KADOKAWA Technology Review
×
【3/14】MITTR主催「アクセシビリティとテクノロジー 」開催 申込受付中
未来の職種:猛暑から命を守る「最高熱波対策責任者」の仕事
Courtesy Photo
Job titles of the future: Chief heat officer

未来の職種:猛暑から命を守る「最高熱波対策責任者」の仕事

世界初の「最高熱波対策責任者(CHO:Chief Heat Officer)」に任命された米国フロリダ州の公務員は、酷暑から自力で身を守れない脆弱な人たちを支援している。 by Allison Arieff2023.08.31

マイアミでは、猛暑は命に関わる問題だ。気温の上昇はいまやハリケーンや洪水よりも多くの人々の命を奪い、海面上昇よりも大きな被害を地域経済に及ぼしている。だからこそ、フロリダ州マイアミ・デイド郡は2021年、世界初となる「最高熱波対策責任者(CHO:Chief Heat Officer)」としてジェーン・ギルバートを採用したのだ。

暑さはマイアミにおけるサイレントキラーだとギルバートCHOは話す。「天候関連の死因の第1位は、異常な暑さによるものです。この問題があまり認識されていないことを、改善する必要があります」。米国疾病予防管理センター(CDC)によると、米国では熱中症による救急外来が年間平均6万7512件あり、702人が亡くなっている。

総合的なアプローチ:ギルバートCHOはマイアミ・デイド郡のレジリエンス(回復)局に勤務している。同局には海面上昇、二酸化炭素削減、廃棄物低減に取り組む担当者がいる。「各担当者が一丸となって統合的な視点で取り組むようにしています」。彼女は、自分の役割に懐疑的な人がいるだろうと認めている。「もし、家や職場にエアコンを入れる余裕がある人なら、自力で暑さ対策ができます。私の力は必要ないでしょう」。

情報提供、準備、保護:ギルバートCHOは、猛暑から自分自身と家族を守ることが最も困難な人々に焦点を当ている。主に貧しい地域の住民や、黒人、ヒスパニック系の人々で、猛暑の影響をまともに受ける傾向にある。家庭や施設、地域を手頃な価格で涼しく保つためのに協力する彼女の活動は、屋外労働者を保護するプログラムの作成から、ヒートアイランド現象の影響を緩和するのに役立つ植樹まで、あらゆるものが含まれる。

キャリアパス:ギルバートCHOはニューヨーク市のバーナード大学で環境科学を専攻。ハーバード大学公共政策大学院では都市コミュニティ開発に重点を置いて取り組み、行政学の修士号を取得した。当時CHOという仕事は存在しなかったが、もしあったら「本当に興味を持っていたでしょう」と話す。問題のいくつかは変化したかもしれないとギルバートCHOは感じている。「ですが、私が研究していた80年代半ばには、気候変動はすでに科学として認められていたのです」。

人気の記事ランキング
  1. Watch this robot as it learns to stitch up wounds AIロボットが縫合技術を習得、6針縫うことに成功
  2. Promotion MITTR Emerging Technology Nite #27 MITTR主催「アクセシビリティとテクノロジー 」開催のご案内
  3. OpenAI teases an amazing new generative video model called Sora 動画でも生成革命、オープンAIが新モデル「Sora」を発表
  4. People are worried that AI will take everyone’s jobs. We’ve been here before. 生成AIは雇用を奪うのか? MIT学長が書いた 85年前の記事に学べること
allison.arieff [Allison Arieff]米国版
現在編集中です。
10 Breakthrough Technologies 2024

MITテクノロジーレビューは毎年、世界に真のインパクトを与える有望なテクノロジーを探している。本誌がいま最も重要だと考える進歩を紹介しよう。

記事一覧を見る
人気の記事ランキング
  1. Watch this robot as it learns to stitch up wounds AIロボットが縫合技術を習得、6針縫うことに成功
  2. Promotion MITTR Emerging Technology Nite #27 MITTR主催「アクセシビリティとテクノロジー 」開催のご案内
  3. OpenAI teases an amazing new generative video model called Sora 動画でも生成革命、オープンAIが新モデル「Sora」を発表
  4. People are worried that AI will take everyone’s jobs. We’ve been here before. 生成AIは雇用を奪うのか? MIT学長が書いた 85年前の記事に学べること
気候テック企業15 2023

MITテクノロジーレビューの「気候テック企業15」は、温室効果ガスの排出量を大幅に削減する、あるいは地球温暖化の脅威に対処できる可能性が高い有望な「気候テック企業」の年次リストである。

記事一覧を見る
フォローしてください重要なテクノロジーとイノベーションのニュースをSNSやメールで受け取る