勝負、
24年にサービス開始へ
United Launch Alliance
宇宙 無料会員限定
Amazon is about to go head to head with SpaceX in a battle for satellite internet dominance 

アマゾン、スペースXと
衛星ネットで真っ向勝負、
24年にサービス開始へ

アマゾンは、衛星インターネットサービスの覇権をめぐってスペースXに真っ向勝負を挑もうとしている 。スペースXのスターリンクに追いつくために、人工衛星を1日4基増やしていく計画だ。 by Jonathan O'Callaghan2023.03.27

イーロン・マスクとジェフ・ベゾスが再び角突き合わせようとしている。米国連邦通信委員会(FCC)は2月、宇宙から高速インターネットアクセスを提供しようとするアマゾンの試みである「プロジェクト・カイパー(Project Kuiper)」の最終局面を承認した。アマゾンは5月には、スペースX(SpaceX)のベンチャー事業である「スターリンク(Starlink)」に対抗してカイパー通信衛星の試験版を打ち上げ、潜在顧客数が数億人に上る新市場に参入しようとしている。

同様の思惑を抱く企業は他にもあり、数社はすでに取り組みを始めている。だが、主要プレイヤーとなるのはスターリンクとアマゾンだ。米企業、TMFアソシエイツ(TMF Associates)の人工衛星専門家であるティム・ファラーは、「まさに真っ向からの対決になるでしょう」と語る。

アマゾンのカイパー衛星の最初の2基を打ち上げるユナイテッド・ローンチ・アライアンス(United Launch Alliance)の新型「ヴァルカン・ケンタウルス(Vulcan Centaur)」ロケットは、フロリダ州ケープカナベラルですでに組み立てられている。5月4日にも予定される最初の打ち上げでは、「カイパーサット-1(KuiperSat-1)」と同-2という2種類のカイパー衛星プロトタイプを軌道に投入する。最終的に、アマゾンは2029年までに計3236基の完全なカイパー衛星の打ち上げを計画中だ。コンステレーション(人工衛星群)を構成する第1号は、 2024年初めに打ち上げられる可能性がある。

「アマゾンは衛星業界全体に破壊革新をもたらす存在になるという野心を抱いています。この分野に飛び込んできたのはなんら驚きではありません」(ファラー)。

この数年、複数の企業が商業的なベンチャー事業として、既存の手段ではインターネットにアクセスできないような僻地に住む人々に、人工衛星経由でのインターネットアクセスを提供しようと試みてきた。スペースXが築いた3500基以上の人工衛星で構成されるメガコンステレーション、スターリンクはその種のベンチャー事業として最大のものだ。

アマゾンは、スターリンクが打ち上げを開始した2019年に、プロジェクト・カイパーを発表した。マスクはツイートで、アマゾンの当時の最高経営責任者(CEO)ベゾスのことを「パクリ屋」と呼んだ。ほかにも、現在500基以上の人工衛星を擁する英国のワンウェブ(OneWeb)など発展途上の企業も存在する。だが、ファラーによると、スペースXとアマゾンの競争がカギとなる。

スペースXに対抗するためにアマゾンは昨年、世界のロケット打ち上げ能力の空きを実質的にすべて購入したと発表した(ただし、ライバルのスペースXは自社ロケットで人工衛星を打ち上げるためほとんど影響がなかった)。アマゾンは米国のユナイテッド・ローンチ・アライアンスとベゾスが所有するブルーオリジン(Blue Origin)、欧州のアリアンスペース(Arianespace)と数十億ドル規模の契約を交わており、プロジェクト・カイパーの人工衛星を軌道に投入するために、今後5年間に92回の打ち上げを予定している。

急テンポの一 …

こちらは会員限定の記事です。
メールアドレスの登録で続きを読めます。
有料会員にはメリットがいっぱい!
  1. 毎月120本以上更新されるオリジナル記事で、人工知能から遺伝子療法まで、先端テクノロジーの最新動向がわかる。
  2. オリジナル記事をテーマ別に再構成したPDFファイル「eムック」を毎月配信。
    重要テーマが押さえられる。
  3. 各分野のキーパーソンを招いたトークイベント、関連セミナーに優待価格でご招待。
人気の記事ランキング
  1. Lego bricks are making science more accessible 科学を身近にするレゴブロック、大学の実験装置にも応用
  2. Promotion Call for entries for Innovators Under 35 Japan 2024 「Innovators Under 35 Japan」2024年度候補者募集のお知らせ
  3. Why artists are becoming less scared of AI 見えてきた「生成AIの限界」がアーティストの不安を取り除く
  4. A way to let robots learn by listening will make them more useful 見落とされてきた「耳」、音を学んだロボットはもっと賢くなる
  5. How fish-safe hydropower technology could keep more renewables on the grid 水力発電の環境負荷を軽減、魚と共生する次世代タービン
日本発「世界を変える」U35イノベーター

MITテクノロジーレビューが20年以上にわたって開催しているグローバル・アワード「Innovators Under 35 」。2024年も候補者の募集を開始しました。 世界的な課題解決に取り組み、向こう数十年間の未来を形作る若きイノベーターの発掘を目的とするアワードの日本版の最新情報を随時発信中。

特集ページへ
MITTRが選んだ 世界を変える10大技術 2024年版

「ブレークスルー・テクノロジー10」は、人工知能、生物工学、気候変動、コンピューティングなどの分野における重要な技術的進歩を評価するMITテクノロジーレビューの年次企画だ。2024年に注目すべき10のテクノロジーを紹介しよう。

特集ページへ
フォローしてください重要なテクノロジーとイノベーションのニュースをSNSやメールで受け取る